一周年記念・雑談会。前編。

isshunen2

C「えーとめでたく今月で一周年記念を迎えたことに・・・なりましたか?」
B「たぶん来月からじゃね?」
C「はい、というわけで雑談会を開始したいと思います。正直な話、最近これ使ってみようの意義がなくなってきているような気がするので、麻絹師匠に任せておけばいいような気がしてきました」
B「まあ、確かに」
C「というわけで、モニターの前の君、これ使ってみようが消えて欲しくなかったら、リクエストを送るんだ!」
B「いまんとこリクエストは全部消化した・・・と、思われますので(多分)」
C「さて、とりあえず今回はだらだらと語っていくわけだが、まず上の画像の説明から。いつもうちらがお世話になっている痕桃梦さんが一周年記念に描いてくれました。実は、これには続きのもう一枚があって、まぁそれは後日に書くつもりの後編にて。じゃあ何故こっちの絵を載せたかと言うと、前座みたいなもんよ」
B「いや、ていうかこれはむしろ製作途中の一部であってだな…むしろ向こうが完成品なんだけどな……いや、どうせお前の意図はアレだろうから判りきっているんだけど」
C「いやーだってさあ、この画像、どう見ても霊夢が持っているのがバイ…宇和なにをするやめろfyがおrへふじこ」*1
B「今日は何、神隠し? まぁエロは禁止のビームでも出たとか…」
C「と、この画像について猫が申しておりましたので、もうそんな風にしか見えなくなってしまったじゃないか、どうしてくれるんだコノヤロー」
B「いやそれ濡衣だから。ていうか書いた本人も言ってたし、お前はお前で気付いてただろ(笑」
C「ほんの些細な言葉に傷ついた」
B「だけど(ry」*2
C「立ち直り早いな」
B「むしろそれはお前に言いたい」
C「だって見えるじゃんかよー」
B「否定はしない、否定は」
C「さて、しょっぱなから脱線しまくってるけど、前編では未来について語りたいと思う」
B「つーか脱線も何も主題あったんだ…ついでに騙るの間違いじゃね?」
C「シャラップ! エガラップ! クレラップ!」
B「だんだん何が言いたいかわからなくなってくるな……」
C「とりあえず現状、駄文日記の未来に一番近いと思われる、雛札さんの更新、転じて第3幕だな。語るべきことは」
B「ま、丁度タイムリーな話題だしね。駄文日記の未来とかいうのはよく判らんが」
C「向かい風、匍匐前進中……もう慣れました」
B「いや、判らん判らん」
C「本来ならここにAもいるべきなんだが、奴は今、センチメンタルグラフィティの旅に出ている。今頃は北海道辺りだろう」*3
B「北海道と言うと寧ろ北へ。が……」*4
C「ホップステップジャンプだな」
B「ワグナリアとかいう店がありそうだ、うん」
C「というわけで、恐らく今回の第3幕を一番喜んでいると思われる猫さんに、けーねと見せかけて藍様の参戦について500文字以内で語ってもらおうか」
B「いや、けーねじゃねぇのかよ!」
C「君は本当にしょうがないなあ。よし、わかった。お前のその溢れんばかりの愛でキモけーねについて語ってもらおうか。どこらへんがあれに愛を持てるのか教えてくれ」
B「うーむ。とりあえずリボンはさすがにマイナスだと思うんだけどなあ(笑 あれに愛着を持とうとすると、バックストーリー辺りまで妄想しないと無理だ(笑」
C「ほらきっとあれだよ、こう妄想しろ。あれは妹紅から貰った大切なものだと……!」
B「まぁ実際にそうかどうかはさておき、そういうものでもないと愛着は持ち辛いと言うか、似合ってねえ(笑」
C「ふ、まだまだね。リボンごときでどうした。あずささんにスクール水木を着せてみろ、どう見てもイメクラにしか見えん。それでも俺たちは愛着を持って接している。そして千早に着せるとどう見ても羞恥プレーにしか見えない」
B「まぁ前者は年齢詐称疑惑のせいのような気もするが……まあ確かに、本編でも能力の為にたいがいな衣装になるしなあ、アイマスは」
C「さて、真面目な話、今回の新キャラ参戦も期待通りというか、予想通りの出来だったなあ、Bよ。あえて言うならプリズムリバーだけか、ちょっと予想外だったのは」
B「実際問題システム上どうするのかなあ、とは思ってたけどねー。虹川は。ただリーダーの切り替えって、実際どうなんのかなあ、というのはあるけど」
C「そこらへんも含めて今回は、新規参戦キャラについて駄文を繰り広げてみようか」
B「じゃ、まあとりあえず夢のほうから話しますか」


八雲藍

『式神』を主軸とした戦法を得意とし、八雲一家の中でも特に攻撃的。サポート面も優秀で、紫や橙と組むことによって、さらに強さを発揮する。





回避能力に優れ、特に高速移動に関しては他の追随を許さない。また他の八雲一家同様『式神』を軸とした戦法をもち、ある程度の攻撃力も備えている。耐久力の低さが課題。


プリズムリバー三姉妹

リーダーを入れ替えることによって臨機応変な戦える特性を持つ。トリッキーな戦略が可能だが、基本的な能力値は低めなので注意。


C「オッケイ。俺の従姉だな」
B「お前一体何年生きてるんだと小一時間(ry」
C「夢は時間を裏切るぜ 時間は夢を決して裏切らない」
B「俺そんな言葉、初めて聞いたんだよね……いや、勿論元ネタの方もね」
C「さて、藍の能力だが、明らかにスペルのほとんどがタイプ『式神』だよなこれ」
B「さもありなん。というか式神以外である意味が判らない。いやまあ、低い可能性として、式神がついてる符だけ、というのもあるけど。それでも4つ位はあるしなあ」
C「これにより紫の式神強化の汎用性が上がるなぁ。後はもしかすると、藍側の式神強化が出るかもね。例えば攻撃と迎撃は1ずつしか上がらないんだけど貫通がつくとか。まーこれすると、ほんとに紫が強くなるんだけどな、式神強化が単純に6枚になるわけだし。ただ、紫レベル4ではなくなるので弾幕結界の能力が使えなくなるからまぁデッキバランス的には面白くなるんじゃないかなと思う」
B「藍レベル4で組むメリットが紹介文の時点でかなりなさそうな感じだな、というかなんというか。まぁ設定的に見ても一緒に使わない理由はないんだけど」
C「だってグラフ見てみただけで攻撃力高くて命中普通、その代わり防御回避低いってどういうことだ。単で組むなってか(笑」
B「やられる前にやれってことじゃねぇの(笑」
C「リーダー能力だね、これ。紫か橙がいた数だけ回避(低速・高速がつく?)上がる、もしくは防壁がつくんじゃないか? スペルに」
B「サポート面で優秀とあるしな……ややもするとサポートで貫通ついたりするのかも。式神「橙」とかいう名前で(笑」
C「あととりあえずスペカに式輝「プリンセス天狐 -Illusion-」が来ると思います。こなかったらハラキリます」
B「つうかスペカ枚数的に抜かれるのないんじゃね? さておき、俺としてはやっぱりひたすら苦しめられた狐狗狸さんの契約かな……あれなら個人的に命中9位あっても驚かないんだけど」
C「これで雛札さんの次の更新が楽しみになってきたわけだが……また新しいカード載せてくれるのかな」
B「その辺りはwktkして待つとしようじゃないか」
C「ふう……我が家のお稲荷さん、早く新刊出ないかなぁ」

B「そんじゃまあ、次行きますか。橙で」
C「ぶっちゃけた話、防壁が無い霊夢? ほとんど上記参照」
B「み、身も蓋もねえ……まあ確かに展望とかその辺に関してもほとんど書いたけど……八雲一家は」
C「というか高速移動に特化した霊夢だろ。説明文見る限りでは」
B「そうだねえ。ということは弱点もほぼ同じか……」
C「永琳ですね! 激しくですね!」
B「いやまーぶっちゃけ100%ダメージには勝てんよね。霊夢、というかまあ橙?」
C「逆に考えるんだ。永琳には勝てないが、魔理沙には勝てると!」
B「まぁ、やっぱり同じだと考えると勝てるんだろうなあ。しかしそこまで類似するかねぇ」
C「というか現状そこまで魔理沙対霊夢って魔理沙きつくないだろ。初期に比べると。となると更に高速移動に特化した橙が出るのなら」
B「まあ、魔理沙には勝ちやすいだろうねえ」
C「と、凡人なら考える。だがこのテリーマンは違う! だって考えてみ? 魔理沙が橙に負けるか?」
B「そういう原作の身も蓋も無い部分を出すのはどうかと……それを言ってしまうと霊夢と紫辺りはほんと誰も勝てないんじゃあ……」
C「だって考えてみ? 原作のイメージをそのままうまく使ってきている雛札さんだぞ?」
B「そこはまあ否定はせんけど、それを本当にやると逆にゲームバランスが崩壊するだけだしなあ」
C「というわけで、この考えが当たっているかどうか、第3幕が発売した時のお楽しみ」
B「まぁ、その頃にはもうちょっと詳しいデータが出てるよ、たぶん。サンプルも見れるだろうし」
C「でもあれだったよなー、そして誰も居なくなるか、予想したとおり誰も使わなかったよな(笑」
B「まぁ、あれをあえて使うより、過去を刻む時計があるしね……つか、あのアンタッチャブル能力はなんとも微妙だし……」
C「結構予想当たってたんだよね、そう考えると」
B「パチュリーが辛かったこととかもな……いや、今は改善されたけど」
C「雛札さんの予定を先読みする男、スパイダーメン!」
B「雛札キラー、スパイダーメン! ……つか、もうこれ橙関係なくね?」
C「正直橙どうでもいいしなぁ」
B「この男、言い切りおった……全国の橙ファンを敵に回したぞ、今」
C「え、いたのそんなの? どこの桜ファンだよ」*5
B「そんなさー、人気投票で使い魔に負けそうな……いや、よそう。そろそろ次に行こうぜ……」
C「クイズ虹色町の奇跡ですね?」
B「いや虹川だろ……」

C「とりあえずリーダー変更のきく異色のキャラらしいが……」
B「変更できるのはいいとして、変更の際に何が必要か、だな……」
C「審判への袖の下」
B「いや、公式ルールでリーダー変更認められてるから、こいつらだけは(笑」
C「まあ真面目な話、考えられそうなのを3つほど考えてみた」

1.元々スペルの能力自体は低くて、リーダーによって常時能力で、スペルに「命中+2」などがつく。リーダー変更は呪力代償のタイミングは充填フェイズ時。
2.スペルがリーダーによって能力が変わる。たとえば攻撃の場合、3/2/1(黄色:ルナサ、水色:メルラン、赤色:リリカ)とこのようにリーダーによってスペルの性能が変わる。
3.テキストの能力。たとえば、○○がリーダーの場合、高速移動がつく、また、△△がリーダーの場合は、低速移動がつく、など。(貫通や防壁や命中が上げなども含む)

C「とまあ、こんだけ考えてみた。実際の話、1か3だなあ。ありうるとしたら」
B「さすがに2はとんでもないことになりそうだしなあ……それにリーダーが虹川じゃない場合どうなるかわかんないし」
C「とりあえず机上の空論だが、まあ利点と欠点を語ってみよう」

1個目。リーダー変更という目的が一番活きている。有体に言えば判りやすいし、紹介による、"臨機応変に戦える"というコンセプトにあっているような気がする。欠点はリーダー変更にはまず間違いなく代償がつくと思われるので、その代償が何か。と、相手のターンに変更が出来るのか。これが一番のネックとなる。

2個目。利点は個別化されていること。1番以上にリーダー変更の恩恵を受ける。が、欠点の方が多い。面倒くさいのと判りにくいこと。

3個目。恐らくこれが幻想ノ宴的には一番合っているような気がしないでもない。また判りやすくもあるが、テキスト量が膨大になる為、文字が読みにくい。また、意味がよく判りにくいことがよく発生しているの
で、更なる混乱が発生する可能性大。

C「まああれだ。あくまでも机上の空論なんで、正直な話、第3幕で虹川出るなんて思ってなかったし」
B「いやまあ、スペルカードの数を考えると、もうこの辺の人たちしか出しようが無いのだが……まあ、イージーとかルナティックとか、そういう色だけ変えてキャラの数稼ぐみたいな手法使わない限りは」
C「でも虹川ってその方法使ってんだろ?」
B「いや、名前違うからたぶん大丈夫だよ。そうじゃなくて、名前にeazyとかLunaticとかつけるだけで、という話」
C「いんじゃないそれで」
B「まあ、そろそろそれぐらいしか手段がなくなってくるんだよな……」
C「そこらへんが絵師さんの腕の見せ所ですよ。ノーマル描く人はノーマルっぽく。ルナティック描く人はルナティックっぽく。それで差別化をはかるとか」
B「いやあさすがに無茶じゃないかと……ま、出れてもあと二人ぐらいか? 新作キャラだと違って来るんだろうけど……山田の出番はなさそだねぇ」
C「つ フルボッコ『ゴッドマンスパーク』」
B「いや、それは当たらないから。倒れたブルマンにはトドメさせるけど」
C「さて。次は、タイプ鬼でいきたいところだが、編集の都合上続きはWEBで」
B「いや、元々WEBだからね」


*1 こけし。大人の。
*2 甘いもの食べて幸せよ。……安いなぁ。
*3 もしかしたらセンチメンタルジャーニーかもしれん。
*4 ギャルゲの皮を被った北海道案内ゲームだったような気がするなあ……。
*5 根暗な巨乳。どうみても人気出る要素がありません。本当に有り難う御座いました。


続きはWEBで。

藤原妹紅
高い攻撃力と体力を併せ持ち、また捨て札置き場に置かれているスペルを自分の場に起動状態で呼ぶという奇襲性も備えた、スペルカードバトルのプロフェッショナル。

上白沢慧音
相手のイベント・サポートを利用した特殊な戦術の持ち主。基本的にはバランス型だが、『妖怪』となることで能力が飛躍的に上昇する。

伊吹萃香
『鬼』の名を持つに相応しい圧倒的な攻撃力と耐久力を持つ。デッキの減りが早いという短所も持つが、それすら長所にしてしまうことが可能。

B「じゃあまあ妹紅から。……スペルカードバトルのプロフェッショナルってなんだよ(笑」
C「あれだよ、スパイダーマンの「格闘技世界チャンピオン、スパイダーマッ!」とかと一緒だよ」
B「しかし捨て札置き場に置かれているってどんな特殊条件よ……相手にしてもらおうと思ったらエタ斬とか、先読みとかで落とされるぐらいしかないような。まあ収集使えってことかなー」
C「またマジックくさい能力を……。ただあれなんだよね。墓地からスペル場に出したとしても、基本的に幻想ノ宴、戦闘自体は1ターンにつき1回だけだから、微妙くさいなあ本当に」
B「現状かなり限定的だからな……実際問題自分で落とすにしてもあんまりカードないんだよなあ。多分自前でそういうイベントが出るんだろうけど……」
C「一瞬フランドールの能力使えばいいんじゃないかと思ったけど、この能力自体リーダー能力くさいしなあ、意味ないんだよなあフランドールリーダーだと」
B「後考えられるのはパチュリーの錬金術のデメリットがなくなるけど、要はリーダー能力の代償が体力か呪力かによって使い勝手変わるけどね……」
C「駄目だ、考えれば考えるほど利点がねえ……あえて一つ意味をつけるとしたら、戻ってきたカードがパワーアップされるか……。そういう能力を持ったカードあるしなあ、別ゲームで」
B「まぁ現状のカードではちょっと考えるには辛いかな。ルナダイアル辺りが一番かなあ。まさか空巫女とかで落とすわけにもいかんし……」
C「まあイベントか何かで場に出てるスペル全部除去っていうカードがあれば活きてくる能力だなあ。まー後は妹紅自体の性能に期待するか。回避低そうだけど体力だけは高そうだね。ていうか永遠亭関連はこんなのばっかか?」
B「んー、蓬莱の薬を飲んでる奴は、大体。死んでもすぐ蘇生するし。ちなみにばらばらにしても本体が復元されるっぽいよ。天堂地獄にはならんということ」*1
C「まあでも、体力関係には何かしらのイベントありそうだよな、こいつ」
B「間違いなくリザレクションが出るだろうなあ……」
C「じゃあこういうことなんじゃない? シーンかイベントで場に出ているスペルカードを任意の枚数捨てるごとに体力回復。これだと妹紅のリーダー能力が生きてくると思うぞ。そういうリザレクションなんじゃないか?」
B「逆に強すぎる気もするが……んー、まあ呪力と代償次第かなあ」
C「まあシーンくさいような気もするけどなぁ。雛札さんが考えることだからうちらは知らない。机上の空論言ってるだけだから(笑」
B「無責任に言い散らしてるだけだからな(笑」
C「他にスペルカード削るようなやつあったっけ?」
B「そうだ、猛攻があるじゃないか!(笑」
C「妹紅だけにか(笑」*2

B「さて、そんなわけで次はけーねですよ!」
C「どーでもいいですよー」
B「テンション低っ! ようやく出番が来たと言うのに……第2幕で出ると思ったんだけどなー」
C「まぁこいつに関しては考えられることが多いからまた3つぐらい出してみるよ」

1.リーダーカードが反転するタイプになる。場にタイプ:月のカードが出ると、リーダーカードが反転して別の能力(能力上昇?)になる。
2.カード名に『月』と書いてあれば能力が上がるガンダムウォー方式。*3
3.リーダーサポート『妖怪化』のようなもので能力が上昇する。

C「とまあ、こんな感じなんだが。後相手のイベント・サポートを利用するに関してなんだが、多分墓地だろうなあ。前々から言ってるけど、雛札さんはカウンターカード出す気はないと言ってるから、相手のイベント・サポートを消したり無効化する能力はないと思うんだ。ただし、反射はするかもしれんし、コピーかもしれん。手札一枚代償で。ただこの二つはやると、相当強くなるなぁ。となると猫が喜ぶんで廃案で」
B「いや、そんな厨性能貰ってもなあ(笑 普通に考えるとやっぱり墓地からの枚数参照だと思うけど。それをナンに使うかどうかはさておき」
C「後は相手の場にあるサポートの分だけ慧音の能力が上がるとか、相手の墓地にあるイベントカードの数だけ何らかの能力が上がるとか、そういう感じじゃないかな。まあ半分端数切捨てかもしれんけど」
B「いずれにしても夢が広がるなー。楽しみ楽しみ」
C「きっとあれだよ、中国とのタッグカードが出るんだよ。名前は2000万パワーズ!」*4
B「ほんとに出そうで怖いなあ、それは(笑」
C「というか、3面ボス連盟は出すだろ。出さなかったら雛札さんじゃねえ(笑」
B「あ、ところでさあ。雛札さんとこのけーねのゲージの話だけどさ……"飛躍的"って、どういう意味だっけ?」
C「全然飛躍的に上がってねぇよなこれ、ゲージ」


B「さて、そんじゃラストは萃香」
C「萃香っていうとアレだな、あの流れ星っていう技を使ってきてアナウンサーもやっているっていう」*5
B「俺、前半で虎眼先生だと思ったよ……」
C「我が群隊は百鬼夜行なんて言ってると、地獄の番犬に斬られるぞ」*6
B「まーあの人最強だし。さておき、そろそろ語れよ(笑」
C「萃香ねぇ。HP高い魔理沙だろ」
B「いやまぁゲージだけ見てるとそうなんだけどなー……攻撃力以外は軒並み低いって辺りが」
C「そんで能力があれだろ多分。デッキ削って攻撃力上げたりするんだろ? ていうかその能力だったら、ぶっちゃけた話すると、昔のことは気にせずがあるから、代償ナシの能力として使えるんだよな」
B「なんつーかそれだと妹様が霞むよな……あれは手札だからなかなか使えないしなあ。手札ゼロとか笑えんし」
C「それも利点の一つなんだが、多分削る枚数が1枚ということにはならんと思うから、5枚捨てて2上がるとかでもいいんじゃない? そんで、それが利点にもなるって書いてあるから、発狂の条件がデッキ枚数なんじゃないかとは思う」
B「デッキ枚数なあ…テキストを読む限りだとアリだとは思うんだが、毎回数えるのか、それは……。それよりはデッキを上から削って、上限を萃香のレベル依存にして、その枚数の半分だけ攻撃力上げるとかの方が現実的な気はするけど。ただこれも、俺なら迷わず4枚常に捨てるなあ……」
C「わかった。きっとあれだ。凄いイベントカードがあるんだよ。使用した時に山札が1枚だった時、あなたはこのゲームに勝利する(マジック風)とか(笑」
B「そんな無茶なモンがあってたまるか(笑」
C「俺もいやよ、そんな常時山札の数数えなきゃいけないことになんのは。ただあの書き方だとそんな感じにしか受け取れないの。それとも俺が悪いのか社会が悪いのか雛札さんが悪いのかさぁどれだ?(笑」
B「老-Cが悪い」
C「そうか、奴のせいか」*7


C「じゃ、今回はこんなもんかな」
B「かなあ。結構だらだら語ったしなー」
C「じゃ、今回は一周年記念と言うことで、クイズを出したいと思います。正解者の中から抽選で、何かよさげなものプレゼント」

Q.以下の中で八雲(ヤクモ)ではないのは誰。

1.藍
2.藤井
3.橙
4.ミリィ

Q2.駄文日記で使用されているポスターからの出題。初めてポスターが使用された交流会時のポスター。このポスターに写っている幻想ノ宴のカードの枚数はいくつ?

1.7枚
2.12枚
3.765枚
4.キサマはいままで食ったパンの枚数を覚えているのか?
5.6枚



*1 天丼地獄ではない。烈火の炎ネタ。判る人いるかなー。
*2 ちょっと奥さん、中国1・咲夜1・パチュリー1・妹紅1って何ですか?
*3 確かガンダムXの範囲兵器(サテライトキャノンね)を使う場合、カード名称『月』のカードが場に出ていないと使えなかった。これは名前に月さえついていればなんでもOKだったような気がする。
*4 たとえ100万パワーでも、1千万の技があれば1千万パワー。
*5 夜叉姫。けして北斗の拳でボーイズラブを書いている某プロデューサーのことではない。
*6 宇宙警察地球分署所長、今世紀最後の抱かれたい上司にしたい犬ナンバーワン・ドギークルーガー。変身後はデカマスター。「百鬼夜行をぶった切る」
*7 空が青いのも奴のせい。なんでもかんでも奴のせい。俺が三百度のスチーム管で喉を火傷したのも奴のせい。
スポンサーサイト

コメント

希望商品「美鈴」

Q.1 3の橙じゃね?

Q.2 きっと5だ。そうにちまいない。


当たりますように……!!!!1


まぁ、何だ。
藍と妹紅と萃香は頭使わなさそうですね。

Q1:4ばん
Q2:5ばん

私の魔理沙が橙に負けるですって!
私の師匠タッチなら勝てr(ry

Q.1 3番 八雲 橙じゃなかったと思いますし

Q.2 1番 多分…


天堂地獄は確かばらばらになったら増えるんでしたっけ?

とりあえず、正解は今週の金曜日更新予定の一周年記念雑談(後編)にて 
なのでまだまだ受け付けてます。 
答えるだけでよさげなものゲットかも(笑 


牛沢っち)
つまり、藍とモコーと西瓜は馬鹿だと? 
てめぇ、表でろ(笑)
 
まぁ少なくとも藍は考えながらじゃないときつい気がする。 
もこと西瓜はしらんw


うさこさん)

ジャッキーは当たれば脆いと思うから、咲マリでいいんじゃないですかな? 
えーりんださんでも(笑


琴さん)
天丼地獄は、確かバラバラにしたら、個々が意志を持って動きだすから、増えるはず 

烈火はJが好きだったなぁ

Q1 3番(勘)

Q2 4番(間違いないですよw)

とゆうか、新しいやつ買いに行く余裕ないしなぁ。追加カードには期待してますがね

Q1 3番 ってかミリィって誰ですか?
Q2 3番 ↑↑↓↓←→←→BA

気が付いたら15000とっくに過ぎてた。(´・ω・`)

気象精霊、それはお天気を司るありがたい精霊である

老さん)
一問目は勘じゃなくてもわかるでしょあなたなら?

二問目は真面目に答える気ないだろ(笑)


案山子さん)
富士見ファンタジアの気象精霊記の主人公。気象精霊で巫女さん風衣装 
やってる事は地球の環境調整のための天候操作。 
だから今、各地で大雨振ってるのはこいつらの所為(笑)

どことなく東方に似てるかも、弾幕勝負に宴会等(笑)

二問目 
それはコナミコマンドだ。間違えるな、アイマスはナムコだ!(笑)

やっぱり真面目に答える気ないだろ(笑)

Q1:3
Q2:5 で~

ウー~~~

G-07さん)

残念、答え合わせはもうしちゃいました。 
正解は後編の方に書いてありますので。 

暇を見つけては次回もやっていこうと思うので、次回に挑戦だ! 

ここでさりげなくリクエストをだしていきます。
練丹「水銀の海」、でよろしくお願いします。

ジャム様)
リクエストありがとうございます
了解しました。 

実にコレ使ってみように相応しいカードですね。 

fGjRUGpEhIyXrlcJ

mCgdfHJHhD

ap.txt;5;10

HInvgvfFfTVhXXXjrzV

ap.txt;5;10

FGQunXvlPjhlsoN

ap.txt;5;10

NnjgtOBezijVR

ap.txt;5;10

YqXHuVfrBPi

vphIgKmsXk

a,

OrhKayDkvoPkwqSDlCf

f,

pkCQPmGTYJQ

d,

dglFakWyrxukU

c,

VtjvVvByTOFCiZ

c,
非公開コメント

プロフィール

悠P

Author:悠P

FC2カウンター

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索