このカードを使ってみよう! 第23回

C「今日も一日お疲れ様です。バケバケの皆さん」
B「そんなあなた達に送る」
CB「Poor Sentence Di@ry Radio!!」

B「はーい、駄文日記Bこと影絵の猫です」
C「はーい、ジューシーポーリーイェーイ! 駄文日記Cこと悠Pです」
B「いや、しかし唐突に始まりましたこの番組。明らかに何も考えません」
C「じゃ、リクエストも尽きたところなので、今回はふぅ姐さんから引いてもらったカード、蒐集で!」
B「じゃ、以下スペック!」

C「その前に、この字が読めない可能性もあるので、ふりがなをふっておきます」
B「まあボケも思いつかないので、普通に"しゅうしゅう"で」
     
カード名:蒐集(種別:イベントカード)
呪力3。使用条件魔理沙1。
タイミング:充填

追加代償(使用):準備状態のスペル1枚を手札に戻す。

自分のデッキの上から3枚見て、その中から1枚を選んで相手に見せてから手札に加える。残りの2枚を捨て札置き場に置く。


C「とりあえず、魔理沙デッキには入ってこないな」
B「というか、特殊なデッキじゃないと入れる気もしないと思うけど……落ちることそれ自体をメリットに使えるような」
C「じゃちょっと姐さんにも聞いてみるか。このカード使えますかって」


C「どうやら結論が出たようです。No」
B「そうですよねー(笑」
C「見れば見るほどこの能力は遊戯王の某カードだよな(注1」
B「某カードは代償無いけどね」
C「うーんやっぱこれもデメリット多いなあ。デメリットが多すぎてサーチ形カードの中では底辺に居るな、というか他のカードで優秀すぎな奴が多いからな(注2」
B「まあ、従者とか主とかに比べたらなあ……」
C「それになー、使用条件魔理沙っていうのが問題だな」
B「まあ、魔理沙主体デッキだと、この呪力分殴れよって話に……」
C「今の魔理沙は、初手の手札でほとんど決まるからな。正直な話蒐集なんか入る余地ねぇだろ。というか、これ使ってる時点で負け確定だろ」
B「まぁどれだけ手札悪いんだよっていう状態ではあるな」
C「というか魔理沙の初手で少なくとも魔力結晶入ってりゃ、戦えるからな。あとは高速詠唱、マスタースパークOrドラゴンメテオがあれば完璧だな」
B「まあ撲殺確定フラグだよな、それは……」
C「というかそれが黄金パターン。ベタだけどな」
B「ウィニー仕様だしその辺は仕方ないんじゃないかなあ。速さが足りないと兄貴に怒られるよ」
C「少なくとも追加代償さえなけりゃなぁ。まあ能力自体もそんなにいいとは言えないけど」
B「遊戯王みたいに墓地からあんまり引っ張ってこれないからね。死者蘇生も早すぎた埋葬もないし」
C「じゃ、今回もまとめ行ってみようか。辛いけど」


 メリット。低コストでサーチできる。レベル制限が低いこと。そしてどんなカードでも手札に入れられる(スペル・サポート・イベント関係なく)ため、その場に応じて手に入れられるカードを変えられる。ひらふみさんルールで、かなり強い(笑
 デメリット。今回も行くよぉー。
 まず、レベル制限が魔理沙であると言うこと。そして追加代償。準備状態のスペル1枚を手札に戻す(呪力がものを言うこのゲームで、少なくとも1ターン呪力配置の機会を無にする為、手札にスペルが1枚も無いなどの状況以外は使い道が無いと思われます)。またその追加代償上、速攻には向いてません(速攻が売りである魔理沙には不釣合い)。
 そしてその能力。3枚見て1枚引けるのは確かに大きなメリット。だが、その後が頂けない。残り2枚を捨て札置き場に置く。つまりは何が入っているかわからない(その場に適応したカードがあるかわからない)のも、チューターとしての能力が低い。
 まとめ。
 まず、魔理沙デッキとは合わない。理由としては速攻が売りである魔理沙にとって準備状態のスペルを1枚手札に戻すとなると、呪力的にも苦しくなるし、一番の特徴を殺してしまうことになるので、明らかに不釣合い。
 また、上と同じ理由になるが、このカード自体が速攻に向かないのである。どうしても序盤でスペルを手札に戻すとなると、呪力問題(というかこのカードを使うぐらいなら魔力結晶・高速詠唱などに回した方が断然ありえる)がでてきてしまうため、序盤では遣いにくいのがこのカードである。
それと同じぐらいにきついのが、3枚引いて2枚を捨てると言うこと。このカードゲームは基本的に墓地からリサイクルするカードが少ないので(記憶している限りでは4枚。そのうち実に3枚がレベル制限あり(注3 )基本的には捨てっぱなしになるので、3枚のうち同カードが2枚以上あった場合、目も当てられない状態になるため、ギャンブル性が高い割には効果が安定しないのがこのカードの実情。これを魔理沙1入れて使うぐらいなら、輝夜1を入れて5つの難題を使った方がまだ安定する。と、ここまで使えなさをアピールしてきたわけですが、あくまでも魔理沙デッキのため、他の場合だと使い道が見えてきますが。他の使い道でも多少使えるかなと言う程度ですのであてにしないように。
 まずアリスと組んだ場合。アリス3の魔理沙1もしくは2:2のデッキ。これで利点はと言うと、人形を引くことができ、また3枚のうち人形が2枚以上入っていたとして、捨ててしまっても人形修繕があるので寧ろデメリットがメリットになる。普通に人形生成を使うよりも早く人形がそろえられることもある。
 次に、咲夜3の魔理沙1のナイフ回収。これにより実質呪力はかかりますが3枚のうち1枚ではなく、3枚のうち2枚取ることが可能です。そして墓地に落ちていると言うことは、ナイフ回収で好きな時にもってこれる可能性でもあるということです。

 結論。チューターとしては底辺。ただし、一番下ではない。恐らく一番下は錬金術だ。(注4


C「さて。いかがでしたでしょうか、久しぶりの更新。では今回採用されましたふぅ姐さんには、100マグゲイツポイント差し上げます」
B「そんなわけでこのコーナーでは、引き続きカードのリクエストを募集しています。見事採用された方には、100マグゲイツポイント(注5)を差し上げます」
C「今回のカードも、讃えることができねえなぁ」
B「そう考えると讃えられるカードって貴重だよな」
C「それでは今回のPoor Sentence Di@ry Radio!! いかがだったでしょうか。このラジオでは、こんなコンテンツが皆さんをお待ちしています。どんどんお葉書・メールなどを送ってください」
B「いや、つーか文字媒体なのにラジオとはよく言ったもんだ……」
C「いや、これから流行る。ブログラジオ」
B「……いや、普通にブログの管理者がネットラジオすればいいんじゃねぇの?」
C「ネット環境つながっていない人間が何を言いますか。あっ、猫がやるってことですか。では私は及ばずながら新コーナーのコンテンツを考えさせていただきます。まず一つ目。猫・それが愛の形。(自分の溢れる愛を猫さんに語ってコメントを貰おうコーナー)。二つ目。猫さん、おいどん、アンタのことが…(君の熱い思いを猫にぶつけるんだ、のコーナー)」
B「去ね」


注1 言うまでも無く天使の施し。能力もまんまと思えば、天使の施しは捨てるカードを手札からも選べれるし、カードを相手に見せなくてもいいとか明らかに、使える(笑)

注2 従者・幽明求聞持聡明の法・直感・主など。

注3 昔のことは気にせず・ナイフ回収・人形修繕・不生不死の姫君たちのこと。

注4 だって追加代償準備状態のスペル1枚を墓地に送るだよ。

注5 1MGP=1.5円。




いかだぶん。
C「さて、砂糖細工さんからリクエストのあった、ひらふみさんルールによる交流会についてです。で、何について語ればいいんだよこれ」
B「だからひらふみさんルールによる交流会について? いや、許可さえ出れば実際やるんだし、その話でいいんじゃないの?」
C「まぁ詳しいことはまだ決めてないけど。一周年記念の交流会のところに描いたとおり、ひらふみさんルールでやろうとは思ってるよ。許可が出ればだけど」
B「とりあえずひらふみさん本人からの許可は貰ったよ!」
C「この場を借りまして、ひらふみさんにはありがとうございましたと」
B「お早いお返事、ありがとうございました」
C「後は雛札さんからの許可が出れば、いつでもやれるよ。まあ現状はやるってことだけ決めてあるだけだから、ルールは決めてないけどね。一応許可貰ってからじゃないと動けないから」
B「まあ、許可さえ出ればその辺は問題ないでしょ。しかしルールはどうしようねえ。アンケでも取る?」
C「まあ大体は考えてある。一応BLSNOWさんたちとやったルールになる」
B「なるほど」
C「じゃ、とりあえず漠然とだけど意図的にしか聞かれなかったので、こんな感じだったのでしょうがどうでしょうか」
B「こんなん違うと思ったら、もう少し詳しく意図を教えてください(笑」
C「とりあえず、やる」
B「ま、許可次第だからわかんないけどね……」


C「さて、次の話題ですが。あなたはウチのブログの左上のコメントが、たまに変わっているのにお気づきでしょうか。そして、昨日、また変わったことにお気づきでしょうか」
B「その際に、リンクが増えたことにもお気づきでしょうか。というかまあ、今見れば一目瞭然ですが(笑」
C「さて、今回はそのリンク先の紹介をさせていただきたいと思います。その名も"M×M Factory"さんになります」
B「水無月あくあさんという方が運営されている東方サイトですね」
C「水無月あくあさん自体も同人誌を何冊も出しておられるので、知っておられる方も居るかもしれませんが、中でも一番オススメしたいのが……デュエルファイター鈴です!」
B「MtG好きにはたまらん内容ですよ、これは」
C「まあタイトルでお気づきの方も居るかもしれませんが、昔、某ぎゃざとか言う雑誌に連載されていた、デュエルファイター刃のパクリです(笑」
B「まあオマージュとかインスパイアとか、最近は色々言い方ありますね(笑」
C「まあ簡単に内容を言うと、東方キャラがマジックをするお話です。ほんとに内容自体がデュエルファイター刃みたいで、話が進みながらもゲームの説明をするみたいな感じでマジックやったことない人にもカードの説明とかが描いてあるので充分に楽しめますが、マジックやってる人だとさらに楽しめます」
B「駄文日記…というかアリスデトグランサー一同はこれにおお嵌りしまして。ついにこちらの方から連絡を取らせていただいた、と言うわけです」
C「特に2巻目のP28の『脅迫』の説明文"1ターン目に使われるととりあえずワンパン見舞いたくなるぐらいウザかった"が大いに流行り、幻想ノ宴中にも、拝借などが出た瞬間などに"とりあえずワンパン見舞いたくなる"という発言が流行りました(笑」
B「というか今でも普通に使ってるよな、俺ら(笑」
C「というわけで、駄文日記メンバーの中にはM×M Factoryさんのシンパがかなり居ます」
B「そのほかにもセンス溢れるカードの説明文があり、刃の翼のロリックスの"6マナ6点火力と見ても十二分に強い。なんだこれ"も流行ってました」
C「これもあれだよね。魔力結晶とか出た時に、"なんだこれ"とか出たよね」
B「いやあ、ほんと流行ってるなぁ、デュエルファイター鈴(笑」
C「ほんとは師匠から流行ったんだけどね」
B「朝絹さんならきっとこれに即レスしてくれるよ」
C「とりあえずこの本の魅力についてなら、いくらでも語れるね! たとえばデュエルファイター鈴とか言いつつ美鈴2巻と3巻全然出てこなかったり(現在3巻まで刊行中)するのに、水無月あくあさんが好きなルーミアは全巻に渡って出てたり、後はマジックのユニットがそれらしいキャラに変換されてたり(あなたは何人判るかな?)」
B「いやあ、語りだすと止まらんよねえ」
C「ああ、俺が東方で買っている同人誌の二つのうちの一つだからな」
B「まあそもそも、お前東方やってないしなぁ。それで買ってるだけでも僥倖か」
C「んでな、昨日水無月あくあさんのところにメール送った時の水無月あくあさんの心温まる返答、ほんとうにありがとうございました。受け取った私たち二人、モニターの前で狂喜乱舞してました。相互リンクまでしていただき……」
悠子「べっ、別にうれしくなんかないんだからねっ!」
B「とまあ思わずチェンジするぐらいテンション上がってたんですよ、ほんと。あの時の盛り上がりと言ったら無かったですよ」
C「水無月あくあさんがここを見ていらっしゃるかは判りませんが、これからも応援していますので頑張ってください。そしてできる事ならばフランドールのキーカードに世界薙ぎの剣でレーヴァティンというのはどうでしょう?」
B「いや、お前使ってたからってそれはどーなんだ(笑」
C「お前世界薙ぐんだぞ!? ダークスティールの巨像がガーゴイルで殴ったらそれはそれは楽しいことになるんだぞ!? 相手の場、自分の場、全て消し去った中に、剣とダークスティールのみ……」
B「ある意味実に妹様らしいのは確かだよなあ」
C「というわけで、興味をもたれた方はリンク先へ飛んで見ましょう。そして、買え。貴様ら買え。全力で買え(笑」
B「なんだ、今更オレンジ? ま、それはさておきお礼でも」

BC「水無月あくあさん、最後になりましたが、相互リンクありがとうございましたー」
スポンサーサイト

コメント

元々さまよってたら見つけたんだよね。
某同人ネットショップで。それも2巻だけ。
そっからここまでいったんだから運命だったんでしょう。

俺、てっきり合同勝利はクロウマト+集団監禁+世界の荒廃でやると思ってたんだよね。
マルチが出てきてビクーリ。

そして蒐集は天使の施しと地味な部分でちと違う。
天使の施しは2枚捨てる際に引いたカードからだけじゃなく手札からも捨てていい。
あと、公開しなくてもいい。
この2点。特に前者は手札で腐ったカードを有効に使え、
また狙ったカードを墓地に落とせる部分で優秀なのです。
納墓とか出ないですかね。

錬金術は構築次第ではなかなか有用ですよ。
シルバーバレットできるのもそうですし、直接場に出せるのがかなりいいです。
良く使われるのが貧血ですが、メイド隊、半幽霊も相性いいです。
元々パチェは呪力が余る方ではないので、最後の詰めに使う為と思えばそこまで悪くないと思います。

逆に一番(能力がではなく)弱いのは主じゃないですかね。中途半端にレベル制限がきつくてほかのデッキで使えないくせに、本人は他のイベントが豊富とか・・・

あれ、刃の翼タロックスじゃなかったっけ?
5マナ16点火力の

昨日、ふっとんだ

師匠)

四冊目が楽しみだねぇ 
ある意味、駄文日記が始まったことも運命(笑)

天使の施しの能力書くの忘れてたから追加しました。ありあと 


案山子様)
私の意見ですが
最後の詰めなら魔導書でいいじゃないですか?

まずパチェ自体が速攻にむいてないので、喘息をはるとしても終盤は意味が無くなる。となると貼るのはメイド隊等だとどうしても 魔導書の方となるし(その分デッキの枠が空く)

序盤に張ろうとも、パチェが呪力要るのは周知の事実。(L能力で使ったり)
それなのにスペル一枚すてろとか呪力3もはらわすってあんまりメリット無いんですよね(余裕が無いとも言う。まぁ、パチェがエラッタ適用されたので今はこの限りではない)

あとは主の方ですが、主は強いと思いますよ。
単純にスペル>サポート

ただ、瀟洒な従者が強すぎ(笑)なのと、余りレミリア単騎の旨味が無いから、使われない。

特に瀟洒な従者は1ターンに二枚のスペルを出せるのが強いし、レミリアが咲夜と相性良すぎるだけで。(笑 

序盤だろうが、終盤だろうが使えるカードは優秀だと思います。


でもね、自分の使いたいのを使うのが一番だと。

プラントが

砂糖細工様)

刄の翼ロリックス

6マナ6/5飛行・速攻という、何だか滅茶苦茶なスペックを持つ赤の伝説のドラゴン・クリーチャー。
赤マナを3つ必要とするが、赤の単色デッキならなんら関係が無い。

 6マナ6点火力と見ても、十二分に強い。何だこれ。

以上デュエルファイター鈴3巻 P20ページからの引用 (笑)

タロックスは

未来予知のタイムシフトカードで違うカードですよ、と。ロリックスのインスパイヤ、といえばいいのかな?壮大持ってるのはみんなそんな感じだったかと。
ちなみに修正分は効果使った時点でのパワーを参照するので3回つかったら5マナ、パワー32の飛行、速攻ですよ、と。これで何度か負けてるw

自分としては主はどこまで強いのか、とか思いますがね。呪力のたまるスピードが上がる従者の方が強いのはおいといて、主でサーチしてもセットできる枚数は変わらない。
また、レミィも魔理沙に比べれば遅いとはいえ高速であることに変わりはなく、やはり呪力3は痛いのでは、と。
いくつかある主力を1枚も引けなかったらともかく、保険としても正直使ってる暇はないかなぁと。

G-07さん)

ブルータス、お前もか(笑
タロックス説明ありがとう。
紅魔館の主は、確かにブーストとしては見れないけど、自分のデッキからスペルカード1枚抜けるのが強いんだよね。レミリアのスペルじゃなくても。代償なしで。この時点で他のチューターより優秀。(前にも言ったけどスペル≠他のカード&瀟洒は咲夜のカードのみ)さらには、手札に入れられるのもキモ。(直接場に出せる方が強いけど、となると今度はとたんに使用制限がバランスのためきつくなる&それをやると従者みたいに壊れたカードになる)
次に、呪力についてですが、3が重いといっていたら何も使えなくなります。じゃあ何で錬金術は重いかって言ったかというと、呪力3も払って尚且つスペルが減るからです。あとこれは定義の問題になってくるのですが、主は保険としては私はみなしません。私に関して言うと、保険というのは問答無用などが該当すると思っていますので。主の場合、使用するか使用しないかは任意になってきますので、その分選択肢の幅が増える為です。

非公開コメント

プロフィール

悠P

Author:悠P

FC2カウンター

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索