麻絹の全カードばっさり その18

諦めたらそこで試合終了だよ?(*1)
どうも。麻絹こと丸沢です。
でも遊戯はそんなこと言わない。「サレンダーしな!」


4日目。眩暈が増えてきた。頓服様が効いてないような気がする。
でもがんばるよ。中身おかしかったらマジごめん。


余談。

今日は長崎に原爆が落ちた日。

原爆については前回語ったので、今回は体調もつらいので進行。


んでは、前回の続きから。
今回は鈴仙・優曇華院・イナバ。誰も鈴仙とは呼ばない。ヒドス


波符「月面波紋(ルナウェーブ)」
なめてかかると痛い目にあう呪力1で迎撃2。
命中が3と浅いが能力で4になることだし、これ以上望むのは酷だろう。
逃げて逃げて逃げまくる優曇華のわりに逃げようとしない。
ので、序盤~中盤にお世話になったら(゚Д゚ =)ノ ⌒゚する。

波符「赤眼催眠(マインドシェイカー)」
上記でなんとかならなかったものをブロックする役割を持った受けスペル。
基本で迎撃2の命中4、上昇で5の誘導弾なのでまぁヒットするだろう。
相手に回避状況が整ってきてもある程度までなんとかできるのが強み。
特殊能力に迎撃時の表記はないが、こんなので殴っている暇は無い。

狂符「幻視調律(ビジョナリチューニング)」
殴るスペルと思わせつつ、実は受けスペル。
避け型のレッドアイズでは異様な回避を見せる。
L能力で-1、こいつの能力で-1、レッドアイズで-1と、この時点で-3。
命中5以下は呪力が6余っていれば、延々と回避され続ける。
無論優曇華が主体のデッキも同じで、フルムーンが出るまで中盤を支える。
相手のスペルが対象なのでジャミングの対象にもなるのがよい。
その分、半幽霊には効かなくなってしまうが、これは仕方が無いと思おう。
地味に通常弾なので回避しにくいのもポイント。

散符「朧月花栞(ロケット・イン・ミスト)」
強そうに見えて、優曇華のコンセプトに反している為、使われる事は稀。
高速移動も攻撃時限定の為あまり上手く働かない。というか、命中3が致命的。
どこをどうやっても料理できない。
レッドアイズには時々入っているが、俺はこいつで殴った事はない。

懶符「生神停止(アイドリングウェーブ)」
どうしようなスペル。
大体1キャラに1枚はこういうどうしよう的なスペルがあるんだけど、
こいつのはステからしてどうしていいかわからない。
受けで考えると迎撃2の命中4で能力で5。
けど、それならシェイカーある。
打点で行くと打点3点の命中4で能力で5。
けど、どうみても次に控えてる連中のが強い。
あまり過度の期待をしないように投入しよう。
なぜならば、このステは姉様の冥界と同じで打点上昇が命中に変わっているだけなのだから。
そしてその冥界があまり使われないという事は、これも使われる事はあるまい。

散符「栄華之夢(ルナメガロポリス)」
ちっと重いのと打点が軽めなのが弱点だが、想像以上にやり手のスペル。
低速移動2は拡散4という結構微妙に多そうなスペルにアンチになる他、
絶対回避の空巫女にも刺さる。
元々回避仕様の優曇華はこういうのがあると非常によい。
低速2の使い勝手は殺人ドールで実証済み。
ついでにこいつは通常弾なのであんまり相手を選ばないのがよろしい。
元々回避するのが目的だからダメとか言う以前に相手がこけてくれるのもよい。
呪力もかかんないし。とりあえず俺はこいつは積むようにしてる。
一部で弱いという評価を受けているようだが十分強いと思うんです。

狂夢「風狂の夢(ドリームワールド)」
結構キテるスペルで、レベル2優曇華の主力。
攻める気満々のこのステは命中も迎撃も下げてくれる。
攻めの基点に使っていこう。
もちろん相手にジャミングやらが張ってあれば命中は-3、迎撃も-3。もうやりたい放題だ。
まぁジャミングついたスペルで殴ってはこないと思うけど。
そういう点では抑止力としても動いている。
当然ながら半幽霊は天敵なので注意。

散符「真実の月(インビジブルフルムーン)」
異常なほどの命中のマイナス補正が相手に先行サポートの張り付けを躊躇させる。
ジャミングが理想だが、別に相手側のものでも構わないのがヒドいところで、
この1枚のためにマジ泣きするデッキは多いだろう。
ジャミングが通っていると、すでに視認範囲のみで命中-6が確定で、
もはやスペルの機能を果たす事はなくなってしまう。
サポートは計画的に張るようにしよう。
しかしながら、そうして遅れた展開はまたしても優曇華の望むところなのであった。
一度起こしたらもう2度とこかさない気持ちで扱おう。

月眼「月兎遠隔催眠術(テレメスメリズム)」
強いと自信を持って言えるが筆者に技量が無い為使いこなせないスペルの1枚。
使う人が使うと鬼のような強さを誇り、ほとんど何もさせてもらえない。
基本能力を完封されるという事は、常時威厳状態という事で、
それはやっぱまずいべーみたいな事になる。
確かにパターン避けなどを使われるとどうしようもないのだが、
重要なのはこちらが避ける事であり、こちらが浴びてまで当てに行く必要は無い。
ついでに言うなら相手にシンデレラを張ってしまえばそんな心配もない。
三重エリアではほとんど見たことがないのだが人気がないのだろうか。
こちらも起こしたら2度と寝かせないつもりで扱う事。
というか、これが起き上がってる状態のプレッシャーは半端じゃない。
呪力の効率的運用は優曇華の全ての基礎。(*2)
出来なければ優曇華は扱えない。




-----頭痛の為小休止(1日)-----





蘇生したので続き書きます。(*3)


波長歪曲
非常に使いやすい劣化パターン避けと考えて大丈夫。
人間が含まれている場合になっている為、Ver3.00からの圧迫はキツいが、
それでも呪力が1少ない事は物凄い強さを発揮する。
とにかく優秀なのは、みょん吉や魔女のような序盤から低命中のスペルで
バコバコ殴ってくるような形を得意とするパターン。
特にみょん吉をトップに置くケースは増えており、なかなかに刺さる。
その場合は半幽霊だけは気をつけよう。
ともあれこれも対象を取れるのでジャミングの範疇に入る。
見えているものだけで優曇華を計るとこういうので痛い目にあう。

錯覚
ベストオブワケワカンナイ。
集中と拡散を入れ替える程度の能力を持つ。
優曇華メインならば使う事はないだろうが、タッチで入るとその価値が上昇する。
ゆっこタンの永眠や、スカデビなどで使うと非常に効果が高い。
特に魔女のメテオやFSなんかをデーモンロードで止めてかかりにこられたりすると確変スタート。
このwktkにはまると中毒になる恐れがある。(*4)使って楽しいカードなのは確か。
こいつにレア度があるなら絶対にレア。(*5)

催眠廊下
筆者の中でヤバいレベル最上級の超凶悪シーン。
避けようが何をしてもこけてしまう事が強力なのが1点。
この能力は主に回避専門にしているやつにほど刺さる。
特に刺さるのが、空巫女と過去時計の2枚。
起き上がるのにコストが重いものほどこの枷はキツい。
あとは準備状態になるのが起動フェイズ終了時なので、
こけたから起こしてという単純な作業ができない事が大きい。
っていうか催眠廊下のヤバさは、
全カードばっさりその7の追記で散々語っているのでそっちを見てください。

狂気の瞳
全体効果なのでメイドワールドされる時に効果アリ。
1回1回に呪力を食われるのが相当キツく、張るコスト等考えるとあんま割に合っていない。
が、うどんげでは結構重要な命中ダウンなので使っていく事にはなる。
なおもて、使用コストはリーダー能力よりは安いと割り切っていきたい。
うわぁ!おめめが真っ赤だぁ(*6)

受信
引っ張ってくるものが増えた代わりにコストが増えたチューター。
催眠廊下、ジャミング、狂気など引っ張ってくるものは多い。
が、Ver3.00によって実験が出てきた今使う必要があるかどうかちと疑問。
ディスカード1枚も結構厳しい。
イベントもひっぱってこれるが、錯覚、波長、精製になるので価値は疑問。
レッドアイズでは重宝。
しかし、こんなの使ってレッドアイズ張っているよう状態では負けると思う。
個人的な主観だと宴においてのチューターカードはあまり強いとは思わない。
宴では手札より何より呪力効率が優先される。
3枚のキーカードを引く為に3枚のチューターを使ってと考えると呪力効率はかなり悪い。
リクルーター(*7)はあまり効率が悪くならないので強いと思うが、
アリス以外で頑張る必要があるのかどうかは疑問。
まぁ刺さるキラーカードを引く為に1積みする事はあるが・・・。
えーりんのサポート引っ張ってきたらいいんじゃない?という意見もあったが、
それこそパチェ*2の錬金術で引っ張ってこいという話。てか筆者のデッキはそれ。

ジャミング
コストで驚きの効力を持つ優曇華のキモ。
これを張られたスペルはまず戦線には出てこなくなる。
優曇華の特性としてアンタッチャブル(*8)にはとことん弱いが、それを考慮してなお余りある。
場に何も無かろうが、この時点でリーダー能力で命中が-3。仮に当てても打点は-2。
こんな状態で戦線に出すやつはいないだろう。
ので、張られたスペルは大体呪力要員に回される。
しかしながら、ただの妨害サポートである事は確かなので精製で食われると目も当てられない。
相手方の主力スペルに張って嫌がらせをしてやろう。
ちなみにこの効果だが、充填フェイズも効果対象なので
迂闊にイベントとか使うとジャミングが稼動し始める事もあるので注意。


今回はここまで。
んでは。(´ー`)ノシ


*1
スラムダンクより安西先生のセリフ。
バスケがしたいです・・・。

*2
というよりは宴における基礎。
だから、宴では他のTCGよりもこの部分で理詰めがいる。
デッキ入力したらこういうのを計算するプログラムとかあるといいと思うんだけど、
頭の良い人が開発してくれないだろうか。と他力本願。

*3
原因はおそらく筆者の中のモンスター。
どっちが先にやられるだろうか。自身の事ながら難儀な事だ。

*4
てか拡散で貫通とかどこの拡散メガ粒子砲だ。

*5
こういうカードはレアというのがTCG界でのお約束。

*6
ロートこどもソフト。ドラゴンケースに入れてないやつはチェンソーで袈裟斬り。

*7
デッキから直接場に出せるカード。コストの踏み倒しができるので超強い。

*8
特殊能力などの対象に取れなくなる能力の俗称。
そして誰もいなくなるかはアンタッチャブルの究極形。
追記ゾーン(スキマ)

マズい 体調不良で2日休んでまった
けどまだペース的には予定に遅れてない!

次でラストだ!
スポンサーサイト

コメント

テレメスメは使ってましたヨ。
ただ強すぎたので持っていかなかったりしたのと、そもそも私が出ないから見かけなかったんではないかとw

錯覚は身内のレーヴァテイン当てたいっ子とともに一時期ハマった記憶がありますw

テレメス主体デッキは組みましたね。L妖夢のバック鈴仙ですが。
僕も作っておくだけ作っておいて交流会には出しませんでした。そこそこ強いしw
非公開コメント

プロフィール

悠P

Author:悠P

FC2カウンター

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索