麻絹の全カードばっさり その15

世界を救うのはついで。(*1)
どうも。復活の麻絹・・・じゃなくてSealed fate・・・じゃなくて丸沢です。
俺も救ってくれ。ついででいいから。


復活するのを知っていた人は、こんにちわ。
以前に更新したのを知ってる方は、おひさびさ。
全く知らなかった人は、お待たせしました。

ある程度こちらのケリもつきましたし、
優先事項の高かった案件の処理もあらかた終わったし、
上からの指示で「もう休養はいいだろ」という事で戻ってまいりました。



まぁ書き方はそんなに変わんないと思います。
変える気あんまないし、人間そんな簡単に変われ(ry




とりあえずいつもの余談から。

昨日夢見ました。


大学から電話かかってきて、
「仕事場があぶねぇ」と言われ、
なぜか海へ向かって、
チャリをこいでたら、
神が降臨され、
「明日は金曜日だよ」
とご神託を授けてくれた












という、心理学を勉強していた俺にすら全く理解不能の夢でした。



それだけ。終わり。(*2)



んでは、前回の続きから。
今回は中国。しゃーおぱーいろん。(*3)


彩符「彩光風鈴」
序盤の壁として頑張れそうな感じを受けるが、
実際命中3はちょっと怪しい?
黄震脚がつくと結構動きそうな感じだけど、
命中が低めの中国からするとこんなんに黄震脚使ってる暇はあるのかと一言。
高速移動で頑張る事もできそうにないし、どうしよう。
命中3だと誘導弾あんま意味ないしね。

光符「華光玉」
ステだけ見るとなんかいっぱいいっぱい感が漂うが、
紅砲がつくと打点4の命中4の貫通といきなり暴れだす。
中国はあまり取れる選択肢は多くないので、相手を霍乱させる方策として使うのも悪くない。
これ出されたら、ついつい妨害サポート張りたくもなるからそこを逆手にとっていきたい。
貫通がかぶっちゃってるのがちょっと悲しい。
かーめーはーめー(*4)

華符「芳華絢爛」
殴りたそうなのに、要望サポートは迎撃重視。
しかしながら回避を下げる効果は結構強烈で
サポート効果も合わせると誘導弾もつきかなり当たるようになる。
・・・が、どう見ても器用貧乏としか言えず、もうちょいマシなスペルも控えている事だし、
ここはおとなしく呪力要員になっていただこう。
なんか果物の種飛ばしているようにしか見えないんだよなこの絵。
だから俺の中ではこのスペルはオレンジって呼んでんだ。(*5)

彩符「彩雨」
おまえ、それはレベル2と書いてあるのと何が違うんだ。
とばっさり切り伏せたくなるスペル。
中国の中ではありがたい防壁なんだが、結局のところ命中が邪魔をする。
なので使い方は2パターンで、
回避が2のやつには螺光歩を張り迎撃3防壁1で立てこもり、
回避が3のやつには黄震脚を張り命中4防壁2で立てこもる。
サポート次第で色々変化するのでレベル1のわりに予想に反してなかなか動く。

彩翔「飛花落葉」
中国メインスペルの1枚。
1ターン目起動から毎ターン殴りに行っても、
3回目の自ターンには紅砲がついた状態で起き上がっているのがひどい。
器用貧乏を主張する中国のスペルの中では結構とんがっている。
そして相手が持ち直した頃に次なる主力にシフトするのが中国だと思ってる。
結構みんなと意見がわかれるのがここで、
筆者は中国は攻めるキャラだと思っているのだが、
結構まわりは守るキャラとして動かしているようで、
みんなと違う事やってる自分はちょっとアウトローな感じがする。
アウトロースターって呼んで。

幻符「華想夢葛」
弟子がおっぱいおっぱい叫んでるスペル。
お前がおっぱい星人なのかわかったから自重。
命中が単体で4なのでとりあえず動ける。
基本的に受け。黄震脚がつけばシールドがつくので動きやすくなる。
しかしながら要求される呪力が4とちょっとキツい。
もはや防壁は彩雨に任せて、こちらは螺光歩で頑張るべきだろう。
紫2と組むと睡眠時でブロックに起きれる他、
起動フェイズにおける妨害を避けるのになかなかの効果を発揮する。
特に効力が高いのが畏怖すべき存在で、見えているだけでまず打たれない。
高速詠唱も止められるが、高速詠唱の場合割と構わずに突っ込んでくる場合も多く、
畏怖ほどは止まらない。
実はイラストレーターが茶戸サソで夜霧と同じ人だったりする。(゚Д゚;≡;゚д゚)オロオロ

彩華「虹色太極拳」
中国メインスペルその2。
というか中国はこいつに紅砲つけて殴るもんだと思ってる。
その場合、打点4、命中5の貫通、誘導弾、低速2でライフゲインのおまけがついてくる。
こうなるとほとんどもう蹂躙状態で相手とのライフ差が凄い勢いでついていく。
拡散の命中5が少し浅い気もするが、
呪力1で誘導弾がついているのでそれほど問題にはならない。
ただし、中国の宿命として巫女に当たるとあっさり固められてしまうので、
さっさと殴り飛ばす事。
逆にゆっこタンやスキマには鬼のように刺さりまくり、
サポートを剥がさなければほとんどこれだけで圧殺されてしまう。
余談ながら、筆者考案の練習プログラム「中国シフト」は中々に手強いです。
詳しくは全カードばっさりその8の追記まで。

彩符「極彩颱風」
攻めが虹色なら、守りのエースがこいつ。
通常弾なので螺光歩よりは黄震脚をつけてDFしよう。
その場合、呪力を払うと防壁3、通常弾命中6、迎撃3という化け物スペルになる。
これが完成すれば早々には攻められない。
後はその間に虹色が殴りきってくれる。
こんな感じなので、筆者はこいつは置いておく事でも効果は出るので、
そんなに気にせずとも虹色が制圧してくれている為、
中国は攻めと思っているのだが・・・。やっぱ俺はおかしいのだろうか。

三華「崩山彩極砲」
子供に色々夢を与えてくれる。(*6)
かつて筆者はこれに紅砲*3、黄震脚*3、螺光歩*3、メイド隊*3をつけて
一時的にヒーローになったことがある。
まぁその後円満に暴食を叩き込まれライフがカンストしてしまい、
ヒーローの座はあっさりと暴食に奪われた事がある。しかも使用者は老-C。(*7)

紅砲
中国で最も重要なサポート。
打点上昇効果と貫通効果が噛み合っているので異様に強い。
その強さと使いやすさからポンポン使ってしまいそうだが、
デッキに3枚しか入らないのでそこはやりくりでうまくやる事。
タッチで組み込みたくなるが、これは中国専用と思っておいた方がいい。
虹色につくと相手が('A`)って顔してくれる。

螺光歩
紅砲と違い、相手やスペルによって張る、張らないがわかれるので、
中国4でもなけりゃ3積はしなくてもいいような。
筆者は螺光歩1、黄震脚2で必要な時は練気でチューターしてた。
中国には命中が低めのカードが多く、元々の命中を上げた方が効力が高い場合も多いのだ。
とは言え、状況によっても変わってくるので3積しないまでも両方入れておくのが定石。

黄震脚
黄金脚じゃない。でも俺は黄金脚と呼ぶ。銀色の脚スペシャル。(*8)
とりあえず命中低い中国は入れないと軽量スペルが何もさせてもらえない。
呪力があまりはじめる後半になると防壁+1がかなり効いてくる。
当然ながら極彩颱風に張られた瞬間に無敵城砦化し、
スキマ奥義並の鉄壁を誇るようになる。
が、当然のことながら、サポートに依存する中国は暴食のいいカモで、
ゆっこタンを相手にする際には、相手の暴食をいかに誘発させるかが焦点となる。
それはゆっこタンにしたって同じ事で、紅砲がついた虹色は一方的に蹂躙されてしまう為、
ついたら何がなんでも外さなくてはならない。この辺の駆け引きが重要。

練気
とりあえず仕込んでおくと安心できる。
筆者の扱い方としては、通常は紅砲サーチ、
状況に応じて他2つのサーチといった感じ。
ともかく、サポートついてなんぼの中国は
「サポートがきませんでした」
では済まされないので突っ込んでおくのがよかろうて。
筆者の中ではドローカードはまぁ重くても許せるのだが、
チューターカードが重いのはどうも好きになれない。
まぁこの辺はきっと某TCGの影響なんだろう。

明治十七年の上海アリス
これを張られると紅砲張られた中国がどんなスペルであろうと野放しが出来なくなる。
しかし、弱点なのがシーンという事で、
まず簡単に張替えが効くのが1点、
そして、状況によっては相手も相当強化されてしまう事。
特に難儀なのは、姉様とスキマとえーりんで
スキマは藍で暴れだし、姉様はフライヤーで暴れだす。
特に悲惨なのはえーりんでポーヨンついたスペルが強化されてしまう。
そこは逆もしかりなので、姉などを組み合わせたりするのも悪くない。
個人的には大銀河+ポーヨン+明治だといい感じなんだが。

背水の陣
極彩颱風で点数計算された後に叩き込まれるのがお約束。
使用条件が3なので、確定で+3以上になる。
誤解されている方が多いのだが、これは受け専用のイベントではなく、
攻めにも使っていいんですよ?
極彩颱風の受けで使うのが基本。防壁で抑えると見せてささっと回避。
迎撃の打点も上がってウマーですよ。
ただし命中は上がらないので過信は禁物だ。
あと、誘導弾にはストライクバッターアウッなので注意。
ロイヤルフレアとかロイヤルフレアとかロイヤルフレアな。



今回はここまで。
んでは。(´ー`)ノシ


*1
ノベル。塩の街より君たちの恋は君たちを救う。
そういや最近ノベルとか読んでないなぁ。
あ、フォーチュンは読んだか。フォーチュンは好きなんだよなぁ。

*2
海は出てきたがおねしょはしていない

*3
超時空要塞マクロスから小白竜。
実は最近までこの曲がマクロスだということを知らなかった。
飯塚サソごめんなさい。

*4
ドラゴンボールで最も有名になった技ではなかろうか。(*9)
序盤で覚えた技が終盤になっても現役で使われていたのにも今更感動する。
凄い技を編み出したんだなぁ亀仙人。

*5
ジェレミア辺境伯。
24-25話を見たおかげで続きを見る気がなくなってしまった。
もうDVDなんて買わないもん。

*6
クリスマスには2つの意味がある。
1つはひとりの子供が人類に夢と希望を与えた日、
もう1つは大人が子供に夢見させる日。
このスペルは果たしてどっちだったんだろうな。

*7
この頃、カードテキストをよく読んでいなかった我々は、
崩山にもメイド隊がじゃんじゃんついていた。
んで、この対戦中に観戦者の方からツッコミを受けたものの、
「まぁやっちゃってたしいいか」で両者納得の上、進行させてたわけです。
その為、崩山には物凄い量のサポートがつき、それを暴食で喰われたというわけです。
絶対その発言の際に手札に暴食隠し持ってたんだろう。
それ以前に後1撃で終わってたんだから誘導弾で当てりゃいいじゃんというところを
わざわざ暴食するのが鬼畜ゲーマー老-C。(*10)

*8
ミケロ=チャリオット!貴様とはすでにガンダムファイトで勝負がついているはずだ!

*9
そして一度は真似した事があるんじゃないだろうか。
筆者も真似しているところを親に見られ、かなり恥ずかしかった覚えがある。
はい。かめはめ波の真似した事あるやつは挙手。

*10
一番最近聞いたセリフは
「ひまー。なんかエロゲーねぇー?」
追記ゾーン(スキマ)


さて じゃあ始めるか。


余談
手加減しないとお前歯止め効かないから手加減しろ
と上から言われたので手加減して・・・というか待機に戻しました。
ちぇー せっかくおもしろくなるとこだったのに。

以上。


今日は今まで出会ってきた他のTCGの意味のわからないカードの紹介をしていこうと思う。
というか、要望がこれとか俺をなんだとorz

今回はDM。いゆわるデュエルマスターズについて語ろうと思います。
全くわかんない人は雰囲気さえつかんでくれれば問題ない。

ではまいる。


筆者はDMもちまちまっとやっていた事があるのだが、
その中でも究極的に、次元が違っていたカードが存在した。
現在のカードは全く知らないが当時はそれほど強烈なインパクトだった。
その名は・・・



アストラルリーフ




もうこいつしかない。こいつのぶっ壊れ方は異常だった。

能力はこうだ。


2マナ P/4000
進化―自分のサイバー・ウィルス1体の上に置く。
このクリーチャーがバトルゾーンに出たとき、カードを3枚引いてもよい。


TCG歴がそこそこのプレイヤーならもう見てわかるだろう。
2マナで3枚もドローできて、なぜかパワー4000のクリーチャーまで残してくれる。

あぁちなみに進化は遊○王の生贄召喚みたいなもんだと思ってくれ。
全然違うんだけどそういう認識でいいよ。


その当時、青はサイバーブレインという3枚ドローできるシールドトリガーを持っていた。
あ、シールドトリガーはダメージ受けた時に
そのカードが落ちたらマナ無視して撃っていいよってカード。

0マナで3枚なんてこんなおいしい話はない。通常は4マナ。
俺は喜び勇んで青を構築した。
「引くデッキは強い。」
某先人の言葉だが、確かに強かった。何せ手札があふれてくる。
やっべー。赤強くねー?とか周囲が言ってる中、
1人青でバシバシ引くデッキで遊んでいたアウトローだった。
そこに追い討ちをかけたのがこいつだった。


初印象は また3枚か ウヒョー



だった。

進化クリーチャーだからなんだって言うんだ。
2ターン目に召喚酔いなしでパワー4000で沸いてきて3枚引かせてくれるんだぞ。
進化の種にはマリンフラワー(1マナ1000のサイバーウィルス)でも使っていればよかった。


そしてバカバカ当然のように投入した。
サイバーブレインで引き、アストラルリーフで引き、
ストリーミングシェイパーで引き、

お前は何枚引くんだよとばかりに引きまくるデッキが完成した。


青がこれだけアグレッシヴに引くんだ。他のデッキはガチガチに固められてしまう。


それほど強かった。





が、強すぎた。



流行は一気に青優勢と変わり、
トーナメントなどにおいても青じゃなければ勝てないというレベルにまで到達していた。

ここでやる気が失せ、一度この世界を離れた。


余談だが、帰ってきた時、世は14弾の超高速時代となっていた。
その頃の赤の速さは尋常じゃなかった。
手札がどれだけ悪くても6ターン目には終わってる。
早ければ4ターン目にはカタがついてしまっているという異常なスピードだった。
その時の勝ち方は、

先行を取る→初手にブレイズクロー(毎回強制で殴りに行く1マナ1000)がある

もはやゲームじゃなかった為、完全にここで離脱という運びになった。


以上です。全く宴関係ないですね。追記だから許してw
スポンサーサイト

コメント

塩の街に激しくつっこみたい気持ちはとりあえず抑える有川浩スキー

中国が攻撃キャラだという考えはオレは賛成です。というか、基本的に受けに走って大丈夫なキャラはアリスか霊夢ぐらいです。
中国はスペルの呪力が低いことを利用しながら攻防を行いつつ、命中補正を絡ませていくのが基本戦術だと思います。

次回の輝夜をwktkしながら待ってます。早く全て終らせないと第三幕出ちゃいますよーw

今回のは大体2時間くらい

多分8/8の早朝には上がってると思います。
1日1個の超ハイスピードでやるつもりなんで。
多分書くペースは平気だと思いますが、クオリティを落とさないようにがんがりやす。
その代わりに追記は全部できてからということでおながいします。てへ。

暑くて暴走するわね。

案山子さん)

今回の新弾紹介でのカードにより中国が更にその攻撃性に磨きがかかりました。 
とはいえ、これでやっと中国はトントンかと思います(笑) 


麻絹師匠)

お帰りなさいませ、お師匠様 (笑) 


悠Pが腑抜けていますので、代わりに更新お願いしますね。(笑) 


何はともあれ、お待ちしておりました。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

肉弾戦に夢見ちゃっていい?w

美鈴と聞いて飛んできたけどどうやら一歩遅かったようだ(何

美鈴は受けが出来ないから仕方なく攻めるといった感じでしょうか。
押せ押せが得意なワケではないんですが仕方ない。

あと崩山にはメイド隊はつかないと思うんですがこれいかに。

ツッコミきたー

ご説明しましょう。
この頃、カードテキストをよく読んでいなかった我々は、
崩山にもメイド隊がじゃんじゃんついてたんですね。
んで、この対戦中に観戦者の方からツッコミを受けたものの、
「まぁやっちゃってたしいいか」で両者納得の上、進行させてたわけです。
その為、崩山には物凄い量のサポートがつき、それを暴食で喰われたというわけです。
それ以前に誘導弾で当てりゃいいじゃんというところをわざわざ暴食するのが鬼畜老。

とりあえず誤解を招きそうなのでささっと注釈にしときました。
ハイペースだと見直して校正している時間がないので随時で直していきます。
おじいちゃんがんばるよ。

いやぁ、あの時はお互いに若かったとゆうか

そのときはなけなしの春でフルスペックの反魂蝶作ってて、騒いでたときですね

まぁ、当時はテキストあんまし読んでなかったし面白ければいいや的な感じでしたからw

cAmPNmFmAFYBjzDHy

SHInxStlaEDpsxORl

ap.txt;5;10

zsnEdswNXtojf

ap.txt;5;10

abmobXCgzLWVoDIDtp

ap.txt;5;10

zzOYbeLGAXOTN

ap.txt;5;10

TcOpqGBwvFZSzf

xnoHAQuYWyMSsR

b,

oXtyNXOBttp

a,

khJYlqNwpewPvcEGOKT

f,

vyRrwUVGQfarpgSu

e,

BDqGMfcjwBhHbC

d,

NgabflQDMXdzTbhwh

c,
非公開コメント

プロフィール

悠P

Author:悠P

FC2カウンター

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索