麻絹の全カードばっさり その6

第七格納庫からの出力上昇止まりません!←挨拶
どうも。書いてる最中にまた2回も消えた麻絹です。
精神的にダメージが大きすぎて・・・ぼかぁー、ぼかぁーもう・・・

もう何書いたか覚えてないんですが・・・。

えーと、最低限のだけ。

先日のボロクソ言われた職業訓練ですがなぜか受かりました。
意味不明すぎて全く理解できない為、国家の陰謀を疑っております。
あぁ俺今大きな運命の渦に巻き込まれちゃってるぅみたいな。







テラフォーミング






キットセイイガツウジタンデスヨ スゴイデスネ
ともあれ、半年限定ながらまた学生でやんす。四日市の日々こんにちわ。
金曜の夜に召喚魔法で呼び出されそうな感じですがキニシナイ。

他もいっぱいあるけどとりあえず最低限のは終わったので消えるのやだしさっさと次へ。



んでは、前回の続きから。
今回はスキマ。きょぬーキャラ。きゃるーん。(*1)



結界「夢と現の呪」
基本性能にコード改造かけてるとしか思えない。(*2)
実際にエラッタをくらったものの、特殊能力に枷がはまっただけで全然気にしなくていい。
とりあえず、こいつに藍がついてくるとこいつだけで殴り殺される場合も多い。
スキマ追加セットの1種。(*3)

結界「動と静の均衡」
避けてよし、守ってよし、攻めてよしの優良スペルと見せかけて、
実際にはあまり活躍機会はない。
性能はいいのに夢現のスペックが良すぎた為にこの扱い。こいつは悪くない。
スキマ追加セットの1種。

罔両「ストレートとカーブの夢郷」
「ノーテキストは純粋に強く命中が5」の鉄則から外れた一品。
いくら通常弾でも命中4は避わされる可能性も大きく、
他のノーテキストよりも明らかに少し低く見える。
どっちにしても夢現が誘導弾つけれることを考えればやっぱりこれは無用の長物。
俺の独断でこれを使ってる人がいたらそいつフェイス君と認定。(*4)

式神「八雲藍」
特に特徴がないが、式神強化が素で使えるのが非常に強い。
それだけで十分強い。おまけにレベル1制限ってあーた。
というか、スペルとサポートの名前が全く同じなのは本当に勘弁していただきたい。
もしカードナンバーすらなかったら今回のような重複事件が起きたときなど
さらなる混乱が予想されたろう。
式神:八雲藍と式神「八雲藍」だから微妙に違うよなんて言われたら
レベル4の料理が殺人級に下手な冷え性で夜使えないスナイパーと化する可能性大。(*5)
スキマ追加セットの1種。

境符「四重結界」
守り専用の武装錬金。(*6)
防壁2という硬さが実現しました。これは驚きですねー、解説の土竜さん。
ええ。まさかこんな軽いスペルが防壁2だなんて時代は変わるもんですね。
土竜さん。今回はそれだけじゃないんですよ。
ええ?なんですかー?もったいつけないで教えてくださいよー。
実はこのスキマ。サポートに傘をさすと防壁がなんと3になるんです。
うわぁ。じゃあこれ組み合わせると防壁が3になるんですか。
そうです。今回は販売の際この傘をセットでお付けします!
わー。凄いですねー。でも・・・これだけするとやっぱりお高くなっちゃうんじゃないですか?
我が社にお任せ下さい!今回この四重結界に傘をお付けして、なんと基本呪力3点でご提供です!
呪力3ですか!いやはやこれは大変お買い得ですね。
なお、能力の使用、傘の設置コストについては別途負担になります。ご了承下さい。
電話番号は・・・

もういいですか。そーですか。(*7)

八雲紫の神隠し
相手の命中が下目なら防御に使っていってもいいけど、基本は攻め。
でもこれで攻めるくらいなら藍で攻めてりゃいいわけで。
防御にしても回避できない場合は四重結界か弾幕結界で抑え込むことになると思えば、
特にこれを取り出して使う機会はないような印象。
時代が悪かった(*8)というのか、いやはや・・・かける言葉が見当たらない。

結界「生と死の境界」
発狂モード(*9)にならないと使い道がないように思われているが、
実は通常弾で命中5は通常ではほぼ回避不可能なので地味に使っていける。
もちろん発狂すればほぼ確実命中の貫通5点というエンドカードになる。
実はこれスキマ大戦になった時に弾幕結界をぶち破る唯一の1枚だったりする。
まぁそこを漱石されたら・・・ご愁傷様としか。

紫奥義「弾幕結界」
スキマ最終兵器。しかしながら相手が貫通持ちなら発狂さんに藍でいい。
回避をするわけじゃなく防壁で抑えきるのだから毎回呪力7が必要だと思った方がいい。
そう考えるととてもじゃないが能力の呪力3は払っていられない。
最後の方で呪力があまりまくってきたらで構わないだろう。
ともかく貫通でなけりゃほぼ制圧可能な超兵器なので、こいつの為に呪力を稼ぎまくる展開になる。
それこそ逢魔が時(*10)を駆使して呪力を稼ぎまくるのがよかろうて。
傘をさしたりするとさらに呪力はかかるが防壁は4に上がる。
猛虎無限強心装甲(*11)、もしくは日本最強の戦艦大和ばりの防御力。(*12)

神隠し
「テキストの短さは効果の強烈さ」というルールに基づき、
強烈?というより汎用性が高い万能イベント。
サポートを張らないデッキは現在ほとんどなくほとんどのデッキに対して、
手札で腐ることはないのでなんでもかんでも使っていける。
さらにスキマの場合はサポートが充填にはれるので、
例えば、陰陽玉をはられていたスペルがあって、その元で計算していても、
充填でいきなり陰陽玉をはがされ、そこに藍がついて、殴りかかってきたりする。
そうすると、元々-1の勘定をしていたところにそれが消えた事で±0になり、
そこに藍の+1が加算される。つまりこの時点で2点の修正を余儀なくされる。
事はそれだけに留まらず、
藍が絡んだ以上式神強化まで視野に入れる羽目になり、差分は4点にまでのぼる。
これだけトリッキーに動かれては計算する方も大変だ。
そして1行しかテキストのないカードをよくこんだけ書いた。がんばったな俺。(*13)
スキマ追加セットの1種。

式神:八雲藍
狂ってるサポートの1つ。メイド隊と白兎が組み合わさっているのにコストが変わっていない。
なにはなくとも3枚積んでおいて損は無い。
やっぱり攻撃する時はくるくる回転しながら体当たりなんだろうか。凄い萌えるんですけど。
スキマ追加セットの1種。

式神強化
頭のおかしいイベント。手加減知らず、疾風怒濤などでわかる通り、
基本的に打点+2&+αはコスト4レベル制限2が定説。
にも関わらず、こいつは式神付属という枷がはまっているが、コスト3でレベル制限が1。
枷という点では妹も元々少ない体力を1点削れという枷をはめられているが、
こいつのはあまり枷になっていないのがヒドイと思う。
とかく、迎撃に使っても全く効果が変わらないのが邪悪すぎる。
油断してると誘導弾で当たる。対費がよすぎて涙が出る。スキマ追加セットの1種。

八雲卍傘
いいよもうX傘で。ミュータントみたいな響きがステキ。(*14)
硬くなる。ともあれリーダーであったら嬉しいなくてもうーん?みたいなやつなので、
とりあえずデッキに1枚仕込んでおくのが正解。
張るだけならコスト1の省エネで特に邪魔にもならない。
とにかくこいつが変なところは、攻撃時も使用できるという部分。
置いとくだけでも相手にプレッシャーを与えられるという点で優秀。

睡眠
実はスキマに取ってはプラスになるのかマイナスになるのかわかりにくいカードで、
使えば確実に発狂状態が解除されてしまうデメリットを持つ。
まぁそれでも弾幕結界を盾において相手が殴ってこなければ、これでライフゲインが正しい使い方。
個人的にはあまり好きなカードじゃないので割愛。マタアイマショウ。(*15)

ネクロファンタジア
よく聞きそうな名前。(*16)
張られた瞬間にパチェは何がなんでも潰さなくてはならないカード。
幸いにしてコストが5なのでラクトガールで封殺するのが吉なのだが、
スキマデッキにはほぼ確実と言っていいほど逢魔が入ってくるので
ラクトガールはこれで潰されてしまう事になる。
これがあるからラクトガールの枚数には非常に敏感にならざるを得ない。
こと、最近ではシーンの重要度が張替えの為に上がっており、
以前まで重くて使えるか!と散々言われていたカードですらじゃかすか使われている。
それもこれも全ては地上の密室と催眠廊下のせいであり、
永遠亭が革新をもたらしたと言っても過言ではない。
現最強シーンの催眠廊下は野放しにできない効果と手軽すぎるコストで場を蹂躙し続けていく。
はっきり言って自身はこいつもパワーナインに加えても良かったんじゃないかと思うほどだ。
しかしながらやはりシーンは張り替えでなんとかなるよって事で外されたのかな。
おっといつのまにか違うカードの説明をしておった。やるなMMR。巧みな心理誘導だ。
使いこなせればつわものの証。勇者でもいい。(*17)


今回はここまで。
んでは。(´ー`)ノシ


*1
意外に知らない人が多くて自分の歳を実感した。歳はとりたくないのうフガフガ。

*2
改造コードはECD782E014953E3Cと見た。

*3
スキマ追加セットは、夢現、静動、スペ藍、神隠し、サポ藍、式神強化の6種。
これが全部レベル1制限なのだからたまったもんじゃない。
きょぬーだからってなんでも許されると思ってたら大間違(スキマ

*4
スクランの今鳥・・・と見せかけて、これにも元ネタあり。
元は特攻野郎Aチームのフェイス君。顔と口先だけで核爆弾からブラジャーまでそろえられる。
というかアレ全部Aチームのパロなのだが若い人は誰も気づくまいて。罪な人だ。
そしてそれがわかってしまう自分は歳食ったという事実。*1でも書いたがわりとショックだ。

*5
超内輪ネタ。自動二輪の技能をこっそり持っていたのだが使う機会はなかった。
パーティ内でも相当に凄惨な過去と未来を背負ってるのに、
そんなバックボーンなんて知るかとばかりに暴れてた。願わくは彼女に祝福を。
実は職業を最初アーチャーと勘違いしていた為、形見が弓になってた。

*6
メタルジャケットの武装錬金シルバースキンを彷彿とするその硬さ。
余談だが、火渡戦士長の使うナパームの武装錬金ブレイズオブグローリーの温度は5100度だが
この5100度、筋肉少女帯のノゾミ・カナエ・タマエの曲からきていると思われる。
一度聞いてみては?さらにその元ネタだと仏教だか神話だかのやつがなんかあったような。

*7
やってる本人も相当キツかった。
前はこれを書いてる最中で消えたのだからそのショックは計り知れない。

*8
天皇賞に出馬し最高の走りを見せたにも関わらずディープインパクトに敗れたリンカーン。
その騎手であった横山氏がレース後にぽつりと語った伝説の言葉。
もはやどうにもならないという悲壮感がこちらにまで伝わってきたものだ。

*9
ライフが残り5点以下になって特殊能力で能力が馬鹿ほど上がった状態。
掛け声はキシャー。折原浩平が使った事で広まったとされるがホントか?

*10
某TCGにて逢魔が辻というカードが存在し、
英訳がHaunted Crossroadsと非常にカコイイので麻絹サソはこっちで呼んでる。

*11
犬塚は死ぬと思ってました。んであの戦いで連載終了すると思ってました。

*12
大海戦やってると日本軍でやってるとどうしても大和以外は耐久力低いんで、
大和を出すんだけど、出した途端に周りから集中ロックオンされて火達磨に。
それに比べてドイツやアメリカは通常戦艦からして少し固めでよかったなぁ。

*13
よくできました(キョン)

*14
そーれーがーおーれーのひびきー。

*15
元シーモネーターのSEAMOの名曲。

*16
ダークネクロフィア(*18)を思い出した。
完全に余談だが、当時遊戯王を始めた自身はアニメの影響から
サウザンドアイズサクリファイスに没頭。弱い弱いと言われながらも強引に使い続け、
闇魔城の脅威が出て、使用者が急増した時に「やった!」と心の底から喜んだものだ。
しかしながら1枚で場を制圧しきってしまうその驚異的な能力に、
1枚制限になり、ついには禁止カードとなってしまった。
融合モンスターでの禁止カードはこいつが最初であり、青眼究極龍ですらなっていない。
さすがに禁止カードになってしまったので次に使おうとしたのがニードルワームで、
作ったデッキがライブラリーアウト。当人のライブラリーアウト思考の始まりとなった。
ネクロファンタジアの記事でネクロファンタジアと関係ないことを
これだけ書いたライターは他にはおるまい。いやホントすんません編集長。

*17
両親の遺言で突然伝えられる衝撃の事実。遺言なので回避不可能なフラグ。

*18
実は原作での初登場の名前はダークネクロフィリアなのだが、
ネクロフィリアはnecrophiliaというラテン語で死体愛好家の異常性癖を意味しており、
急遽変更になったものとされている。
変更になった後は、ダークネクロフィアでDark Necrofearとなり、恐怖(fear)となった。
まぁ仕方なかった部分はあるが、個人的にはどちらもカコイイので気にならない。

続きを読む

スポンサーサイト

悠駄文(その3)

やっとこさ、交流会が開けます、Cです。

今回は追加のお知らせだけなんで悠子さんはお休みですが淋しいので、「うちのきもけーね」を出してみたいと思います 


うちのきもけーね

20070326130003



弾幕だしてみた

20070326151604


こら、そこ髪の色が違うとか言わない。

んで、ユニット名が「豪華絢爛七色弾幕」なのも駄文日記の影響かな

(この「きもけーね」はこの後、私がπタッチして駄文日記メンバー皆で美味しくいただきました(笑)


いや、こんな事して遊んでるから更新遅れたわけじゃないよ(笑)


お知らせ)
前回、更新しました「金閣寺の一枚天井」と「背水の陣」ですが

「背水の陣」だけ、やたらやっつけ仕事になってしまいましたのでもう一度考査したいと思いますので


つ「昔の事はなかった事に」


お知らせその2)

お待たせしました。
キリ番復活です。

皆様のおかげで、駄文日記一周年待たずにアクセス一万Hitになりそうです。 
いつも、有り難うございます。
これからも宜しくお願いします。


と言うけでキリ番復活です。今回は一万Hitになります、一万Hitを踏まれた方はコメント欄に以下の事を書いて教えてください。 

1 コメント(言いたいこと自由にどうぞ)


2  好きなキャラ(絶対必須コレがないと作れません。今回は東方キャラじゃなくてもOK)


3 今後の駄文日記に求めたいこと(リクエストでも可語ってほしいことでも可)



お知らせ3)
誰か、名古屋でいい会場知りません? 

短歌もナディアもそうそう取れないので、いい場所知ってる方や近くにこんな場所あれから、調べてみれば?と言う情報ありましたら、お知らせください。


また、「しかたねーな、代理で場所取ってやるよ」って言ってくれるような、ナイスな方もお待ちしております(会場費は必ずこちらが全額持ちますので)


以上お知らせですた。




おまけ)
次回予告


20070326152603

このカードを使ってみよう、第20回

B「さて、大分遅くなりましたが久方ぶりのこのコーナーです」
A「久方ぶりの復活だったりします。どうもAです」
B「いやお前ヘルツですと名乗れよ(笑」
A「まあなんかこの辺でウダウダ喋っていても仕方ないので、というかもうすでにリクを忘れかけているのでこの辺で、はいこれ」

カード名:新難題「金閣寺の一枚天井」(種別:スペルカード)
呪力5。使用条件輝夜3。
攻撃4、迎撃2、命中5。タイプ:通常。

[戦闘フェイズ]常時
自分のリーダーの体力が5点以下の場合、このスペルは「防壁(3)」、「迎撃+1」、「命中+3」を得る。


A「はい、文花帖最難関でした」
B「これは大分写真とりまくったなー。1000ぐらいはいったか」
A「俺3000ぐらい行った気がするよ」
B「つーかそんだけよくやったな……」
A「まあさておき。前回と違ってとても実物と沿ったカードだと思われるわけですが、輝夜の体力が5点以下って言うのは何気に難しいですよねー」
B「んーまあその辺りは不老不死とか防壁とかでライフマネージメントをしてください、とか何とか」
A「ま簡単に言っちゃうとファイナル・マスター、ていうか貫通に弱いですが、それ以外だと立てるだけで物凄いプレッシャーを与えることができます」
B「まあ輝夜のメインではあります、というか終盤の決戦戦力です」
A「とはいえ輝夜には他のスペカで攻撃に優秀なものがあるので、やっぱり終盤のみになってしまうというのが哀しいところでしょうか」
B「まあ、中盤ぐらいならエイジャで殴るだろうし。永夜返しもあるしね」
A「まあとりあえず巫女単機相手にはこれがないと100%勝てませんが、そうじゃなくても貫通が無い相手には凄いプレッシャーをかけることにはなるでしょう。まあ防壁3だし。呪力5だし」
B「ライフが5以下の時のみではありますが、通常命中8というのは大きいですな。まさに終盤の壁。貫通はどうにもなりませんけど」
A「まあそのへんは相性なんでしょうがないっす。で、輝夜のライフや戦い方から鑑みるに、とてもらしいカードだとは思います」
B「ライフが多い分、全般的にスペルカードの性能は低めだから、ということもありますが。打点が全体的に伸びないので、限定条件ではありますが防壁3での迎撃3はでかいですね」
A「で、まあ本題なんですけども。永夜返しと言うものがあってですね? 終盤の呪力だとこれが2個立てられたりするんですよねぇ」
B「防壁だけだと差があるよ! ……まぁどっちかといえばそりゃあ永夜返しなんだけど」
A「でもね、一応満月光線とかを握っているとね、それ込みで考えた場合呪力1多いけど向こうの目論見は破綻させやすいんだよね、こっちの方が」
B「正直ちょっときついと思うけどな……その14ないし15の呪力がこっちにあるってことは、向こうにもそれだけあるとは思うんだけども」
A「けどそれしかないんだよな輝夜ー。まあ通常8防壁3はほんと優秀なんだけどね」
B「使いどころが難しいカードではあるよね。これ使うって事はそれはもう後が無いって事だから」
A「逆にこれ使えれば凄いテクニックだなぁと言う感じですかね。正反対の性格の、生と死の境界よりも使いづらいしね」
B「でも生と死の境界は殆ど使われないからな……最後の貫通が欲しい時ぐらいにしか」
A「というわけで、結論。防壁1多い金閣寺を立てておいた方がいいかな、って感じです」
B「この壁で耐えるんだ!」
A「あと不老不死とかな」


 まずはメリットから。
 なにはともあれ通常弾。呪力5、通常で命中5というのはかなり安定しています。加えて発狂すれば(ライフ5以下)命中8になり、まずかわせる相手はいないでしょう。そして、防壁3がつくというのもかなりの破格。呪力を払わずに防壁が3つけられるのはこれ以外では弾幕結界ぐらいなので相手に対してプレッシャーをかけることができるでしょう。あと地味に迎撃が1点上がると言うのも嫌がらせになります。限定条件下ではありますが呪力5でこの能力と言うのはかなり使える部類でしょう。
 次にデメリット。
 防壁が限定条件下でしかつかないため、ライフマネージメントをかなり要求されます。特に残り6点で一気に押し込まれたりすると目も当てられません。そのため、不老不死や他の防壁カードなどでの調整が必須となります。あえて言うならば蓬莱の薬デッキには入らないということぐらいですかね。


B「ま、こんな感じですかね」
A「あ、Cがいないのはえーっと、まあキモけーねをプロデュースしていたからです」
C「違う、豪華絢爛七色弾幕だ! 一人しかいないのに七色弾幕だ!」
A「というわけでリクエストが貯まっているので次いってみよう」


カード名:背水の陣(種別:イベントカード)
呪力5。使用条件美鈴3。
タイミング:戦闘

このイベントは、自分のリーダーの体力が5点以下の時にのみ使用できる。
フェイズ終了時まで、自分の戦闘中のスペルは「高速移動(X)」「低速移動(X)」「迎撃+X」を得る。
(Xは、自分の美鈴のレベルに等しい)


A「というわけで実質低速移動3、高速移動3がつくわけですな」
B「まあそもそも条件がレベル3だしね。しかし……なんというか、このカードは使いどころが非常に難しいですねえ」
A「呪力が5っていうのが救いだね。まだ重ねて使える」
B「いや、そういう問題ではないような……回避それ自体が上がるわけじゃないからなあ」
C「ただいま」
AB「おかえりー」
A「まあ誘導弾もちでエンドカードとして使ってくるようなのは紫ぐらいしかいないから。とはいえ某二刀流がいるけど」
B「いや、ていうか通常だったら関係ないし。故にメイドと人形遣いとかにも関係ないというか。あと天才とか兎も……結構多いな。まあ別に高速低速はオマケみたいなものだとは思うけど」
A「けど残念ながら最後の砦みたいな使い方が出来ないのがこの背水の陣の哀しいところなんだよね」
B「まあ攻撃が上がったら嘘だよな、とは思うんだけど。問題は迎撃だということであって……プラス3は凄いんだが、そもそもそれ以前の攻撃で倒されてしまうと意味が……なにせ5点以下の時にしか使えないからなあ」
A「やっぱりリーダー能力含め、防壁と絡めて使っていくのがよいと思います。てなると極彩颱風ですかね、やっぱり」
B「まあ命中のことを考えるとそうなるかなあ。相手が回避をしないようなキャラなら迎撃向けのカード全般でいいとは思うけど」
A「これ単体では守れない、要するに守りのカードじゃないってところがポイントです。ビックリアターックな感じで攻撃しましょう。でも本音言うとライフ5以下、ていう限定条件下では一番遣いにくいんじゃないのか、と言うのが個人的な意見です」
C「俺はそうは思わんけどな。使用頻度としてはこのカードが一番高いと思うよ。恐らく中国で組む以上絶対入ってくるぜ」
A「俺は最後の砦に一票」
B「んー、まあ二択なら俺も砦かなあ。正直、俺はそこまでマネージメントできる自信が無い」
A「というわけで、まとめにもう行きます。夜遅いし」


 まずメリットから。
 効果が安定していること。確実に3か4は付加できる。恐らく中国で組む場合、大抵単機もしくは3:1になると思われるので、迷うことなくこのカードが投入できる。この二つが大きなメリット。
 あと、呪力的に妥当。
 また、迎撃時のみにしか使われないことで、相手に読まれにくい。サプライズアタックになる=相手の計算を崩すことが出来る。
 次にデメリット。
 美鈴3であること。打点が迎撃のみしか上がらないこと。発狂能力であること。対戦相手が紅魔館だった場合迎撃以外の能力があまり役に立たなくなること。命中が上がらないこと。
 まとめ。とりあえず中国には入ってくるカード。それは中国と言うキャラがあまり他のキャラと組むことを得意としていないため入ってくるだろうと思われるカード。どうやら猫とヘルツの話を聞いているとこのカードが遣いにくいという意見があるので真っ二つに割れましたが、わたしとしてはこのカードは強いと思います。
 また、このカードと特に相性が良いカードは、虹色太極拳、もしくは極彩颱風となります。そして何よりも一番大事なのは中国4で崩山彩極砲との組み合わせにより夢が見れます。
 最後にこのカードが俺にはつかえねーよといってるやつに一言アドバイス。その時にそのカードが使えるか見極めるのもテクニック。


A「はい、というわけで今回は二本立て。春休みだからスペシャルかな? かな?」
B「そーなのかー」
C「はいというわけで言います。今週はここで終了ー」



京都大会デッキリスト。

先日のNARUさんのところの大会ですが、なんか結構な人数こちらから一手みたいなので、うちのところの麻絹さんと老-Cさん悠Pとのデッキでも晒してみようかと。

麻絹さんのデッキ
リーダー:魔理沙3・パチェ2
デッキ名:ミジンコの奇跡

スペルカード 22枚
スターダストレヴァリエ*3
プリンセスウンディネ*3
アースライトレイ*3
ノンディクショナルレーザー*3
ジンジャガスト*2
シュート・ザ・ムーン*2
ドラゴンメテオ*3
ファイナルスパーク*3

サポート 3枚
ミニ八卦炉*3

イベント 14枚
魔力結晶*3
チームプレイ*2
魔法書*2
疾風怒濤*1
ダブルレーザー*3
高速詠唱*3


老-Cのデッキ
リーダー:永琳3・輝夜2

スペル 22枚
神代の記憶*3
龍の顎の玉*3
ライフゲーム*3
胡蝶夢丸ナイトメア*3
オモイカネディバイス*3
蓬莱の玉の枝*2
天文密葬法*3
蓬莱の薬*2

サポート 12枚
回復薬*3
危険な薬*2
超天才*2
蓬莱の薬*3
地上の密室*2

イベント 6枚
精製*2
不老不死*2
穢き世の美しき檻*2



悠Pのデッキ
リーダー:妖夢3・鈴仙2
デッキ名:うどんげは要らん子

スペル 21枚
現世斬*3
無為無策の冥罰*2
一念無量劫*2
妖童餓鬼の断食*3
修羅の血*2
迷津慈航斬*2
二百由旬の一閃*3
マインドシェイカー*2
天上剣「天人の五衰」*2

サポート 14枚
ルナティックレッドアイズ*3
半幽霊*3
白楼剣*2
楼観剣*2
死の教え*2
Lunatic*2

イベント 5枚
チームプレイ*3
幽明求聞持聡明の法*2


と、まあこんな感じらしいです。
しかしレベル5戦は楽しそうだったなあ……くそう、お金さえあればー。

京都大会レポ2)決定案

C「書くと言いながらすでに一週間。Cです。」

悠子「そんな柔軟適応力、うまく生かして綱渡りな悠子です。」

C「さて、今回はレポを二人でお送りします」

悠子「実質は一人ですが。」

C「しかたない、今回の京都遠征、駄文日記メンバー俺だけだったから、最近のレポは常に最低二人で書いてたから一人は書きにくくてな。(注1)」

悠子「読んでる方達は読みにくいかも知れませんが、今暫くこの小話にお付き合いすればいいじゃない!」
C「まぁ、某所(注2)での某人のアシスタント、リニアとシトリー(注3)みたいなものだお前は」

悠子「だからって、リスカして落ち着く様な事はしませんよ。」

C「某人すら、忘れかけてた設定だすな、怒られるだろう。」

悠子「そんな、内輪ネタはいいですから、さっさとレポをどうぞ。」


さて、今回3/11(日)にNARUさんの開催されてる、幻想ノ宴京都大会に遊びに行ってきました。

C「NARUさんはよくウチの交流会に遊びに来てくれてるから、今回はこっちから遊びに行ってきました。」
悠子「今回は他の駄文日記メンバーは行かなかったんですね?」

C「いんや一応、駄文メンバーと言う意味では、麻絹師匠と老-Cと行ってきたがどっちかと言うとアリデトメンバー(注4)だったから。猫とヘルツは金がねぇと言ってたから無理だったねぇ(笑)まっ、簡単に結果から、間違ってたらごめんなさい」

参加者24名
一位、椋木さん(L魔理沙3霊夢2)
二位、ミディアム牛沢さん(L輝夜1、紫1、咲夜1、みょん1幽々子1)

一位の方を間違えてました本当にすみませんでした。修正させてもらいましたのでコレが正しい結果です

アリデトメンバー結果)
4位、ボーズマン(老-C)4勝1敗
11位、バラクーダ(Cこと悠)3勝2敗

不明、ミジンコ(麻絹師匠)2勝3敗

悠子「本当に簡単ですね、やる気あるんですか?」

C「無い、って言うのは冗談だが、まぁ一週間もたってるし。忙しかったんだよぅ。でも、いらん事は覚えてる二次会のアレとか。」
悠子「本当に遊びに行くだけですね」

こっからレポっぽいもの)

当日、最近よくお世話になる近鉄特急に津駅から乗り込み(駅で景品用に、松阪牛チップスを買っていったのは私)

途中、私が老さんに向かって、「そうだ奈良に行こう」と言って却下され(注5)、その後、麻絹師匠が「青山高原に行こう」とか言いだし。
老さんから「師弟揃って似たようなこと言ってんじゃない」と言われたり。


C「ただこの時まだ二人とも出るデッキ決めてないとか、まだ組んでないとか言ってたがな(笑)」

悠子「行き当たりばったりばっかですねww」


そんなこんなで京都の会場に到着したら、いるわいるわ、知ってる顔が 

具体的には、
出禁さん(注6)
案山子さん
ルミナスさん
あとからアナグマさん

そして、NARUさん
MIEさん
の主催者側の方々 


悠子「それで、前日まで出るデッキ悩んでましたが結局ナニにしたの?」

C「最初、みょん2のうどんげ2のメイド1のつもりだったけど、朝家出る前にみょん3のうどんげ2のデッキに作り替えた。」

悠子「行き当たりばったりな。まぁ、今回は特別ルールのリーダーレベル5大会でしたからね。妥当と言えば妥当な選択ですね。」

C「ぶっちゃけ、うどんげ入ってる意味が、ルナテックレッドアイズと二枚のスペカのみになったがな。(笑)」

悠子「それは、うどんげ抜いて、別のリーダー入れたほうがよかったんじゃ?」
C「俺もそう思うけど、パーフェクトみょんに、ルナテックレッドアイズつけたら、どうなるかなぁと思ってた。」

悠子「そういえば、また荒らしてきたそうで。」

C「荒らしてない」

悠子「こんな格好で出てたくせに」
20070326123603

C「いや、変装(笑)バラクーダ」

悠子「しっかり、ばれてて「中国オンリーまだですか?」とか言われてましたよね」

C「まわりには好評だったぞ、「貞子みたいで怖い」」「何処見てるかわかんない」とか(笑)」

悠子「いや、それは違うんじゃ・・って方向が間違ってきましたから、まともに行きましょう」

こっから悠の試合レポ)

一回戦目 朱さん 
負け
レミリアさまの幼きデーモンロードにボコられる

途中、パーフェクトみょんが完成したがレミリアさま相手には遅すぎた。


二回戦目 大樹さん
勝ち 
あんまり、覚えてませんご免なさいでも勝ちました。

三回戦目 サムトーさん
勝ち
確か咲夜3となにか(またごめんなさい)

相手の攻撃を、悉くルナテックレッドアイズで軽減させ、現世斬で殴り斬った。 
相手は咲夜の世界を持ってたみたいでしたが、みょんには効かない(笑)(注7)

四回戦目 みょんさん
負け
確か約束を使うデッキ
プレイングとか言う前に無理だった
スペルが4枚で止まる、手札にはサポートばかり、三ターン連続半幽霊を引くなどの大事故(笑) 
どちらか一つならまだ頑張れたが、相手の体力、六ぐらいまで減らすも、約束使われて止め。
その時点の手札 ルナテック二枚、半幽霊三枚、楼観剣一枚(既に張られてた) 
せめて一枚でもチームプレーを 

C「とこの時隣で、大会にでるのが初めての人がいたんだけど、L紫2霊夢3の段幕バカデッキがいたんだけど、対戦相手が老さん、(えーりん3.輝夜2)だったからいじめでした。」

悠子「老さんは最低の《ピー》野郎ですね。」

C「何度試合中、隣の老さんに現世斬で攻撃したかったことか」

五回戦目 案山子さん 
勝ち 
永遠を斬るデッキ
前回の試合と違い今度は、デッキが回る回る、欲しいときにチームプレーを引くなど 
さらには案山子さんがプレイングミス(体力計算)をし、最後に楼観剣+ルナテックレッドアイズの迷津慈航斬(攻撃7の貫通、防壁2)で仕留める。

と隣が牛沢さんだったが
対戦相手の方と「ゴルゴムのしわざか!」(注8)とか言い合ってたので、私も混ざり三人で特撮話してました。(案山子さんすみません。)

以上の3勝2敗でした。

悠子「なんとか、勝ち越したって感じですね。」

C「まぁ、もう少しなんとかなったかなとは思う、デッキの組み方とか。でも、楽しかったから久々に宴の大会に出たから。」

悠子「普段は主催者ですもんね、最近は私にまかせきりですが、進行役。」

C「それはそれで(笑)とにかくNARUさん、MIEさんお疲れさまでした。またまたお世話になりました、また遊びに行きますのでよろしくお願いします。と言うかゆっくり遊んでいきたいので泊めてください(笑)」

悠子「いきなり、失礼なことを言わない!」

C「では、今回はこんな感じで、初めての試みいかがでしたでしょう。読みにくかったらゴメス」

悠子「でも、書きやすかったのよね?」

C「うん、だからいつも通り以下雑談(二次会辺)も書く。ついでに今回使ったデッキレシピもどーぞ。」
悠子「それでは皆様」

C&悠子「ちゅっぴバイバ~イ」(注9)

注1 ボケとかつっこみ 
注2 高連動物語 
注3 ノリノリオールナイト(笑) 
注4 こうれんどうぶつご 
注5 この時師匠は寝てた
注6 この大会二位の中国スキー 
注7 みょんには、攻撃、迎撃に低呪力で使えるカードがある(多い)ため複数起動できるから。 
注8 仮面ライダーブラックの敵組織 ボスは創世王、何万年か毎に体を取り替えねば死ぬため、代わりの体のためにブラック(ブラックサン)とシャドームーンを作るが、ブラックは逃げ出し。ゴルゴムと戦うことになる。
意味としては、デッキが事故った時などに事故とは言わずにゴルゴムの仕業にするらしい
他にもカードやってて、不利益になる事はすべてゴルゴムの仕業(笑)

注9 今はなきラジオ番組、「ねおちゅぴラジオ」における番組の終わりの挨拶



以下雑談(二次会辺)

続きを読む

麻絹の全カードばっさり その5

勝たなきゃ進めねぇ・・・先へよぉ!!
どうも。学校っぽいとこの面談受けてきた麻絹です。
でも落ちたなきっと。お前こんなとこ来てないでさっさと就職しろとか言われたしw
(´ー`) いいじゃないすか もっかい学生したいんすよ←最悪


先日、京都まで行って恥じさらしてきました。
やっぱアレか。もうちょいなつくまで・・・
いや違う。負け越したのは名前をミジにしたせいだ。
そうだ。絶対にそうだ。ミジヌッコロ


んでは、前回の続きから。
今回はみょん吉。霊切れても人間切れない中途半端なお人。


幽鬼剣「妖童餓鬼の断食」
1コストなんでとりあえず入れる。
つっぱしると延々とこやつが殴り続けて押し切ってしまう。
重いスペル無視して、ソード(*1)持ち出すとその破壊力は上級スペルにも平均で追いつき、
そして、かかるコストは最低1と実にヒドい。
地味に命中が4に上がり、通常弾なのが大暴れの原因か。
これがあったから俺は別にVer1の頃も弱いなんて一時も思わなかったんだが・・・。
まぁアレだな。みょん吉という立場の微妙さがみんなに錯覚させたに違いない。
よし、お前はこれからバニラと呼んでやる。(*2)

獄界剣「二百由旬の一閃」
すっごい守れる。
なんかおいとかれると、平気で1:2交換になったりで攻める気なくなる。
元々硬いみょん吉がこいつで守って1:2交換を続けていると、
いつのまにか取り返しのつかないライフ差になっている事も多い。侮るなかれ。
地味にR能力も使われると迎撃が3点になってしまい攻めるメリットほとんどなし。

人符「現世斬」
赤い眼になった途端に発狂モードついでに確変おめでとう。
貫通持ち4点が2マナでぶいぶい言ってくる時点で普通に死ねる。
そうか。赤い眼ってことはこいつ幻獣だったのか。
よし、お前バニラ卒業。これからヒトウバンな。(*3)

畜趣剣「無為無策の冥罰」
みょん吉のメインアタッカー。
相手に防壁がなけりゃこいつが延々と殴り続ける。
1マナ増やしただけで攻撃も迎撃も上がって、
防壁ついて誘導弾ついてというスペルになるにも関わらずまぁ殴るのはこれ。
みょん吉がいかに1マナ1マナを切り詰めて生活して(戦って)いるかがよくわかる。
よし。お前ヒトウバン卒業。これからおしんな。(*4)

六道剣「一念無量劫」
防御したいように見せかけて攻撃用スペル。
でも防御もなんかしたいように見える。
どっち?どっちだ?こんな判断はMr.うるち(*5)に任せるしかあるまい。
大悟のコストが下がったので本当にいらない子になりつつある。
そして余談ながら、俺このスペルで死んだ事が一度も無い。ルナでも。
現世斬でも初見では死んだのに、これはなんか見切りやすかったのを思い出す。

人世剣「大悟顕晦」
改定によって色々変化。強くなったの?弱くなったの?
意見が分かれるところだろうが、個人的には強くなったんじゃないかな。
能力を使わなければ、単純なスペックとして通常弾になった分避けられなくなっているし、
攻めても防壁が入るようになっている分バランスはよい。
呪力3がちと重たい気もするが、攻めにも守りにも使える事を考えればとくに悪くは無い。
ソードがそろうまでの繋ぎには使い勝手は悪くないんじゃないかと。
おぉ、なんか書いてたら強いような気がしてきた。すげぇ。⑨みてぇ。
よし。お前おしん卒業。これからスルメな。(*6)

天上剣「天人の五衰」
上で強いと書いたスペルの強い版。
通常でタンピンのところをソードが入るとリーチに裏ドラが乗って満貫に。
防壁が常時2で張られ、迎撃は5。R能力で6。ひゃっほい。
殴ってもそこそこの威力を出せるので悪くない。
ちょっといいと悪くないは好きと同じ事だと言われた事がある。(*7)
よし。お前スルメ卒業。これからどんぶりな。

断迷剣「迷津慈航斬」
みょん吉メインスペル。発狂すると鬼神の如き強さに変貌を遂げる奇跡の鈴。(*8)
通常では打点5なだけだが、パーフェクト状態になると、
貫通9点の打点を叩き出し、さらに防壁2。
例えるなら、リーチ一発ホンイツサンアンコートイトイ中ドラ3の破壊力。
ただし、こんなパーフェクト状態になるまで放置される事はまずなく、
大体パーフェクト超人になる前に、大悟やら冥罰で殴りきっているケース多数。
やはり重いのはみょん吉にとって辛かったということか。
みょん吉4で組みたい感じだけど、時間がかかることを考えれば4にはしてられないのが難点。
あまりの中途半端さにかける言葉が見当たらない。
その不幸さを称えて、お前はどんぶりを卒業。今日からさっちん(*9)。

精神統一
コスト対比が悪いのであまり使う機会はないのかもしれない。
こと、チームプレイ、御庭番(*10)、最後の砦のコスト対比が非常に素晴らしいのであまり映えない。
しかしながら、使えばそれなりに強くなかなかの働きを見せる。
時間がかかるみょん吉には悪くない。防壁2は最後の砦と同じ数値。
しかしながら、途中で3マナを防御に使ってる余裕はOSINにはなく、やっぱりいらない子。
ドラフトでは強い。

一閃
ドラフトにおいては結構上位カード。コスト対比は悪いがドラフトでそんなこといってられない。
みょん吉たくさん入れた方がそれは強いのだろうが、
それでなくても打点+1点あればドラフトじゃ十分強いんで。
当然、みょん吉がソードを持ち出すとポンポン能力がついてくるが、
実際には5域スペルにはそれ単体で能力がつくので、実際には大悟やら冥罰で使う事になる。
また、天人では貫通がつかないので、油断をしているとこいつで貫通をつけられるケースもある。
でもまぁ、基本は打点+1で考えておいて大丈夫。きゃるーん。

信念
ゴミ

白楼剣
迎撃が上がる。元々、防壁能力の高いスペルにこれが重なるとちと厄介。
というか、相当にウザくなる。とくに二百由旬あたりはちょっとやってられない。
が、攻めるカードじゃないので相手に左右される。
もちろんパーフェクトみょんには必要。
人の迷いを断ち切ってくれるステキな短刀。迷いまくる俺にもくれ。

楼観剣
エンハンスみょんのキーカード。
3マナでオール攻撃+1なのだから特に悪くない。
とかく軽いスペルでバコバコ殴ってくるようになるのが非常に心臓によろしくない。
霊をスパスパ切れるステキな長刀。心霊写真好きだがオカルト苦手な俺にもくれ。
長刀と短刀の組み合わせは逆逆手微心流を思い出す。

師の教え
設置2マナ、起動2マナ。その軽さに驚きの白さ・・・じゃなくて数値。
殴ってよし守ってよしのドッグファイト専用サポートだ。(*11)
でも大体張る前に勝負が終わる。
そして張って暴食される。よしピエロだ。(*12)


今回はここまで。
んでは。(´ー`)ノシ


追記・挨拶のネタ部分が1周して2周目入るから考えとけよー。
追記2・ちなみに今までの全部分かった人マジで神。てか廃人?
追記3・これを書いてる間のBGMがおとぼくでエンドレスだった。末期。

*1
妖魔八鬼のお方。ミスト族の御大。
カウンター不可、ブロック不可、スペルや能力の対象にならず、
それがミスト族全てに有効というハァ?な人。
当然の如く早々に1枚制限を受け、ミスト族まで2枚制限となりました。乙。

*2
2種類の意味で書いた。
1つ目は、某TCGにおいて何の能力も持たないクリーチャーの事を指す。
何のトッピングもない事からバニラアイスのバニラから来ている。
2つ目は、ウルトラマンの怪獣の1つ、赤色火炎怪獣バニラ。
ウルトラマン19話「悪魔はふたたび」にて、同じく復活した青色発泡怪獣アボラスとケンカして、
溶解液で溶かされる悲惨な結末を迎える。
スペシウム光線を3発まで耐えたアボラスとはえらい差だ。

*2
ガンパレードシリーズでおなじみの外骨格属浮殻科の小型偵察幻獣。
全世界で20万以上の数が出現し、大半が九州に出現したとされる。
切り取った人の頭を前面に貼り付けて飛び悪趣味極まりない。
貼り付けられた頭は生きていて「殺して殺して」と叫びながら、
群れを成して低空を高速で飛行し、人をその歯で食いちぎる。
説明していると、トラウマになりそうなくらいの奴らだが、
大体1撃で死ぬというかミサイルの余波で死ぬというかそういう役回り。
ちなみに元ネタとしては飛頭蛮という中国の妖怪。やってる事はわりと同じ。

*3
伝説のドラマ。その人気は海外にまで及び、ヨーロッパでも視聴率20%を叩き出す。
あの健気さはいけません。ツンデレ属性の俺がよろよろくる。
もはや畏敬をこめてOSINと呼ぶしかあるまい。
NINJYA、HENTAI、OTAKUに次ぐ日本の文化として認めよう。

*4
全国メダロット協会公認レフェリー。
掛け声は「同意と見てよろしいですね?ロボトルーファイっ!!」
公平なジャッジのためにいつでもどこでも現れる。
リアルでも飛び交う言葉はうるちさんの人気の賜物か。
いや違う。俺の見解ではこいつOVERSなんだよ。寄生してんだ。きっと。

*5
噛めば噛むほど味が出る。
よく駅の売店で売っているのだが、アレを水なしで食べてる人を見かけるとショックを受ける。

*6
ちょっとどんぶりのCMにて。あの控えめな量が俺の胃袋をつかんで離さない。
まるでデスグリップ。X=5で撃たれた気分。(*11)

*7
真琴が持っていた鈴の名称。
人外の手に渡っていた為、今では神具に近い神聖性を持っているとされる。
鳴らすと、その鈴に一番多く関わった人にその音色が聞こえるらしい。

*8
Queen of Unluckyの称号を持つ死徒、弓塚さつきの愛称。
本当に普通の生活をおくっていただけにも関わらず死徒にされてしまい、
好きだった人に滅ぼされたものの、タタリの影響から再生。固有結界枯渇庭園を有する。
シオンと路地裏同盟を組み、ホームレス生活をおくる。ふたりはロジウラ。
生き返った事で再度死徒二十七祖候補者に名を連ねる事になる。
アニメ版では危うくネロにSATSUGAIされそうなところを病気で難を逃れているが、
専用シナリオを消されたりと散々なめにあっている。彼女の人生に幸あれ。

*9
御庭番式小太刀二刀流回転剣舞六連。

*10
突っ込んでよし、立ち上がってよしのドッグファイト専用マシンだ。
ってEVO3のことを公道最速理論の人が言ってた。
もうひとつ言えば、
激震でF-15Eと近接格闘(ドッグファイト)は無茶だ!2機連携を崩すな!
って米国陸軍第66戦術機甲大隊と戦闘したクーデター軍が言ってた。
細かすぎるネタですんません。
今回わかりやすいネタが多かったのでマニアに対する俺なりの配慮(意味不明

*11
某TCGのスペルの1枚。死のわしづかみの英訳。
X支払った分のライフを相手からもぎとり、自身のライフ回復する。
ライフ吸収呪文にしては珍しく色マナ指定が無いので使いやすい。
黒マナのみの指定をする生命吸収の立場がない。

*12
月曜日は会社でピエロー 火曜日は出張ピエロー♪

続きを読む

悠駄文(お詫びと説明

20070310132003

↑(散々、mixiやブログで晒されてたからもういいや笑) 


悠子「基本的には一本気だけど、時と場合で移り気な、悠子です。」


悠子「皆様お久し振りです、最近めっきり更新がありませんのが、それと言って特にネタが無いので、今回体を張ったネタになりました。
さてお知らせですが以下の通りになります。」


今月、名古屋で予定していました交流会(中国オンリー)は中止にさせていただきます(場所が無い・・・とかありまして)

楽しみにされていた方、すみませんが、今月の駄文日記の交流会は一切無しとさせてもらいます。

やると言っていながら、本当に申し訳ありませんでした。

今現在四月以降の交流会準備を進めていますので、こちらにご期待ください。

      Cこと悠P


悠子「こんな事を言っていながら明日、悠Pなら某所で宴をやってるでしょうから見かけたら、中国オンリーまだー?とか言うと、逃げてアイマスやりに行くでしょう。(笑)」



悠子「しかし、写真って撮り方次第でここまで変わるのねww」

麻絹の全カードばっさり その4

ハートはいつも全開無敵
どうも。花粉全開の麻絹です。
例のプログラムのやつちょっと待っててね。月曜には終わる。←私用

結局風邪だったわけですが、
花粉症も併発しておりまして、

いやまぁなんというか











春 死ね
な麻絹大先生閣下様。
お前なら分かってくれるよな。ヘルっつぁんw

でもそれと平行して、春な為か凄く眠い。
1時間でも隙があれば寝たくなる。春眠暁を覚えずとはこういうことか。
ハンモック出して高原で寝たい。でも花粉。チキショー

んでは、前回の続きから。
えーと今回はメイド?ハァハァ

奇術「ミスディレクション」
誤った指図と同じ名前のスペルカード。かっけー。
でも使用に関してはわりとどうよな一品。
まぁメイドでは一番軽いスペルなので入れる事にはなるんだが、
同型のルナクロに微妙に劣っている点が悲しい。
ともあれ高速移動1が魔女にザクザク刺さる。(*1)

幻象「ルナクロック」
上よりこっちの方が優秀。同じように見える方、なぜかわからない方は補足にて。(*2)
用途はこっちのが多いんだけど、低速移動1はあんまり使う機会はない。
拡散には元々命中高いのが多いので+1くらいじゃあんまり変わらないのだ。
それでもミスディレ<ルナクロなのでこっち優先で。

幻在「クロックコープス」
3マナ払っといて命中3はやってやれない。
確かに通常弾、攻撃3、防壁1は攻めるのにかなりよいが・・・。
なにもて、これ以上に明らかに優秀なスペルが控えていらっしゃるこの現状。
さようなら。また会う日まで。バーニィ忘れない。(*3)

幻幽「ジャック・ザ・ルドビレ」
レベル1制限において恐るべきスペックを誇るサブ3マナの主力スペル。
攻撃3で命中4で迎撃2で誘導弾ついてと、もはややりたい放題。
明らかにクロックコープスの上級スペル。
これを見るとクロックコープスがいかにゴミかというのがよくわかる。
ヒドいのはこれですらサブの主力スペルってこと。

幻符「殺人ドール」
もはや何を言っているのかがわからない。
絵もピカソ的であまりわかりません。←失礼
Ver1の頃はもっとひどかった。
紅魔館が2人しかいない上に、そのうち1人は本人で人間だからプラマイ0。
姉様以外は命中が下がらず、1/2の確率で命中が5。
ついでに低速移動2がついてきていたのだからどんだけぶっ壊れていたかという話だ。
Ver2になって紅魔館の妖怪組が合流した為、少し環境弱体化修正になったが、
まぁそれでも主力スペル。
やべ。ネタが全然思いつかん。

奇術「エターナルミーク」
攻めてよし、守ってよし・・・に見えるけどこれじゃ守れないので攻めに。
打点が4点あるので主力に使っていけそうだが、それでも繋ぎ。
メイドと言えば夜霧とソウルなのであんまり印象がないかもしれないが、
打点で言えば夜霧よりも高い為にあんまりなめてかかると痛い目にあう。
メイド4などの場合はこれで殴ったりもするし。
なにものも使い方ってことだから、一見変なデッキも凄いデッキかもしれない。
土地20、ドロー12、マナブースト16、極大クリーチャー12なんてものですら。(*4)

幻葬「夜霧の幻影殺人鬼」
基本的にはこいつかソウルで殴る。いゆわる主力スペルその1。
しかしながら打点は中級クラスの3点と低いが、こいつ強さは一言で言い表す事ができない。
防壁がついたり、高速移動したり、通常弾だったり、迎撃が3点だったり、
場合によって貫通がついたりと、もうわけがわからない。
ただ言えるのは鬼のように強いという事です。思い出したくも無い。
弱点は2つ。打点3と防壁。
当然レベル5ルールになった途端鬼神の如く強くなる。(*5)
個人的に絵師の茶戸サソの絵が好きです。でもメイドとしてこの顔NG(ぁ

傷魂「ソウルスカルプチュア」
メイドの主力スペルその2。夜霧が受型ならソウルは攻型。
回避など無駄だとばかりに無限に上がり続ける命中は、
空巫女だろうが、弾幕馬鹿だろうが、天賦だろうが容赦なく撃墜する。
そしてメイド最強の攻撃力5を叩き出し確実にヒットさせてくる。
やはり弱点は防壁なので、防壁の相手には夜霧にて。
メイドは攻撃力が低い、打点が低いと言われてはいるが、
こと、このソウルに関しては別。実際にこの打点以上で調べてみると、
瞬、メテオ、FS、迷津、スカーレット、紅色、反魂蝶、ロイヤルフレア、
レーヴァティン、崩山、誰もいなくなるか、スターボウ。
もうお分かりだと思うが、速攻以外は全員最強スペルでしか到達できていない。

離剣の見
命中サポートと言ったらこいつというくらい有能なサポート。
なぜか、種別を全く指定しない命中上昇は上昇比率まで無印と同じでマナも同じ。
完全に枷が外れただけという少々テンパり気味のイベント。
魔女にこよなく愛され、この為だけにサポート1で投入されていたが、
八卦ができた事により、メイドトップはなくなり、
あくまで4枚目以降のピンポという扱いでの入荷となった。
密室対策も兼ねられて一石二鳥であったろう。
その為、魔女はメイドとタッグを組む事はこれから少なくなってくるであろう。
何が言いたいかっていうと不変のデッキなんてないって事。某人に捧ぐ言葉。

ナイフ回収
実に色々な悪事を働けそうな1枚。
とりあえずメイドが入っててデッキに入れるカードがないなら問答無用で最高枚数を投入していい。
これ1枚で墓地対策からリサイクル、コンボ、フェイクと完全に相手を振り回せる。(*6)
ただし、当然の事ながら先読みには注意。直感と同様に完全に封殺される。
個人的には凄く練習用にいいんじゃないかと思ってます。

時間減速
メイドで頑張るならこれを扱えるようになりましょうな1枚。
とりあえず2ターン目に起き上がってきたスペルにはっつけてやると相手凄いげんなり。
魔女なんかカツカツで呪力動かしてるから、('A`)って顔してくれる。
幽閉と同じと考えてる人がいるけど、これは少し違う。
幽閉は起動状態にできないのだから、基本的に準備状態のスペルに張る。
減速は戦闘ができないのだから、起動状態になっているスペルに張るのが得策。
起き上がっていて準備状態に戻す事もできないのなら、呪力のたまりが悪くなるわけ。
ただし、張っておいて安心というわけじゃなく、
呪力払われて、起動になっている状態からいきなり殴りかかってくる場合も往々にある。

時間加速
恐ろしいことに2マナで張替えが可能なシーン。
ただし、その効果は一長一短でどちらかと言うと不利に働く場合が多い。(*7)
それにしても中国の持っているカップラーメンがCUPMENで本当によかった。
カップヌードルと書いてしまうと、ただの商品名である為、商標登録されており、
色々と面倒な事になっていた。
でもよくよく考えれば、CUPはわかるけど、MENだけローマ字になってるから、
普通に読むとMEN=男でカップ男になるのよね。やーん。なんか卑猥w

時間停止
攻めても使える、守っても使える。
あまりに万能すぎて逆にどう使ったらいいやら。はふーんぴむぴむ。
咲夜の世界と同時に使うと相手が普通に死ねる。
しかしながら10マナを要求され、いくらなんでもバレんべーみたいな。
これがレベル2制限なのに驚きを隠せない。
どうでもいいけど背景が新宿歌舞伎町に見える。行った事ないけど。

咲夜の世界
咲夜の時間とかよく勘違いされていますが、世界よ世界。ワールド。
まぁ発動したら大体相手は死んでる。
微妙なテクだとパーフェクトメイドなどを使いライブラリーを2回削る技もある。
ダイヤルデッキだとメインテクになるわけだが。
てか何、この後ろのカオス空間。
こんなトコにいるやつは、カーズ様の腕が変形した奴に違いない。もしくはチュパカブラ。


やべ。今回あんまネタがない。ネタ切れ?
今回は失敗しないようにコピペしといた。やりぃ。ガッツ。
んでは。(´ー`)ノシ


*1
つまるところ回避が3で高速移動Xを持っているカードは全て魔女の敵なのだ。
この時点で回避が3で高速移動1で4という換算になれば、まずレヴァリエがあたらない。
その他、MS、メテオ、アースライトが決死判定行き。
まともに当たる主力スペルはFSの1枚という末期的事態を招く。

*2
同じように見える2枚だが、ルナクロックは基本的に守りのカード。
あくまでこの補助効果は追加効果として数に入れないのが正しい。
とした場合、2マナで命中4で迎撃2というそこそこの数値になる。
もちろん殴りに行ってもいい。姫なんかのライブラリー操作型は嫌がるだろう。
逆に、ミスディレクションの方は攻撃型。
迎撃にしか効果がでないものは無視して考えると、
2マナ命中4攻撃2。夢と現実と同じと考えると少し見劣り。
迎撃に使ってもいいが、元々そういうカードじゃないので用途はルナクロックよりも狭くなる。
まぁわかんない場合は実際に使ってみれば早い。

*3
クリスはひどいなぁと普通に思った。

*4
でもウィニーには絶対勝てない。

*5
姉様、妹様、メイドに言える事だが弱点は総じて貫通がない事。
故にスキマや姫なんかと遭遇すると打点が通らない状況がよく発生するのだが、
メイドは夜霧のレベル4効果で貫通をつけることができる。
昔は、これをしてしまうと打点アップがしにくくなってしまいやはり慢性的な打点不足に陥っていた。
その為、姉様などを投入し、フライヤーなどで打点の補強をしつつ、
従者で展開のスピードアップとサーチを平行していた。
姉様を1人投入しただけでパワーナイン2種が入るのだから悪くない。
今はメイド隊があるのでこちらでも構わない。
つまり、レベル5ルールになった途端、
こやつは貫通と打点強化の両方の補正を入れた状態で襲ってくるわけです。ひぃ

*6
最近これを使ったフェイクをメンバーに教え込んでいる。
例えば、手札に畏怖が2枚、ナイフ回収がある状態で、
畏怖を1枚使い、その後、相手ターンに畏怖をナイフ回収する。
こうする事で、相手は畏怖対策に2枚の防衛ラインを上げるわけだが、
実際にはナイフ回収+手札にガメてあった1枚で2枚の畏怖が炸裂する。
また、こちらのターンにナイフ回収し畏怖を回収した場合、
相手が2枚起こす事になるわけだが、そこを1枚で使用した場合、
相手はこちらに畏怖があるわけないと思っているわけで、
次のターンに防衛ラインを解除するケースは非常に多く、そこを叩ける。
さらには、先読みで潰されても上記パターンにはまる形になる。
ついでに言うと、もちろんこれを見越したフェイクもありで、
畏怖1から使用、ナイフ回収で畏怖1枚戻しで、相手に2枚あるかもしれないと錯覚される事も可能。
特に一度この方法をあびると、警戒しないわけにはいかないので、
放置しておけば、勝手にブロッカーを増やしてくれマナ供給を低下してくれる。
どちらにしてもこちらは悪い方には転がらない。
要はこういうトリッキーな動き、フェイクができるといいですねという。

*7
手札の枚数の問題。手札が6枚ずつという換算であった場合、
こちらの手札の中のスペルは1枚が時間加速である必要があるのだから、最高でも5枚。
しかし相手は、元々の手札6枚に加えて自ターンを迎えた事によりドローで7枚。
差し引き2枚の差が発生する。

続きを読む

チーム戦in四日市レポ。

C「久々の更新です。ちなみにAは花粉症で死にました」
B「そんなわけで今回は我々二人で更新を行いますー」
C「ていうわけで一週間ぶりのチーム大会レポ。うん、好評だったな」
B「いやまさか、チームが10を超えるとは予想しませんでしたよ、ほんと」
C「というかさあ、俺さあ、参加表明聞いたチーム、6チームだけなんだよね。んで個人参加の人数が1チームか2チーム作れるぐらいの参加表明も来てましたが。これで8チーム。2チームどっから来た(笑」
B「いやまあ次元の狭間とかからじゃね? もしくは分裂したんだよ(笑」
C「ねえ、マリオさん(笑」
B「ま、そんなわけで、大会結果の方から発表していきまーす」

1位 The・嫁 総得点65点。
  メンバー:JUNさん、蒼月総也、案山子@THE MUSEUM

B「どうでもいいですよ(笑」
C「酷(笑」

C「とりあえず優勝おめでとうございます。事実上最終戦が決勝戦でありました。それぐらい2位のチームとは得点差が競っておりました」
B「まさに逼迫した戦いだったよねー。最終戦時に1点差しかなかったもの」




2位は……

C「もうクソ長いチーム名だから出禁でいいだろ出禁で」
B「いやまあ長いのは事実なんだが……まぁいいか(酷」

気を取り直して2位 きらりん☆輝出禁☆まじかるんるん♪ふさりーの宵:うほw やらないか! 出禁もあるよ!(CV:若本)
 総得点63点。
 メンバー:出禁(ミディアム牛沢)、出禁(ラヴちゃん)、出禁(まじかるふさりー)。

C「どうでもいいですよ(笑」
B「今度はお前か(笑」

C「最終結果では2点差で負けていましたが、実は単純にアレなんだよね。最終戦は先に2勝した方の勝ちだったんだよね」
B「得点が同点になったとしても、チーム自体の勝敗で決まっちゃうからね。白熱した戦いでした」

3位 ヘルメストリスメギストス
総得点63点。
メンバー:インディさん、老-C、パレス。

BC「インディさんとパレスさん以外どうでもいいです、本当に(笑」

C「とりあえず言える事はただ一つ。想さんすみませんでした。そして、ありがとう」
B「いや、それチームに対する感想じゃなくね?」
C「いいよもうインディさん以外身内だったんだから」
B「ま、そんなもんだよね」
C「とりあえず2位とは得点は一緒だけれど、2位のチームに負けたからこの結果です。そしてあと1勝でもしていたら優勝していた可能性があったチームであります。基本的に1位から3位まではホントに団子状態でした」
B「良くも悪くも、ぎりぎりの戦いだったんですねえ」

4位 MAXCOFFEEでおk 総得点54点。
 メンバー:BLSNOW@蓮子さん、水晶砂糖さん、イトシンさん。

C「またコスプレやろうな!」
B「何故か、普通の格好をしていた砂糖細工さん(水晶砂糖さん)にこそ違和感があったという謎のチームでした……」
C「なんか今回さあ、レイヤーがさあ、4・5人いなかったか?」
B「多分それを誘発したのは……まあ、何も言うまい」

5位 アリスはいません 総得点42点。
 メンバー:NARUさん、アナグマさん、ルミナスさん。

B「あれ、同名の方ですよね?(笑」
C「確か今回の大会ではじめてみた人たちなんだけどねぇ」
B「多分2Pカラーとかだよね(笑」
C「来週3/11日に京都で大会なされるそうなので、詳細はとある丘に行けばいいんじゃない? はぁーん☆」
B「誰だよお前(笑」
C「乙女望月笹乱P」

6位 ドキッ! 吸血鬼だらけの槍投げ大会 総得点42点。
 メンバー:DDTさん、莉澄さん、宮さん。

C「ウミさん風邪大丈夫ですかー? ついでにライスさんからのお土産確かに受け取りました。お心遣いありがとうございます」
B「ライスさん、ありがとうございます。しかしそれにしても、剣とか槍とかが飛び交ってました。3人ともっていうのも凄いな(笑」
悠子「もう、ライスちゃんたら。あんなもの寄越して……お姉さんは大好きです。おぱーい(笑」
B「おっぱい美味しく頂きました(笑」

7位 イトシンさんを襲おうの会 総得点38点。
 メンバー:MS長官さん、MOGさん、からすさん。

C「ウホッ いいイトシン(笑」
B「まああの足はなんか反則的な……」
悠子「私も負けてませんわよ!」
B「いや、てかさあ。もう宴関係ないコメントになってなくね?」
C・悠子「ぱんちゅーしまぱん」
B「……」


8位 博麗大決壊 総得点33点。
 メンバー:G-07さん、ゆきさん、MERたん。

B「博麗大決壊なのに霊夢がいないってどういうことさ!(笑」
C「だから大"決壊"なんだろ」

9位 天津飯の気が消えた……! 総得点32点。
 メンバー:ユーキさん、月影隼さん、ヒロ名古屋さん。

C「もうチーム名大賞ここだろ。大分ネタにさせてもらったぞ俺」
B「確かに大賞だよな……。まあ個人的にはお前が合成したアレの方が笑ったけど」
C「アレか? 天津飯を襲う会か?」

10位 ⑨が3番を喰う! 総得点23点。
 メンバー:アルフォートさん、天さん、ゴードリーさん。

B「この3番って何の事だろ? 登録3番のイトシンさんを襲おうの会のことかなあ?」
C「とりあえず何名かいましたが、今回初めて参加された方が結構いるみたいですね」
B「いやまー、お陰で30人越えですよ。チーム数合わせ苦労したなあ……全員出場っても11チームと2人だもんな(笑」


C「続きまして、当初の予定ではいってました、面白かったチーム名、大賞の発表です!」
悠子「大賞の名誉に輝いたチームは!」

ドキッ 天津飯だらけの気功砲大会

B「いやお前、混ざってる混ざってる!」
C「つ精製」
B「いや、そこは寧ろ錬金術じゃね? てかそういう問題じゃないだろ(笑」
悠子「つ天津飯を襲おうの会」
B「無駄に候補を増やすんじゃねぇよ(笑」
C・悠子「天津飯でおk」
B「うんまあ、上で言ったとおりで、順当だと思うよ。ダブルカウンターの商品が与えられますので、当選者の方は好きなキャラクターをコメントしてくれると、次回申し出てくれれば、お渡しすることが出来ると思います。たぶん」
C「完了時期は約束できませんが、必ず作るとお約束はできます」
B「それでは、とりあえず大会レポはこんな感じで終了します」
C「急な企画にもかかわらず、参加された皆様、お疲れ様&ありがとうございました。どうやら好評だったようなので、これからもちょくちょくやっていこうと思いますので、宜しくお付き合い下さい」
B「それでは引き続き、駄文日記真骨頂の、雑談をお楽しみ下さい」
C「ていうか寧ろこっちが本編だよな」

 そんなわけで、以下、雑談。(二百由旬ぐらい離れてますよー)

続きを読む

プロフィール

悠P

Author:悠P

FC2カウンター

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索