とりあえず、暫定的に復活。
プロフィール

悠P

Author:悠P



FC2カウンター



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



麻絹の全カードばっさり その30
ちょす。
前回の戦いでボコボコにされてしまった麻絹です。
次は8割取れるようにがんばります(*1)


今回の雑感。けーねブームが多かったか。
予測では蟲惑、幽雅が上位来るだろうと思ってたが(*2)
でも幽雅とかは見たからいないわけではなかったんだろう。
やはり頭突きを使いたかったんだろうか。
けど、頭突きはよっぽど絡まないと個人的所感では厳しい気がする。
けーねでパターンとか抱えてやるには不向きな印象。隠蔽が絡んでなんとかってライン。
暴食アンチも考えてのけーねオールハンデス月下美人だったんだが(*3)
次はもうちょいいけるようにがんばりやす。


余談。

某運ゲーですが、今急ピッチでリニューアルしてます。
やっぱイラストないとダメだよねー
ってことでついでに外装とか中身を少し改定しようと思ってます。
・・・が、プリンタ壊れました。
なんとかしたいとは前々から思ってましたし、プレイヤーも増えてきたので早々にやります。
別にマクロスがおもしろくて見てたわけじゃないですよ(*4)




んでは、前回の続きから。
今回は残り全部行くぜ(*5)、と思ったけど、明日の準備あるから今回は無色だけ。
複合は来週に回します。ますます。


妖精編隊
待望の壊れない無色。
打点1に命中3と貧弱で相手に呪力を与える特典付きではあるが、
迎撃に向かない構成や、軽量域に受けスペルないデッキなどで効力を発揮する。
特にもこやてるちゃんには相性がいいと思う。マリには向かない。
命中3である以上、序盤域を安定させる為に使うと割り切ればさほど酷いとも。
妖精さん(*6)

外の世界
レベル3~のデッキに対する抑止。
・・・ではあるが拘束力はさほど厳しいものもなく、
回避型には相性が悪く、受けデッキにもあまり効力はない。
時間のかかるデッキにはその間に呪力を溜められたりする。
攻めも受けもする上に呪力がパツパツなデッキに効果がある。
当然ながらレベル1デッキはがんばれる。
八雲一家デッキの場合は藍+が軽く動くので◎。
ぐうたらとの噛み合わせが鬼畜(*7)

平穏
メタカードメタカードと言われ評価の低い1枚だが、呪力3の軽量カウンターしては及第点。
むしろ今までシーンカウンターを香霖堂で補填していたデッキはまるごと置き換わる。
メタと言われながらも、適用されるカードは実はかなり多く(*8)、
気付かない部分で抑え込まれる部分は多いはずだ。

屈折
3種では多分まだ一番使える部類のもの。
最初みんなはターン終了まで効くと思って狂喜乱舞したんだが、
そんなわけもなく、戦闘行くまでにきっちり終了。夢の終わり。(*9)
自分ターンで相手からの防御イベントを使われたりするのをブロックする。
優先順位の差で先に発動するので、防御には使えない。
その為、畏怖でのブロックを封じたりする事ができる。
時間停止やエタ斬は自分のターンに撃てば避けられる。
あとはコンボデッキに対して相手にかけてやったりすると途中でコンボ終了になる。
地味に百鬼夜行に対するメタになっている点には注目。
まだマシな方。

消音
使用タイミングの関係で封殺できないものも多い一番使えない子。
住吉、宴会に絞ったアンチと思って間違いない。
これを入れてる奴がいたら住吉と宴会をガンメタしてきてると思っていいくらい。
=住吉、宴会使いはこのカードに対して怒っていい。
「なに、この局地的メタ」とか言ってあげてもいいよ。きっと。
妖精編隊でのデメリット消すとか言い始めたら、ドラえもんの冷えピタクールの出番。

探知
手札をのぞける実質無料のイベ。
用途としてはシーンカウンターを探る為に使うか、己の手札を減らすために使うか。
宴会準備と一緒に使うと呪力2点まるもうけできるが、多分スペースがない。
なんでこのカードの評価が低いかは、策士の九尾の評価を思い出せばいい。
見ても対応できなければ絶望するだけ、対応できても優先順位の差で相手が先に動く、
あまりいい手段とは言えないと思う。

パワーアップ
ぱぅわー(英語的)制限が変な方向にかかってる命中補正。
とりあえずパターンアンチになっている点は限りなくグッド。
パターン1枚"で"無効化にされるのではなく、パターン1枚"を"を無効化すると考えろ。
命中4をパターンで回避され5になったのを、同じく+2で6にして撃墜する。
迎撃用のスペルに使う感じで刺しておくといい。特に紫なんかはいい動きをする。
レベル1のデッキとしてはとりあえず刺しとくか的な1枚。
こんなカード作るより、"対象の現在の命中を[4]に変更する"とかの方がおもしろかった。
相手に使ってよし、自分に使ってよし、色々ギミックを思いつく楽しいカードになるのに。
もっともそんなカードは無色ってわけにはいかんだろうけどな。
パワーアップって言ったら、ベル(*10)かパワーカプセル(*11)だろう。

レーザー避け
アンチマリの為に作られたと言っても過言ではない。
ただ使われる状況が根性避け以上に限定的になりすぎていて完全なアンチカード扱い。
根性避けは絡め取る事もできるのだろうけど、レーザー避けはかなり厳しい。
イリュージョンレーザーを相手に張り、無理やり水銀やデーモンロードなどで避けるところを、
誘導弾や命中補正で追撃された時とか、無茶苦茶意図的でないとまず成功しない。
紫からすればフレキシブルに使える漱石の方が万能性で上手であるし、
藍として使う以外にはおそらくアンチカード以外の未来はない。
大技としては相手に密化を撃って無理やり貫通を得てもらい、そこを絡め取る。
絵がフォビドゥン(*12)

タイムリミット
ライブラリーアウト待望のエンドカード。これ1枚何ターン短縮できるやら。
デッキアウト以外には入らないと思われがちだが、
今まで苦手なデッキ相手には立てこもりデッキアウトを待つような未来しかなかったデッキには、
昔の事よりも即効性がある為、デッキによっては入れ替わるだろう。
要は完全に千日手になるのか、事態を遅らせているのかという点の差。
無論ながら、スイカには無類の強さを誇るわけでスイカ対策に仕込むのもいい。
それにしても、波長反転にしろ、外の世界にしろ、今回はスイカを潰すカードが多い。
こんだけガチガチに固められたらスイカいなくなっちゃうんじゃね?



今回はここまで。
んでは。(´ー`)ノシ


*1
勝率6割じゃけーねの意味ねぇ!

*2
でもてるちゃんも見たんだよな。蟲惑かどうかは知らんが。
発表の時にデッキ診断してて見てなかったんだよな('A`;

*3
隠蔽、プレインエイジアで相手と自分の手札を両方拘束し、月下美人を張る。
お互いに手札が落ちているのでパターン、命中アップの心配なし。
手札代償がいるカードものきなみロック。
こちらはL効果と幻想卿伝説と月下美人と神器の効果で補正する理論のデッキでした。
双方ともに手札は0のまま維持されるので、パターンや全方位を1枚も入れていないという
非常にエコロジーなデッキなのでしたとさ。
デッキ作りすぎてパターン足りないけどけーね作ってみたい人にはオススメ。
デッキレシピは全員のを接収してたので、いずれ上がるだろうから省略。

*4
なんかマクロスが変な方向に進んでいってるのが。
方向性としてはキスダム最終話方面。

*5
出されたものは残さず食べる。

*6
ティンカーベルの裾の丈、設定に忠実っ!

*7
最終鬼畜司会者児玉清。

*8
一応列挙しておく。かなりの数がある。
先読み、昔のことは気にせず、探知、タイムリミット、直感、博麗の血、
ドラゴンメテオ、拝借、蒐集、ミスディレクション、ルナクロック、パーフェクトメイド、
ナイフ回収、チェックメイト、タネの無い手品、幽明求聞持聡明の法、人形生成、
人形修繕、ドールズウォー、紅魔館の主、未練未酌宴、厭離穢士、無差別な破壊、
動かない大図書館、錬金術、練気、輝夜リーダー能力、蓬莱の玉の枝、月都万象展、
五つの難題、実験、受信、憑依荼吉尼天、策士の九尾、楽器幽霊、サンジェルマンの忠告、
リザレクション、セルフバーニング、永遠の苦輪、紅の自警隊、フェニックスの尾、
隠蔽、伊吹瓢、一点集中、太古の記憶、瀟洒な従者、ヴォヤージュ1970、
不生不死の姫君たち、秘密、複製、里守、人形劇、神算鬼謀、叡智、大群。
見てわかるとおり、もこは当然としてメイドなどにも効くし、
リーダーが誰でも何かしら1枚は効くものがあるケースが多い。
宴ではドローカードもデッキを対象に取るので余波でドローも封鎖できるのがミソ。

*9
ナイトメェア。

*10
機体から腕が生えてて爆弾投げつけたり、弾に当たると痛がったりする異形の飛行機。

*11
グラディウス3アーケードを薦めたら、80年代レトロシューティング好きにされてしまった。
あの理不尽(*12)感がいいのに。海底大戦争とか、R-TYPE LEOとか。

*12
ビームが、曲がるっ!?

*13
確かに俺は理不尽が嫌いだけど、対応できる理不尽は嫌いじゃない。
むしろ詰め将棋みたいで燃える。

[READ MORE...]
スポンサーサイト
麻絹の全カードばっさり その29
ちょす(*1)
掛布の声が松村のモノマネにしか聞こえなくなってきてる麻絹です。
あいつマジ上手すぎるよね。


さて、4幕発売に当たって、またしてもこの企画を開始するわけですが、
結構、煮詰めるのに時間がかかりまして。
いえ。違うんです(*2)
本当は発売後すぐやるつもりだったんですよ。いやホントマジマジ。
データとしては16日の夜にはすでに完成して、いつ始めようかという部分だったんですけど、
某ネトゲ(*3)のイベントと、デッキの調整が急務だろうという神のお告げがあり(*4)、
そっちにかかりっきりになっちょりました。
なのでこのタイミングでの発表。別に夏目友人帳がおもしろくて見てたわけじゃないですよ(*5)


余談。

15個のデッキを調整して、そのうちの3個を砕いて3個新たに作ったら、





16個になってました。

夏の夜のミステリー。
某所では妖精が作ったという事で決着しました(*6)




んでは、前回の続きから。
今回はレベル制限ついてるのからやっちゃおうかな(*7)


博麗の血
なんか巫女から血が噴き出して森を血染めしてるようにしか見えないイラスト(*8)
巫女で始めて登場したサポート破壊。限定的ではあるがね。
異変に対してアンチに働くのは大変グッド。現状環境では1枚にしか効果はないが、
空巫女回避に対して、無条件1ダメの回避無視遠隔射撃と無条件ライフゲインでの遅延は、
巫女には両者ともほっとけるものではないので、結構プラス。
上の方の能力は緊急ドローと同じ感覚で使う感じか。
どうでもいいけど、異変なんて出したって事は後2幕は出すつもりって事だわな。

コールドインフェルノ
ゴールドではない。冷やしてから温めて砕く事で熱疲労を強制的に起こさせる(*9)
オーレリーズの下位互換。
付け外しではなく、境界弄りのように別の対象に移せればまだ使われたかもしれない。
用途としては序盤につけて後で付け外しして相手のデバフを封じる。
地味にうさぎのフルムーンから逃げる手段に使えるのがミソ。

タネのない手品
コンボデッキ御用達。一点集中の上位互換。
メイド2でありながらメイド中心では使う事はない。
約束のようなデッキと相性がいいが約束にそのスペースがあるかどうか。
キャントリップ付きなので手札の枚数も変わらないし、なにより軽い。
操作してからドローではなく、ドローしてから操作なので、
操作したカードをすぐにまるまるいただきストリート(*10)はできない。
安定性重視のあなたに1枚どっすか。

見切り
精神統一の上位。
実は思ったほど動きは悪くなく、防壁ではない為、貫通を無視することができる。
また、消費呪力が1点減った事で動きが格段によくなっている。
当然ながらデメリットもあり、対象を相手に依存する事になったので、
対象を取れないと完全なゴミカードに成り下がる。
やってれば大体2点は削ぎ落とせるので点数調整にはちょうどいい。
オススメは砦。レベル5なら明鏡止水とか神る予感。

境界弄り
デバフ移動サポート。夜明けや時間減速などに対して無類のアンチ性を発揮する。
また、前半で夢現につけた式神を弾幕結界などに移す事で4枚目の式神として扱う事もできる。
特に威力を発揮するのは八雲一家デッキでの藍+の移動。
また超高速ではデバフを投げつける事に使う事もできるようになり、構築の幅は広い。
恐ろしい事に蜃気楼を墓地に落とさずに除去できる。うさぎ涙目。
扱いこなせるならその人は強い人。

ドールズウォー
毎ターン呪力を持ってかれるのが非常にキツい。
アリスの構成上スペルは少なめに作られる事が多いので、
これでスペルを落とされると呪力維持が非常に困難になる。
複製とかみ合わせると不思議な動きを始める。

運命操作
パターン避け上位互換。1発撃った段階で回避できていればまず間違いなく当たらない。
サクマリからすると決して通してはならないカードであり、
レミと遭遇した際にはいかに使わせないかが焦点になる。
ただパターン避けほどお手軽に使えるわけではなく、スペルを墓地に沈める必要がある為に、
使いどころをうまく考えて使わないと、気が付いた時に自分の場がボロボロになってるかも。
ケージをすり抜ける点は大変グッド。以後レミで入ってこない事はないと思う。

幽雅な休息
またしてもやっちゃった1枚。どうせ以後でエラッタ入るよ。使うなら今のうち。
回復の際の回復量を+1という事は、「1回復する」を繰り返せばすぐにライフが還元されていく。
狂ってるのが反魂蝶が絡んだ時で、あれは+2回復ではなく、
+1回復の後に+1回復という記述なので+2+2になり4点回復する。
反魂蝶と戦うだけで貫通無効の防壁4をかけられているのと同じという状態になる。
恒久的に打点を出し続けるか、相手のライフを一撃を0に持っていく破壊力がなければ
その試合は負けになってしまう。
俺的には構築の幅を極端に狭めたという点で非常に嫌いな1枚。ミラーとかやってらんねぇ。

癇癪
妹待望の擬似貫通。能力が消えるのではなく効果を発揮しないだけなので注意。
無論、威厳と同じで後付け能力も全部無効。
自分の戦闘中のスペルと相手の戦闘中のスペルという極めて広い対象を取るので、
使用できないケースが多数存在するのがバッド。
特に誰もいなくなるかは自分を対象に取れないので使えない事に注意。
また、相手の対象を取れなくされるものでもすぐに腐る。
その際は割り切ってバンバン捨てていこう。

エレメンタラー
前にも書いたけど、3枚までの能力が重要で5枚以上はあんまり。
1個目の能力は強いのでバンバンで。3個くらいなら余裕でしょ。
5枚以上の能力を輝かせたいならサイレントセレナで頑張るべし。
それでないならロイヤルフレアで十分。2個目の能力は見れば見るほど2:2か2:1:1構成用。
なのに3~5枚起こしてしまったら賢者の石がないと維持ができない。
迎撃に移動で回避されないと言われても、それ3でなきゃダメな必要性は特になかろうて。
2個目の能力どう料理すればいいのかさっぱり(*11)だよ。

連環撃
狂ったステータス比率を誇る中国の新サポート。
1枚で紅、歩を両立し、他のサポート軽量化するあたりが憎らしい。
しかしながら、紅砲+虹色の究極体には割り込む隙がなく、
さらに中国としてはそれほど重たいサポートがあるわけでもないので、
中国メインで考えるとちょっと宝の持ち腐れ感が漂う。
個人的にはこれで堅固なる護りを張りたい。
配置に重く、使用に軽いというデメリットを軽減できる。
でも中国に欲しいのは命中なのでありますよ隊長閣下どの。
俺称レンコン。

待宵
驚異的な呪力削りを可能にするくせに、呪力効率は満月光線のさらに上をいった狂った1品。
ターン終了時に5点削られるのがわかっていれば、なにがなんでも全部使い切ってくるが、
そこを蟲惑でもぎ取られるのが一般的。
よく勘違いされるが、満月光線と待宵は似て非なるものであり、用途が全然違う。
満月光線は残った呪力を削り取る為に使うが、待宵は呪力を使わせる為に使うのだ。
また、竹取飛翔との噛み合わせが絶妙でこれだけで抑え込まれる事もあるはず。
噛めば噛むほど味が出てくるいいカード。

月の記憶
ビグザムとセットで使えと書いてあるカード。攻めに使うよりは防御で使いたい。
一撃必殺のコンボデッキに劇的な相性を誇り、1枚で最低でも-2、高ければ-5を弾き出す。
しかも1枚制限ともなんとも書いてない為に重ね撃ちが可能で、
一撃必殺のコンボデッキはこれを見たら絶望の準備を始めた方がいい。
特に今人気の完全燃焼デッキは出されてしまったら非常に苦しくなる。
月の記憶がレベル3なので必然的にシーンは密室になるだろうから、
アンチコンボ系のデッキとして伸びてくる可能性が期待できる。

波長反転
うさぎの新命中下げカード。の割には今までと違い他との絡めが非常にしにくい。
うさぎは本体の回避を上げるのではなく、相手の命中を下げる事を目的にしている為に、
元の数値から命中を下げてから上げられるとせっかくの利点が薄れてしまう。
理想はパターン避けあたりから上がった命中を波長反転で絡め取るくらいで、
通常状態で見えている特殊能力から使っていく事を考えると劇的な効果は望みにくい。
うさぎメインではなく他の構成で使いたいのは満々だが、レベル3の為それも許されず。
微妙に扱いづらいが、キラーカードだったルナティックに対してのアンチにはなる。
実はミッシングパープルパワーやフジヤマボルケーノはこの1枚で完全封殺されてしまう。
その為に、こまやかな使い方ではなく、大掛かりにどかっと使うような感じになる。

十二神将召還
式神強化防御版。防御版らしく使用呪力が減っている。
防壁なので貫通には無力。藍らしいっちゃらしい。呪力効率も大変よい。
使い方は式神強化と特に変わらずでいいだろう。誘導弾が必要な時に使ってやろう。
大まかな流れとしてはコックリさんで使うケースが多いだろう。
元々の命中難にあえいでいたところだったのでまさに渡りに船だった事だろう。
忠誠などと一緒にコンボを無理に狙わず、誘導弾が必要な場面で積極的に使っていこう。

前鬼後鬼の守護
使う機会は藍のみにほぼ限られると思っていい。
橙からすれば、誘導弾自体は無力化されるわけではないのでどうせ撃墜され、
紫では無理に式神付きにしなければならない理由も特に無い為。
唯一、防壁と攻撃減少という部分が噛み合った藍だけが使用場所を作れると思う。
んで、その藍に関しては、現時点で式神が2種6枚。
これ以上入れるのかどうかという部分において、橙を削るケースは出てくるかもしれない。
八雲式総攻撃とは相性はよい。
だが、下の能力は対象を取る為にどうにもならない相手がいる事をお忘れなく。

強襲
すっごい普通のイベント。簡易版デーモンロードウォーク。
これが優秀な点はまず対象を選ばない点。
こういったイベントは式神付きなどの多数の制限がかかったものだがそういった制約は一切無し。
その為、タッチでも組み込みが可能になり呪力1での回避行動に、
かすり避け以外の手段として一石を投じるものになるだろう。
また、化け猫+大回転攻撃との相性もよく、簡単に最高出力まで上げる事ができる。
見た目よりも意外にやってくれそうな感じをかもし出している(*12)

奇門遁甲
またしても異様な軽さを誇るデバフ。
相手にはっつけるという点でイリュージョンレーザーのデバフ版と言える。
ただし、その分自身のバフには使いづらい。
拡散や誘導弾持ちに貼り付ける事でほぼその能力を無力化する。
個人的には今まで無力とされてきた反魂蝶や、
空巫女と言った拡散の高命中に対してのアンチになるだろうと思っている。
ただしデバフの宿命上、先張りをされると手も足も出ないので注意。

コンサート
限定的時間停止。時間停止と違いラクトガール包囲網をすり抜ける。
噛み合わせ命なので、どうしても不安定な部分はあるが、軽さが引き立ってよい。
楽器は増えたので人形劇で引っ張ってくる機会が多いことだろう。
それはイコールで虹川4が減り、かつ命中補強になる事を意味する。
命中補強になるという事はこれまで以上に枠に対しての制限が加わる事に直結する。
俺はそれが嫌で虹川4にしてグロッソの命中を補っていたわけだが、
それが崩れるという事は何かしらで全方位かピンポかで補強をしなくてはならない。
とすると、人形劇でリクルートできる分楽器の枚数が減る。
楽器の枚数が減ると、さらに暴食に対する耐性が下がる、と完全に悪循環。
速度は上がったが耐性は下がったと思う。
ポテンシャルは高いが、以前よりも楽器依存が高くなっている為、
以前は暴食からでも1回ならば立ち直りが可能だったが、
ここまで依存してしまうと1発撃たれてはもうどうしようもない気がする。
当たったら負け覚悟。

ルナサ・ソロライブ
某所での評価とは違い、俺はこれが一番強いと思っている。
とりあえず的に防壁を立ててくるようなケースが多いのに対しその防壁をぶち抜き、
誘導弾に弱い仕様を止め、おまけで攻撃力を下げてくれる。
派手さはないが一番安定していると思う。ただし対象を取るという事は・・・。

メルラン・ハッピーライブ
集中=悉皆付き。一般に稼動領域になるのはスティジャンとゴースト。
命中を気にしないならそのまま殴るべき。
ただし上記で言った通り、速度や安定性は上がった分、弱点がモロに露呈し始めているので、
短期決戦に持ち込みたいが、呪力は重めの4。
命中上がってもグロッソと同じなので命中補填には使えない点に注意。
なぜかメルランだけソロライブじゃない。いじめイクナイ。

リリカ・ソロライブ
迎撃時ではなく常時なので回避が上がりっぱなしになりやすい。
誘導弾に対しての耐性は相も変わらず0ながら、通常弾に対する耐性はできてきた。
しかしながら決死がルナサよりも高い4である事を考えると決死よりは回避をしたいところ。

紅の自警隊
もこ専用のライフゲイン手段。軽めなのであまり場を気にせず張っていける。
ライブラリー修復能力は思ったほど役に立つ機会はないと思うが、下の能力は地味に効く。

フェニックスの尾
もこの優秀なブロックイベント。フェニックスウィング(*13)
迎撃時にこれでパゼストを呼び戻せばレベル1のスペルは攻撃できないし、
呪力さえあればインペリを呼び戻し発狂させる事もできる。
また、ウーを呼び戻すと、自身の強化能力と、フェニックスの効果で、
迎撃3命中6誘導貫通というびっくり能力に早変わりする。
状況に合わせて使い分けていきたい。
無論、墓地に巻き戻る効果を有効利用する為に別のカードで生贄代償にしてしまうのもアリ。
わりといい手段かなと思うのが、ノンディクショナルレーザーの巻き戻しと、
それをさらに発展させた蒐集での回収。これでデメリット0で蒐集を撃つ事ができる。
まぁ強いて言うならその構成がデメリットなんだが。

頭突き
場が整ってからならば値千金のイベント。
でも場が整ったらこんなんしなくても勝てるんじゃね?ってツッコミは却下。
手札1枚では全く意味が無いのでできる限り変身してから使いたい。
めちゃくちゃ軽いのがグッド。

隠蔽
相手のスペルを削り落とす為に先手自2Tに叩き込む邪悪すぎるイベント。
このイベントの凶悪な点は某TCGと全く同じでマナベースを破壊できる事(*14)
それと相手のターンに撃てる事。不思議なんだけど自ターン制限が本当にかかっていない。
あとランダムディスカードの後で捨てたカードがスペルだった場合、
相手の手札にはスペルが満載か、捨てることの出来ないカードが満載かの2択とも取れる。
つまり色々と相手の手札を読みやすくなるというわけ。
AP-1してDF+2(*15)

一点集中
拾い読みイベント版(*16)
つるぺたで使うなら百鬼夜行を拾い、怪力無双を墓地に落とすところ。
シナジー効果は悪くない。むしろ他のデッキだとデメリットが際立ってあまりよろしくない。
しかしながら、つるぺたとして考えるとドローもせずに呪力2を削る上に、
序盤域での迎撃スペルに対して想定呪力を削る事になる。
けどつるぺたは序盤で形勢を立てておかないと、そのまま押し切られる。
そんな苦労してまで使う必要ないような。絵が太陽拳。

太古の記憶
ヴォヤージュからすると物凄い数のドローを可能にするドローソース。
しかしながらデッキ2枚、ライフ2点削る為に効果としてはかなり大味。
なんと言っても削れる速度は上の一点集中よりも速い。
ライフの削れ方が気になるが、そこはうまく調整していきたい部分。
これも使いすぎると死ぬ。



今回はここまで。
んでは。(´ー`)ノシ


*1
「ちゃっす」より「ちょす」のがなんか俺は好きだ。

*2
だがその言葉を吐いて違ったやつはいない。

*3
そっちの方のデッキも煮詰まりかけとか、俺の頭もしかして空鍋なんじゃね?カラカラ・・・。

*4
神というかご意見番というか。これはもう喝だな!喝!

*5
見てたけどな。あれ神だよね。

*6
俺の妖精は宿題から車の運転まで幅広くやってくれる。
まさに自動書記。

*7
昔のポケモンスタジアムはレベル合計が150でやってたんだけど、
今はそういうのないんだよね。
あれのが戦略的におもしろいと思うんだけどな。

*8
スカルマークの隊長機に乗ってれば完全な死亡フラグ。

*9
フリーザーストーム→ファイアーブリザード→烈風正拳突き。
やってる事はこういうこった。

*10
アレ名作だよね。友達なくすけど。

*11
さっぱり妖精でも、桜塚やっくんでもなく、乱崎優歌。

*12
貴家澪。

*13
メッサーウィング。

*14
通常の手札破壊には必ずと言っていいほど1つの制約がある。
それが"マナ基盤を除いた"という部分である。
なぜならば、マナ基盤自体を破壊されると意図的に事故状態を引き起こされるケースがある為。
それらは無差別破壊、拝借などにもきっちり生き続いている。
しかしながら隠蔽は某TCGで同じだったように無作為が1枚混じっている。
初手にあるスペル枚数が2枚であった場合、もしそのスペルを落とされてしまった時、
高確率でスペル事故を誘発する事が可能となる。

*15
ペンギン固すぎ。

*16
デッキの上から5枚見てそのうち1枚を手札に加え、
残りをゲームから除外する青のエンチャント。
重いし緊急対応としてはデメリットが大きかった。使いすぎるとデッキが滅びる。
その点では5枚は優秀なのか、欠点だったのか。多分後者。

[READ MORE...]
うたぷり。
なんだかここを更新するのは随分久しぶりな気がする影絵の猫です。

4幕もついに発売目前といったところで、なんとパレスさんより漫画を寄稿していただきましたので、こちらの方で掲載していこうかと思う次第でございます。

タイトルは「幻想華伝宴プリンセス」ということで、まんま宴の漫画ですよ!
何の因果か良くわからないんですが、何故か私が写植とかやってます。
その辺りが下手なのはそのせいです……苦情はいつでも受け付けておりまする。あとこうするといいよ! とか教えてくれる方は是非に。次回以降――或いは即時対応致しますゆえ。

と、いうわけで。ここから第1話をそのまま貼り付けておきますので、読みたい方は続きにどうぞー。

[READ MORE...]
第26回幻想ノ宴交流会in三重~プロデューサーさん!幕間ですよ、幕間っ!~
第26回幻想ノ宴交流会in三重~プロデューサーさん!幕間ですよ、幕間っ!~


姐「これらが今回から使用できる大群たちだ。
  協力カードを活用して、新しいデッキをどんどんつくってくれたまえ。
  我が駄文プロは、いつでも君を待っているぞ~!!!」


場所 四日市市市民交流会館2F和室(コスプレしたい奴は着替えれる場所作ります)

日時8月24日(日)

時間 9:00~21:00(20:45には撤収準備)

受付時間は11:00までとさせて頂きます。一次会終了時間は17:00予定です。以下は二次会。

内容 スイスドロー4回戦または5回戦。

参加費 300円。(参加費すみませんがとります。)また、コミックマーケット74(夏コミ)にて新弾(幕間)が発表されますので、当交流会での使用を可能といたします。

・プロキシカードについて
駄文日記交流会ではプロキシカードを特に禁止していません。
対戦相手に、何のカードで能力は何かという事が判れば特にうるさく言いません(ただし、サーチ出来たりするような、不正が出来る場合、即失格になります。)

また、雛札さんの方でエラッタカードのプロキシカードが公開されていますので、エラッタ前のカードを使われている方はお手数ですがプロキシカードへの変更をオススメします。

プロキシに変更せずに、エラッタ前のテキストにしたがって対戦された方がいた場合。
問答無用で反則などをとらさせてもらいます。

対戦相手とのトラブルを防ぐためにもなるべくお願いします。


今回の場所では飲食は可能です。

注意事項

・ゴミは持ち帰り。
・忘れ物に気をつけて。
・参加人数制限は今回はありませんが会場のキャパ自体は50人ほどになります。

質問事項があれば悠Pのアドレス「yukyugensokyoku.●docomo.ne.jp(黒丸を@に)」か、この記事のコメント欄まで。

テーマ:東方プロジェクト - ジャンル:ゲーム

麻絹のでっきづくりのおじかん その7
どうも。裏ではネトゲが稼動している麻絹です。

最近めっさ暑い日が続いてますが、みなさんは外出てますか?
こんがり焼けていることと思います。健康的ですね。
そのまま皮膚癌になろう。健康的に。
なんでこんな事を言ってるかいうと、
車の運転が多いせいか、右側だけ日に焼けてきて、
なんかどっかの悪役(*1)みたいになってきてるからなんですね。
まぁなんだ。滅ぶなら地球ごと(*2)やっちゃいやしょうぜ的な。



近況。うちの祖父がグラビアアイドルのPV見てました。
なに考えてんだろう。



さて始めよう。この狂気に彩られた戦慄の戦場へ。


今回なんですが、前回の記述どおり、3幕最後の挑戦状を処理します。



アリス
だいだい
うさぎ
つるぺた
リーダー指定なし



もうアリスは確定なんですね。そうなんですね('A`)
でもきっとアリスは余裕のアリスカットから始まるんですよ、きっと。カワイソス(*3)




――麻絹を、始めます



まずリーダー部から考える。
アリス、橙、鈴仙、萃香・・・。前回よりは"幾ばくかは"楽だが・・・。
現実性を考えるとまずはアリス、橙カット。アリスカットの要因は前回の通り。
橙はまず式神がいない。これはもうカットせざるを得まい。
体力に任せて押し切るか、若干の回避をセンターポイントに預けるか・・・。
この2種はとりあえず保留。前回よりも考えがいがあって大変結構(*4)

スペル部を考える。
とりあえず定番のアリスカットからスタート。
まずは実用に耐えうるものをピックアップだ。
卵、飛翔晴明、飛び重ね鱗だが・・・卵ってどうよ。まぁ保留。
あとは戸隠、鬼縛り、天岩戸、坤軸、ルナウェーブ、シェイカー、ビジョナリ、ロケット、アイドリング・・・
あれ?普通にほとんど全部使えるんじゃないか?
・・・が、命中がやはりのっかかるか。
しかしこれは補強のしようもないしな。イベサポで補強するとしよう。
ルナウェーブ、鬼縛りを迎撃の基軸にして、天岩戸、アイドリングウェーブを中心に攻めよう。
アイドリングウェーブがこんなに輝いて見てたのは初めてかもしれない(*5)
あとジバク君。

イベント・サポートを考える
まずは当然のアリスカット。さて回避にもってくか、それとも耐えていくか。試運転するしかないか。
試運転したら、鬼縛1枚にいいように振り回された。
命中難なのに回避考えてる暇なんかねーぞって事か。
ってことは必然的にLはつるぺた。スペルも少しいじれるところはいじろう。
回避カードあったところに命中補正かたっぱしから詰め込んでいこう。
スペースはかなりあるはずだ。あとは霧化と。若干の補正に密化も投入。この辺で微調整だな。
あれ、なんか回りそうだ。テンション上がってきたぜー(*6)

シーンを考える。
まずはお約束のアリス削除スタート。
毎回の事だけど命中不足。ルナを投入。ルナ3、萃集1で。
このシリーズはルナと共にあるな('A`;



以下、こうなった。


つるぺた1(L)
アリス1
うさぎ1
だいだい1

ピンポイント*3
全方位攻撃*2
Lunatic*3
萃集*1
魔符「アーティフルサクリファイス」*2
波符「月面波紋(ルナウェーブ)」*3
波符「赤眼催眠(マインドシェイカー)」*3
散符「朧月花栞(ロケット・イン・ミスト)」*3
懶符「生神停止(アイドリングウェーブ)」*3
錯覚*1
凶兆*3
酔符「鬼縛りの術」*3
符の壱「投擲の天岩戸」*3
符の弐「坤軸の大鬼」*2
霧化*3
密化*2



まぁこんな感じか。


解説
回避はその一切を封印した。
本当は回避と思わせつつ、因幡うさぎで迎撃打点を稼ぐ計画だったが、
鬼縛1枚で終了しては意味が無い為、泣く泣くリーダーをつるぺたに。
命中補正をありったけ詰め込んで、何がなんでも当てるつもりを強調。
というか、打点も浅めなので1発1発を外せない(*7)
普段なら見向きもされないアイドリングウェーブが輝いて見える。なんだこのスペル。きめぇ。
今回の麻絹ギミックは凶兆と錯覚、一応密化もギミックとして働いてる。
錯覚に関しては不要かとも思ったが、保険の意味で投入しておいた。
凶兆は人形の自爆コンボの合わせと思わせて、実は単純な打点+1としても使用する。
もちろん連発すれば効果が高いのは実証済み。
密化、錯覚、凶兆で相手の計算をばんばん狂わせよう。
泣き所はやはり命中。ルナが来るまではなんだかんだで厳しい。
現世には別にルナウェーブやら鬼縛りやらあるのでさほどは気にしなくていい。
むしろ危険なのはハートブレイク回避によるデッキの磨耗であって、こっちの方が数十倍怖い。
しかしながら回避を突っ込むスペースは無かった為に諦めた次第。
ロケットを抜けばと思うかもしれないが、ロケットは初ターンに天岩戸が稼動すると呪力が2になり、
そこで一旦攻撃が止まり攻守が入れ替わってしまうからで、これは外すわけにはいかない。
元々体力に物言わせているのである程度はゴリ押しでいく。
実際動かしてみたがわりと動きは悪くない。




今回の泣き言:ギミックが扱えればそこそこ


いやいや前回に比べれば格段の出来じゃないかな、これ。
前回がひどかったんだよな・・・前回が('A`;
やっぱり俺の力量では捌ききれるものと捌ききれないものがあるなぁ。
これくらいのが続くとわりと楽だなと自分で思いますね(*8)

んで、ひとまず第3幕までのものは終了となりまして、
以後は第4幕対応という形でやっていきたいと思っちょります。
元々、この企画に際しては、とりあえず考えてみようというのがありました。
頭ごなしの否定や、中途半端な理解ではなく、全ポテンシャルを持ちきり、
全てをわかって、それでなお否定してみて欲しかった、という思いがありました。
推理、考察する事は独特の高揚感に似ています。
言わば、自分はここまでの事を考えたのだ、これならばどうだと切磋琢磨し、
それにより達成されたある種の形が現存するという点に関しては、
他のものよりも判断しやすく、またその結論をも実証が容易で、かつ終わりが無いという、
永遠輪廻を辿っているようにも思えます。
これは真相に至るまでにあれこれ考える楽しさや、真相に至ることができたという喜びを、
1つのプロセスとして導き出すツールの1つと考えています。
考えない事はできます。ですが、考えない事と、考えてなおそれを使用しないのはまた別です。
考える事、予測する事は、先の見えぬ道に懐中電灯で道を照らす事に似ています。
なくても通る事は可能かもしれません。ですが、あればもっと的確にいけます。
運という部分を前面に押し出したプレイヤーもいます。その存在も強さも否定しません。
ですが、ある人も言ったように才能に理論を加える事でさらなる高みに上る事は可能です。
そして才能がなくても、理詰めと戦い方1つでトッププレイヤーに肉迫していく事もできます。
決して、諦めないでいただきたい。どんなに無謀であろうとそれをやる価値はあるのだと。



んではまた次回にお会いしましょう。


*1
半分男、半分女。某ゲームでは序盤の資金稼ぎに使われる非常に大切な役回り。

*2
ラスボスの定石。とりあえず世界滅ぼしとくか!

*3
まずは余裕のアリスいじめからスタートで。

*4
キム。

*5
今まで注目されてなかった人物が急に脚光を浴びると死亡フラグ。
例えて言うなら、飛田博士。

*6
いよぉし、のってきたぜぇぇえええええ→(3秒後)→す、すまねぇ一時退却する・・・!
( ´・ω・`) おまえらそれでいいのか

*7
超攻撃的チーム同士が戦えば遅かれ早かれこうなる・・・か。

*8
                  ノー!!それはダメです!!
         ∧,,_∧     自分の努力と腕でデッキを作れる人間にならないと!
        ⊂(´・ω・)つ-、  涙のしょっぱい味つけでパンを食った人間でなければ
      ///   /_/:::::/  本当の人生に対するファイトはわきません!
      |:::|/⊂ヽノ|:::| /」  lヽ,,lヽ lヽ,,lヽ lヽ,,lヽ
    / ̄ ̄旦 ̄ ̄ ̄/| (    )(    )(    )
  /______/ | | と.、   iと.、   iと.、   i
  | |-----------|      しーJ  しーJ しーJ

[READ MORE...]
麻絹のでっきづくりのおじかん その6
どうも。先々週~今週まで宴って何?状態だった麻絹です。

新カードの情報がちまちまと出てきてるみたいですね。
つい先日確認したばかりです。そんな中飛んできた要望がこちら。

「今のとこ出てる新規カードについて。できるだけお茶目に。」

など前半ともかく、後半の暴走ぶりをどう対処したものかと悩んでます。
まぁとりあえず今回の追記で書きます(*1)


そういえば、あの超運ゲーもそろそろ挿絵を入れるべきか(*2)
判別しにくいもんなぁ。でも元データ飛んじゃってるから一からやんないといけんし。
暇見てパレス坊やにでもラフスケッチがてら書いてもらう事にします。


あと近況。ツバメが巣立ちました。めっちゃかわいい。
うちの周りを毎日ピーピー飛んでます。
糞害がなくなってなにより・・・と思ってたら今度は蜂。
ドロ蜂やらスズメ蜂やらわんちゃか出てくる始末。
おかげさまで洗濯干すのに片手にハチコロリを携えて、
どこぞの隠密機動(*3)の如く迅速に行動してます。



さて始めよう。この狂気に彩られた戦慄の戦場へ。


今回なんですが、前回の記述どおり、新たな挑戦状を処理します。



アリス
美鈴
虹川(虹川は誰でもいい)
フラン
リーダー指定なし



どうやればいいのか検討もつかない('A`)
ロッククライミングするにもまずは掴む為のとっかかりはいるんだぞぅ




――麻絹を、始めます



まずリーダー部から考える。
アリス、中国、虹川、フランだぜ、どーすんだよこれw
アリスをトップに据えれば、上海での回避は可能っちゃ可能だが、現実性に乏しい。
時々アリス1トップに据えての上海3そろえて空巫女とか言ってるデッキがあるようだが、
そんな博打は打てない。人形生成入ってても上海なかなかそろわないのに。
となると、アリスは切り捨て。虹川は楽器次第だが・・・これも現実性に乏しい。
やってることは変わらない。となるとカット。
中国、フラン・・・。短期決戦に持ち込むかどうかだな・・・。
この2種はとりあえず保留。考えれば考えるほど中国Lしか無理そうだが・・・。

スペル部を考える。
まずは余裕のアリス放棄からスタート。なんか前回からこればっか言ってるな(*4)
最低限動けるスペルを模索。
しかしとことんまでレベル1で動ける構成を削られた形なので、ある程度の妥協は必要になるか。
クランベリー、フォーカード、カゴメ、レヴァ、風鈴、華光、ノイズorメランコリー。
うっへぇ・・・('A`; 当たる気が微塵もしない。とりあえず自爆人形入れないとダメだな。
リリーホワイトもこりゃ1積みで終わりそうにない。最終トータルで見ると命中も火力も足りない。
どうやってテコ入れしたものか・・・。
いっそ、攻撃は3種に任せてしまうか。かなり厳しい部分ではあるがやむを得まい。
クランベリーは初手スタートであればワンパンくらいは取ってくるので3。
レヴァは唯一まともな打点(だけだけど)なので確保で3。
華光も相手によってはそのまま頑張れるはずだ。3。
問題はこっから、フォーカードは3必須。保険にカゴメ1。風鈴を2にして芳華も投入。打点足りん。
最後の詰めに自爆人形を3つっこんで、リリーは2ってとこだろう。さすがに自爆スペル6枚は無理だ。
ノイズとメランコリーは通常弾はフォーカードで補えるのでノイズ選択。低速1が地味にいやらしい。
スペル総数25枚。いやはや、にんともかんとも。にんにん(*5)

イベント・サポートを考える
まずはお決まりのアリスカット(*6)からスタート。
ちゅうか、命中補強しないと始まらない。主力がレヴァと華光なのでピンポを積もう。3。
黄震もいるな2。火力も足りない紅砲3。歩も2ほど積んでおこう。
試運転したら紅砲よりも黄震が来てない事に絶望した。3にして紅を2。
幽閉や無差別破壊する必要性は高いが、枠が確保できない。
この不安定な力場でこれ以上削るわけにはいかない。のでカット。
あとはギミックとして、そして逆転の1手として根性避けを1。
あくまでこのパターンは攻めの呪力効率化ではなく、ライフ維持の布石として使うように。
ただし、後半になると命中率の関係で手札で腐るので使うタイミングには最新の注意を。
パターンや悪戯も考えたが、悪戯はされるほど逼迫した状態に相手がなり難いというのと、
パターンだと後半に素で命中が高いの出されると、単純に追いつかなくなるという部分を考慮。

シーンを考える。
まずはお約束のアリス削除スタート。
単純に命中不足。紅魔とかなんとかいってる場合じゃない。ルナを投入。
ルナ2、萃集2でとりあえず様子見したらルナ引けなかった。3に変更。
萃集を1にキャストオフ。俺、このシリーズ始まってからルナ入れまくりだな('A`;



以下、こうなった。


中国1(L)
アリス1
フラン1
メルラン1

ピンポイント*3
Lunatic*3
リリーホワイト*2
根性避け*1
萃集*1
魔符「アーティフルサクリファイス」*3
禁忌「クランベリートラップ」*3
禁忌「フォーオブアカインド」*3
禁忌「カゴメカゴメ」*1
禁忌「レーヴァテイン」*3
彩符「彩光風鈴」*2
光符「華光玉」*3
華符「芳華絢爛」*2
紅砲*2
螺光歩*2
黄震脚*3
騒符「ソウルノイズフロー」*3



まぁこんな感じか。


解説
回避が微妙に低速1高速1でいやらしい動きをするようにした。
しかしながら回避はとっくに捨て去っているので相手にそれを悟られないように。
ともかく主力3枚(うち1枚は脅しにしかならないが)がくるまでは劣勢確定。
状況にもよるが足、歩つけたフォーカードはかなりの安定性を誇る。ぜひともこれで序盤の守りを。
ともかくルナが来るまで待機していたいが、あんまり待機すると相手にバレる。
ある程度で見切り発車が必要。その場合はピンポを主軸に惜しみなく使っていく。
呪力は余ってくる事はまずありえないが、もし余ってきたらお決まりの中国バリア。
徹底的に命中不足の上に、火力がまるでないので類稀なボードコントロールを要求される。
試運転した時に対戦者から「な、なんですかこれ」とか言われたりしました。
うん・・・。ホントなんだろうね・・・これ・・・。



今回の泣き言:相手も苦笑い


これは・・・もうデッキじゃない・・・。
今回のは歴代1番下のデッキかもしれない。ひどい出来だわ・・・。
いや、逆に考えるんだジョニー。このデッキを扱えるようになれば神にも等しいんじゃ?(*7)
いやホントさーせん。これはさすがに厳しい。


んではまた次回にお会いしましょう。


*1
以後に出たら・・・まぁその時は適当に考えます。
もっかい出た段階で追記に書くかとか。

*2
どうでもいいけど、俺最近アークデーモンとグレーターデーモン引く確率高くね?
そのうちに初期グレーター+アークで開始直後に消滅しそうな気がする。
それなんて約束の地リヴィエラ。

*3
蜂の名前のついてる人が隊長やってるとこ。
ドラゴンボール現象(*8)が一番ひどい漫画。
多分下の説明のがわかり易い。

*4
どんだけアリス絡み組みにくいんだっちゅう話だよ。

*5
途中でハットリ君と入れ替わったでござるよ。おろー。

*6
今日はどのようなカットにしたしましょうか。
アリスカットで。
え!?お客さん正気ですか!?

*7
11月26日・・・? 5枚・・・? なんのことです?(*9)

*8
あいつ強ぇ→でも俺はもっと強い→バカめ本気なんて出してない→俺も出してないもんね
→ひらめいて新技出すよ→元に戻れなくなるけどリミット外すよ→命燃やして限界こえるよ
→そんなの小細工→使うと死んじゃう力使うよ→なにそれなめてんの?→限界を越えた力
→俺の真の力を見せてやる→負けられないんだぁー→どーん

*9
神ィ

[READ MORE...]