麻絹の全カードばっさり その28

はい。こんにちわ(*1)
どうも。RedJokerこと麻絹です。
えすぷれいどの名前も出しておくよ(*2)


余談。

はぁー(*3)
やるよ。ラス1やるよ。さっきほどみっちりは多分心が折れて書けないと思う。重要な部分だけ書く。
はぁー orz




んでは、前回の続きから。
今回は複合と制限なし。はいはい。みっくみくみっくみく(*4)


八雲式総攻撃
2人がかりでナイスプレイ。高速移動だけなのがだいだいぽい。しっぽの個性は発揮されていない。
悪戯がアンチ。策士(*5)が若干悪戯対策効くが、使うかどうかは自分のデッキと相談。
式神強化と似ているようで、迎撃に使えないから攻めオンリー。
詠唱に近いけどフレキシブルに使えない。理由は上記、補正効果、重いの3点。

花見
やるデス(*6)の称号を授かった第1号。
でも俺は図書館+責任転嫁が一番初めだと思ってる。
要技量。技量がないとタダのザンドバック。
技量のあるなしを測れるので自らの指針用に1つもっとくと吉。
専用デッキでしか出てこないからそんなに気にせんでよし。
当然ながらラクトガールなんて許してはいけない。

トリニティレイ
トライアングルラブ。(*7)嫁と姑の合体技。その構成上命中が浅くなりがち。
打点に応じて加算が変わるが基本打点が4。命中気にしなくてよくなった代わりに2重くなってる。
重ね撃ちが基本だが、時と場合によって微調整。射程から一気に飲み込んでいく。
よく言われるマリス砲、ダブルレーザー、トリレイ3種の分け方は注釈にて説明する(*8)
パチェとか超天才とかケージに弱い。

式神:八雲藍+
式神藍+橙の合成と思わせつつ、実は能力増えた悉皆と同じ。
どうせこんなの一家デッキでしか遭遇しないんだから、割り切りで行くべし。
なぜか恐ろしい事に配置条件が指定されていない。
その為やろうと思えば、ハートブレイクや現世斬などに貼り付けも可能。
式神がついた事でリーダー効果の恩恵も受けられるようになるという設定やらなんやらおかしい状態。
高速移動だけつくのがだいだいっぽい。スペ八雲藍+と組み合わせるのが常套手段。
ホラ見ろ、また名前のせいでワケわかんない事になってきたじゃないか。

宴会準備
効率的には虹川の方がいいはずだが、制圧力と幽明求聞のおかげでみょん吉の方がよく使われる。
幽明求聞が1枚あると物凄い勢いで回っていく。それに反比例して手札ががバンバンなくなっていく。
実質は剣が1、楽器だと1増える、幽明求聞は1+手札代償オンリーという形なので呪力の心配はない。
1:1制限なので実は他のデッキにも転用が効くのがミソ。
サポート依存+チューターを持つデッキであればなんでもいい。
地味に有効なのがえーりんの実験が絡んだもので、
実験張って+2、チューターしたサポートで+2と引っ張った分はおろか実験コストも踏み倒し可能。
これにより呪力7+迎撃分まで待ってからという今までの分を覆し、高速で場を構築できる。
序盤からナイトメアがほいほい能力使ってくるのは大概ウザい。

感染する狂気
今までアンチとされてきた半幽霊に対する強力アンチとして登場。
サポート付限定になったが幽明よりも1軽い事が何よりも重要。何言ってもやっぱり6は重い。
優曇華3と鬼のようなシナジー効果を持ち、サポートを張らなければジャミングやら蜃気楼を張られ、
張ったら張ったでこいつの射程に入るという何をどうしたらいいのかわかんない仕掛け。
特に今まで半幽霊をつけられたらウサギに勝ち目なしとまで言われたのを無力化できたのは大きい。
また妨害サポートを引っぺがすにも使える他、先行して張った蜃気楼をリサイクルする事もできる。
本文見ただけではそれとわからないフレキシブルな万能性がウリ。
地味にラクトガール包囲網にひっかかるのがキツい。

守備陣形
上がウサギ擁護なら、こちらは半幽霊をも超える完全なウサギアンチ。遭遇したらまず生きては帰れない。
ウサギアンチでありながら多数のデッキに対してもアンチに働く非情なカード。の割にコスト3。おかしくね?
イベント、特殊能力を使うたびに1ダメが飛んでくるので生半可な動きは片っ端から落とされる。
自身にはダメは飛ばないので気兼ねなく使える点が何よりヒドい。
例えば、回避する為に1ダメ浴びたり、防壁を張る為に1ダメ浴びるなど、行動多くが無駄になる。
スペルの自力で戦うとは言っても特殊能力を使わないデッキというのはほとんどなく、
またイベントを全く使わないというデッキもあまりなく、効かないデッキは数えるほど。
俺はこのカードを最強カードの1枚だと思ってる。ちなみに神隠しで外しても1ダメ浴びるよ。

堅固なる護り
張るのに重いが使うに軽い。まさに踏み倒したくなる事この上ない。
呪力1で擬似的な攻撃-1命中-1。LRE劣化版。中国として使うと微妙にウザくなるのがミソ。
防壁に特化すれば2:2でチームプレイ、回避に特化すればパヤーンと絡むとその性能が上がる。
でもみょん吉と中国って守り堅そうなイメージが"全く"沸きません。

どんちゃん騒ぎ
重すぎる上に、相手においしい。スペル起動の代償を踏み倒しできる。
せめて充填に動くなら悪戯との連携が効いたものを。愚かな。
それで?

悪戯
ある一定のデッキに対してアンチに働く。
特に二重詠唱、リザレクション、苦輪は正直当たったらやってられないだろう。
メインに入る事は少ないがサイドボードが絡んだ瞬間にすぐさま3積みされる筆頭。
軽いから手札処理できるデッキでスペースあったら入れるといい。

迷い家
回避+1がしっぽ以外の一家に優しい。特にだいだいからすると素の回避が上がるのは見逃せない。
侮っている人は多いが、櫛と絡む事で回避が5になり通常弾5というボーダーラインに届く。
ここポイント。これもあって櫛の評価が高いんだ。試験に出るからしっかり覚えておくように。
スキマにしても静動とのシナジー効果は高く、効果は計り知れない。
追加効果はあまり活躍する機会はないが、ミラーの際に神隠し封じくらいの事には使える。
勘違いしてはいけないのはサポートしか防げない点。
やはり若干重い。特にスキマからすると大量に呪力食っていく為正直張ってる暇があるかどうか。
地味にラクトガール包囲網にひっかかる。

EXTRAVAGANZA
書いてあることは「撃ったら強制的に書いてあるダメ分+5浴びる」。撃てばまず間違いなく当たる。
レーヴァとの噛み合わせが一般的だが、レーヴァがない場合は迎撃で使うと地味に効力が高い。
攻撃と迎撃の呪力効率の差は前に説明した通り。
今回の場合は貫通が噛み合わさるので若干攻撃向きではあるのだが(*9)
実際には重ね撃ちをするよりも効率よくダメを与える為に分割して使っていきたい。
無論、相手に回避されるような事があればコト(*10)なので
手札にはそれっぽいカードをがめておいて回避行動にあわせて使ってきっちり押し込んでおこう。
由来は紅魔、妖々、永夜、萃夢ラスボス→文花帖EX→EXTRAVAGANZAってとこだろう。
当然ながらラクトガール包囲網にひっかかる。

鬼神楽
マリス砲エラッタによって若干立場がないカード。なんでマリス砲エラッタ入れたの?凄い疑問。
効力はマリス砲よりも貫通がない分低く、手札代償として2枚追加で持っていかれるので、
2発撃った瞬間に手札が6枚消えるというアンビリーバボーな状態になる。
プライドが絡めば、デメリットはプラスへと転じる事が可能。
貫通+手札代償2枚のデメリットを背負ったおかげで呪力1軽くなったと思・・・えるかーい!ヽ(`Д´)ノ
怪力無双との噛み合せでがんばるしかないか。

草木も眠る丑三つ時
軽減しながら墓地へ送る。貫通無効で3点減るので優秀。
ただ1回戦闘をしなければならないというデメリットは発生するのでその分は半分諦めか。
ともあれ墓地に叩き込む効果は高いので上手く使っていきたい。
が、実際問題としてはリーダー構成の時点でバレバレで、なかなかいいタイミングで、とはいかない。
ラクトガール包囲網にひっかかる。
丑の刻参りって言ったら藁人形だよな(*11)

妖怪退治
とりあえず自分には張れるので+1効果は確定。
問題は相手に張る場合なんだけど、相手が妖怪限定なので若干相手を選ぶ。
最近は妖怪じゃないやつも出てきたりで少し不安定さは残る。
巫女3であれば手札処理はできるのでなかなか働きそうではあるが、
妖怪退治では2:2確定なので手札で腐る場面もありそうだ。
実は改竄が効きにくく、改竄すると妖怪化していた場合こちらのステが下がってしまう。
ラクトガール包囲網にひっかかる。

叡智
ドロー幇助。毎ターンのドローが安定するが、キーカードが2枚とも来ると泣く泣く底に移動させる事になる。
実は本質はもう1つの能力の方で、設置は重いが、とにかく以後のコスト対費がいい。
個人的には錬金術か実験でチューターしてしまいたい。
3人寄ればかしましい。

秘密
先読みにレベ制限ついたら指定できるようになりましたという例。
完全な先読み上位で、アンチカードを的確に潰せる他、相手のデッキを確認し、動きを理解できる。
特に昔の事をとっぱじめから潰せるのが大きく、削りあいになっても優位に立てる。
キラーカードやらで1挿しされているカードをぶち抜いた時の爽快感はステキ。

終わらない戦い
体力代償2がなければきっと輝いていた。
体力代償2は、つまりこの構成の場合不老不死を使えと言われているのと同義。
使えば確定で金閣寺が覚醒するものの、呪力の関係でちょっと無理がある。
一気にバーンとダメを与えてくるようなデッキに有効。特にEXにはキラー。

茶会
使うなら、戦況予測必須。
例えば、こっちの回避が上回っている→命中上昇→回避上昇→命中上げられない、という感じ。
複数回使おうとするものに対して効力が高い。
ただし、こちらも複数使えないので要注意。個人的には優曇華3と絡まれば面白かったと思う。
呪力3と安いのでカウンター向きではある。

ダブルホーン
めっさ強かったけど、今はそんなでもない。
対象にならないという表記を増やしすぎたせいでエラッタの嵐を生み、
その結果としてかなり衰弱してしまった。いまやホーンデッキはどこに出てるのやら。
幻想卿伝説にこれが張れればほぼ勝ち確定とまで言われてたのにエラッタ後はさびしいもんです。
強化系などに強いが相手のリーダーはノータッチ。もしケージと組み合わされれば完全封殺。

根性避け
対応が限定的過ぎて弱いと思われがちだが実は鬼のように強い。
この真理は、このカードは何積みされているか全くわからないという点にある。
まず初見であればほぼ100%決まる。かねてより、根性避けというものははっきり言ってしまえば
「気にし出したら終わらない」という部分がある。まぁ考えてみれば当然とも言える。
回避+4なんて対応できるようなもんでもないし、誘導弾、通常弾で攻めていくのは常套手段。
まずはないと決めてかかる。その為決まる。恐ろしいのはここから。
1枚だろうとタカをくくろうが、まだあるかと慎重になろうが必ずその考えはプレイングに影響を及ぼす。
その際に考えられるのが、パターンでも根性避けでも回避できない命中。
そんな高性能なのパカスカ出てこないから、呪力の無駄使いを強要できる。
これにより相手の展開速度の低下を助長する。
また、これが強い理由としては回避2でも回避できる点にある。
その数値は2+4で6。恐ろしい事に通常弾5というボーダーラインに対して回避という回答が出る。
また、低速、高速を多用するデッキには誘導弾アンチに積まれている事も多い。
パターンでの回避を予測して命中上昇持っていても、3+2<4+3が3+4=4+3になっては決死だ。
簡単に言えば、侮るなって事。

幻想郷縁起
まず手札を対象に取れない能力は現在全く使用価値がない。
なぜなら、拝借が完全に廃れてしまっており、
エラッタで凶悪になったバレンタインには無力だからである。(*12)
では、下の能力。こちらも局所的。だが紅魔が無力化するのは大きい。
下がった分、上がった分を考えに入れるとその差実に回避+2。この差はかなり大きい。
特に回避を2で維持されるのもよろしくないのでなかなかのアンチ。
得るだけで消す事はできないので、妖怪を消す事はできないが、
妖怪退治に対してプラマイ0にする事は可能。
そして何より重要なのがその軽さ。無論人形展に投入される。

萃集
物凄くわかりづらい表記の為に幾度となく本家に質問が飛んだ1枚。
ちなみにこれは名前依存なので虹川の場合は虹川以外を4人目に選べば呪力2ゲッツ。
でも逢魔はレベル依存なので虹川4相手なら2回復する。わかりずれー。
レベル4相手の場合は呪力-1と攻勢に出られるのがミソ。軽いのでカウンターにもよく動く。
筆者のレベ1デッキは呪力ができるだけ軽く動けるように作るのであまりお世話になった事はない。
左上の子カワイソス( ´・ω・`)




今回はここまで。
んでは。(´ー`)ノシ


*1
この記事はここに載せる前に、
4時間かけて書いた超真面目な追記プラス7時間かけて書いた記事
が一度消滅しており、テンションが下がりまくっています。
消えた時の出来事。画面から4秒ほど目をそらし視線を戻したら真っ白でした。意味わからん。

*2
とある人へのメッセージ。

*3
この記事はここに載せる前に(以下略
かなり真剣に書いた記事だっただけに今日は立ち直れそうにありません。

*4
ゆっくりしていってっねのやつも俺からすると意味がわかんない。
アレはそんなにおもしろいのか?よくワカンネ。まぁ俺は人と感性がズレてるんだろうて。ドライだし。

*5
また私はとんでもないミスを・・・。
諸葛孔明と思わせて、実は呉学人。知ったかぶりしているとこういうので釣れる。

*6
語源くらいは知っとこうぜ。
やる気デストラクションの略で、やる気が出なくなっちゃうくらいガッチガチに固められるデッキへの蔑み用語。
例えば、みちるロック(*13)、ヤタロック(*14)。青白パーミとかのロック系で出やすい。

*7
魔装機神で分岐ルート確認に使われる超有名なステージ。
ウェンディはガチ。

*8
・ダブルレーザー
誘導弾がつくものの効力が元のスペルに依存なので基本的に打点4スペルで使う事になる。
誘導弾がつくので~移動に強い。防壁が抜けないのでMSで使う事になりやすい。
・マリス砲
打点固定+貫通持ちなので、ベルトでの稼動ができる点が一番大きい。
アリススペルが死に札になりやすいが、マリ中心で組んであれば問題ない。
ベルト以外だと命中に難アリ。要技量。
個人的にはサクマリよりも呪力効率やら展開力考えると技量いるけど強いと思うんだけどどうか。
・トリレイ
命中無視なのがヒドい。完全回避状態だろうと射程に入っていればライフを削れるのが魅力。
ただし、効力が元の打点依存なので使用スペルは限られる。
直接ライフが減るのでいきなり金閣寺がヽ(`Д´)ノってなったりするので注意。
あとやっぱり若干重い。他の2つとは違い、1枠リーダーが空いているのがミソ。

*9
なぜかというと攻撃する際に防壁はあまり考えないものの、
迎撃の際に防壁を使用するケースは多い為。
ちゃんと考えれば、攻撃時に防壁1だろうが、迎撃時に防壁1だろうが変わらないってのによ。
人間心理っやつは不思議なもんだ。
あとはまぁ殴りの際に防壁2なるものは少ないけど、受けの際に防壁2になるケースは多いという事。

*10
こりゃ確かに負けたらコトだぜ・・・!!

*11
咲世子サソ。

*12
バレンタインは対象を取らない全体イベントだから防げません。
プロテクション赤持っていてもジョークルホープスが防げないのと一緒。

*13
天音みちる(場に出ると次の相手のアンタップが消える4マナ2/2)を使いまわしてアンタップを防止し、
タラン(場に出ると土地全タップ後+1カウンターがその数と同じだけ乗るイミフな3マナ0/0)や、
ディープワン(場にいるクリーチャーを墓地に送ったコストだけ軽く出せるイミフ5マナ6/5)で殴るデッキ。勝てね。

*14
ブラックホール(全クリーチャー死亡)+大嵐(リバース全墓地)などで場をリセットし、
ヤタガラス(ターン終了時に手札に戻るが攻撃が通ると次の相手のドローが消える残虐な攻撃200)で、
抵抗できないまま緩慢に殴り殺されるデッキ。やる際には手札も砕いておくとよい。勝てね。
追記ゾーン(スキマ)

ここも大量に書いたんですが消えたのでサクサク書きます。

とりあえずこれにて終了という形になったので、
以降は気が向いた時にデッキ構築理論みたいなのをちまちま書いていこうと思います。
毎週更新という形には多分ならないと思います。

昔、桜井サソと電話で話してた事もあるんだけど、
「コピーデッキは強いけど負ける」
これは俺が延々言い続けている持論の1つ。
コピーデッキはそりゃ強いさ。
熟練したプレイヤーがあーでもないこーでもない考えて、編み出したものだもの。
そして使えば、そりゃ負けるさ。
だって、あなたは作成者じゃないんだから。どういう風にやればとか完全に理解できるわけもなし。
理解できるのなら、それこそコピーデッキ使わなくても自力で作れるんじゃね?
だからこそそのデッキを自分なりに"改悪"する。扱いきれないから自分に合わせてデチューンする。
そう。それは紛れも無く"改悪"。その強さを下げる代わりに勝率を上げる。
矛盾しているかもしれないが、それこそがそのデッキに対する経験値。理解。そういうもの。

最初はそりゃ何もわからんよ。TCGって何?って人からすればでかいは強いがデフォ。
命中4より命中7のが強いは必然。攻撃3より攻撃6のが強いのも必然。
でも、やりながら覚えていくものでしょう。こういうのは。だったら指針があっても構わないだろうさ。
理解だの知識だの、そんなのはやってりゃ後から勝手についてくる。まずはプレイ。そっからだろう。
説明書なんてどうせ全部読まないだろ?あんな細々した文字全部読んでたら途中で飽きる。
ルールを理解せずに「まず戦闘ー」とか言いながら、いきなり戦闘のページ開けて無理やりやろうとする。
そんなもんでしょ。最初って。
だったらいいじゃない。構築済みがあっても。宴にはないじゃない。じゃあコピーでいいじゃない。
んでさ、そっから俺これはちょっと扱い辛いっていうか・・・ってのを変えていけばいいじゃない。
必要なのはそのベースだと思うのね。賛否もそれに近いかな。
賛成するにしてもここはこういう部分だから俺と同じ考え。
否定するにしてもここはこうだから俺は受け入れられない。
基準が存在して初めてそれは出てくると思うんだ。
そういう部分の指針になればと思って書く事にする。適当に。

追記:6月分脚本できました
スポンサーサイト

コメント

タイトル

「その28」じゃないですか?

あと毎回スキマで展開されるカードゲーム論凄く面白かったのでデッキ構築理論はものすごく楽しみにしてます
ではでは

さーせん。そっこーで直しました。指摘thx
デッキ構築理論書くとは書きましたが、ヽ(´ー`)ノってものにはならないと思うので、
あまり過度の期待はしない方がいい。  と今のうちに保険をかけておく(・∀・)

追記
>うちの連中
多分メッセやらが封印されるハメになりそう。2-3ヶ月くらいかな。
連絡は携帯によこすように。
あと脚本は8月分まで今月末までに執筆しておきます。ますます。
非公開コメント

プロフィール

悠P

Author:悠P

FC2カウンター

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索