麻絹の全カードばっさり その29

ちょす(*1)
掛布の声が松村のモノマネにしか聞こえなくなってきてる麻絹です。
あいつマジ上手すぎるよね。


さて、4幕発売に当たって、またしてもこの企画を開始するわけですが、
結構、煮詰めるのに時間がかかりまして。
いえ。違うんです(*2)
本当は発売後すぐやるつもりだったんですよ。いやホントマジマジ。
データとしては16日の夜にはすでに完成して、いつ始めようかという部分だったんですけど、
某ネトゲ(*3)のイベントと、デッキの調整が急務だろうという神のお告げがあり(*4)、
そっちにかかりっきりになっちょりました。
なのでこのタイミングでの発表。別に夏目友人帳がおもしろくて見てたわけじゃないですよ(*5)


余談。

15個のデッキを調整して、そのうちの3個を砕いて3個新たに作ったら、





16個になってました。

夏の夜のミステリー。
某所では妖精が作ったという事で決着しました(*6)




んでは、前回の続きから。
今回はレベル制限ついてるのからやっちゃおうかな(*7)


博麗の血
なんか巫女から血が噴き出して森を血染めしてるようにしか見えないイラスト(*8)
巫女で始めて登場したサポート破壊。限定的ではあるがね。
異変に対してアンチに働くのは大変グッド。現状環境では1枚にしか効果はないが、
空巫女回避に対して、無条件1ダメの回避無視遠隔射撃と無条件ライフゲインでの遅延は、
巫女には両者ともほっとけるものではないので、結構プラス。
上の方の能力は緊急ドローと同じ感覚で使う感じか。
どうでもいいけど、異変なんて出したって事は後2幕は出すつもりって事だわな。

コールドインフェルノ
ゴールドではない。冷やしてから温めて砕く事で熱疲労を強制的に起こさせる(*9)
オーレリーズの下位互換。
付け外しではなく、境界弄りのように別の対象に移せればまだ使われたかもしれない。
用途としては序盤につけて後で付け外しして相手のデバフを封じる。
地味にうさぎのフルムーンから逃げる手段に使えるのがミソ。

タネのない手品
コンボデッキ御用達。一点集中の上位互換。
メイド2でありながらメイド中心では使う事はない。
約束のようなデッキと相性がいいが約束にそのスペースがあるかどうか。
キャントリップ付きなので手札の枚数も変わらないし、なにより軽い。
操作してからドローではなく、ドローしてから操作なので、
操作したカードをすぐにまるまるいただきストリート(*10)はできない。
安定性重視のあなたに1枚どっすか。

見切り
精神統一の上位。
実は思ったほど動きは悪くなく、防壁ではない為、貫通を無視することができる。
また、消費呪力が1点減った事で動きが格段によくなっている。
当然ながらデメリットもあり、対象を相手に依存する事になったので、
対象を取れないと完全なゴミカードに成り下がる。
やってれば大体2点は削ぎ落とせるので点数調整にはちょうどいい。
オススメは砦。レベル5なら明鏡止水とか神る予感。

境界弄り
デバフ移動サポート。夜明けや時間減速などに対して無類のアンチ性を発揮する。
また、前半で夢現につけた式神を弾幕結界などに移す事で4枚目の式神として扱う事もできる。
特に威力を発揮するのは八雲一家デッキでの藍+の移動。
また超高速ではデバフを投げつける事に使う事もできるようになり、構築の幅は広い。
恐ろしい事に蜃気楼を墓地に落とさずに除去できる。うさぎ涙目。
扱いこなせるならその人は強い人。

ドールズウォー
毎ターン呪力を持ってかれるのが非常にキツい。
アリスの構成上スペルは少なめに作られる事が多いので、
これでスペルを落とされると呪力維持が非常に困難になる。
複製とかみ合わせると不思議な動きを始める。

運命操作
パターン避け上位互換。1発撃った段階で回避できていればまず間違いなく当たらない。
サクマリからすると決して通してはならないカードであり、
レミと遭遇した際にはいかに使わせないかが焦点になる。
ただパターン避けほどお手軽に使えるわけではなく、スペルを墓地に沈める必要がある為に、
使いどころをうまく考えて使わないと、気が付いた時に自分の場がボロボロになってるかも。
ケージをすり抜ける点は大変グッド。以後レミで入ってこない事はないと思う。

幽雅な休息
またしてもやっちゃった1枚。どうせ以後でエラッタ入るよ。使うなら今のうち。
回復の際の回復量を+1という事は、「1回復する」を繰り返せばすぐにライフが還元されていく。
狂ってるのが反魂蝶が絡んだ時で、あれは+2回復ではなく、
+1回復の後に+1回復という記述なので+2+2になり4点回復する。
反魂蝶と戦うだけで貫通無効の防壁4をかけられているのと同じという状態になる。
恒久的に打点を出し続けるか、相手のライフを一撃を0に持っていく破壊力がなければ
その試合は負けになってしまう。
俺的には構築の幅を極端に狭めたという点で非常に嫌いな1枚。ミラーとかやってらんねぇ。

癇癪
妹待望の擬似貫通。能力が消えるのではなく効果を発揮しないだけなので注意。
無論、威厳と同じで後付け能力も全部無効。
自分の戦闘中のスペルと相手の戦闘中のスペルという極めて広い対象を取るので、
使用できないケースが多数存在するのがバッド。
特に誰もいなくなるかは自分を対象に取れないので使えない事に注意。
また、相手の対象を取れなくされるものでもすぐに腐る。
その際は割り切ってバンバン捨てていこう。

エレメンタラー
前にも書いたけど、3枚までの能力が重要で5枚以上はあんまり。
1個目の能力は強いのでバンバンで。3個くらいなら余裕でしょ。
5枚以上の能力を輝かせたいならサイレントセレナで頑張るべし。
それでないならロイヤルフレアで十分。2個目の能力は見れば見るほど2:2か2:1:1構成用。
なのに3~5枚起こしてしまったら賢者の石がないと維持ができない。
迎撃に移動で回避されないと言われても、それ3でなきゃダメな必要性は特になかろうて。
2個目の能力どう料理すればいいのかさっぱり(*11)だよ。

連環撃
狂ったステータス比率を誇る中国の新サポート。
1枚で紅、歩を両立し、他のサポート軽量化するあたりが憎らしい。
しかしながら、紅砲+虹色の究極体には割り込む隙がなく、
さらに中国としてはそれほど重たいサポートがあるわけでもないので、
中国メインで考えるとちょっと宝の持ち腐れ感が漂う。
個人的にはこれで堅固なる護りを張りたい。
配置に重く、使用に軽いというデメリットを軽減できる。
でも中国に欲しいのは命中なのでありますよ隊長閣下どの。
俺称レンコン。

待宵
驚異的な呪力削りを可能にするくせに、呪力効率は満月光線のさらに上をいった狂った1品。
ターン終了時に5点削られるのがわかっていれば、なにがなんでも全部使い切ってくるが、
そこを蟲惑でもぎ取られるのが一般的。
よく勘違いされるが、満月光線と待宵は似て非なるものであり、用途が全然違う。
満月光線は残った呪力を削り取る為に使うが、待宵は呪力を使わせる為に使うのだ。
また、竹取飛翔との噛み合わせが絶妙でこれだけで抑え込まれる事もあるはず。
噛めば噛むほど味が出てくるいいカード。

月の記憶
ビグザムとセットで使えと書いてあるカード。攻めに使うよりは防御で使いたい。
一撃必殺のコンボデッキに劇的な相性を誇り、1枚で最低でも-2、高ければ-5を弾き出す。
しかも1枚制限ともなんとも書いてない為に重ね撃ちが可能で、
一撃必殺のコンボデッキはこれを見たら絶望の準備を始めた方がいい。
特に今人気の完全燃焼デッキは出されてしまったら非常に苦しくなる。
月の記憶がレベル3なので必然的にシーンは密室になるだろうから、
アンチコンボ系のデッキとして伸びてくる可能性が期待できる。

波長反転
うさぎの新命中下げカード。の割には今までと違い他との絡めが非常にしにくい。
うさぎは本体の回避を上げるのではなく、相手の命中を下げる事を目的にしている為に、
元の数値から命中を下げてから上げられるとせっかくの利点が薄れてしまう。
理想はパターン避けあたりから上がった命中を波長反転で絡め取るくらいで、
通常状態で見えている特殊能力から使っていく事を考えると劇的な効果は望みにくい。
うさぎメインではなく他の構成で使いたいのは満々だが、レベル3の為それも許されず。
微妙に扱いづらいが、キラーカードだったルナティックに対してのアンチにはなる。
実はミッシングパープルパワーやフジヤマボルケーノはこの1枚で完全封殺されてしまう。
その為に、こまやかな使い方ではなく、大掛かりにどかっと使うような感じになる。

十二神将召還
式神強化防御版。防御版らしく使用呪力が減っている。
防壁なので貫通には無力。藍らしいっちゃらしい。呪力効率も大変よい。
使い方は式神強化と特に変わらずでいいだろう。誘導弾が必要な時に使ってやろう。
大まかな流れとしてはコックリさんで使うケースが多いだろう。
元々の命中難にあえいでいたところだったのでまさに渡りに船だった事だろう。
忠誠などと一緒にコンボを無理に狙わず、誘導弾が必要な場面で積極的に使っていこう。

前鬼後鬼の守護
使う機会は藍のみにほぼ限られると思っていい。
橙からすれば、誘導弾自体は無力化されるわけではないのでどうせ撃墜され、
紫では無理に式神付きにしなければならない理由も特に無い為。
唯一、防壁と攻撃減少という部分が噛み合った藍だけが使用場所を作れると思う。
んで、その藍に関しては、現時点で式神が2種6枚。
これ以上入れるのかどうかという部分において、橙を削るケースは出てくるかもしれない。
八雲式総攻撃とは相性はよい。
だが、下の能力は対象を取る為にどうにもならない相手がいる事をお忘れなく。

強襲
すっごい普通のイベント。簡易版デーモンロードウォーク。
これが優秀な点はまず対象を選ばない点。
こういったイベントは式神付きなどの多数の制限がかかったものだがそういった制約は一切無し。
その為、タッチでも組み込みが可能になり呪力1での回避行動に、
かすり避け以外の手段として一石を投じるものになるだろう。
また、化け猫+大回転攻撃との相性もよく、簡単に最高出力まで上げる事ができる。
見た目よりも意外にやってくれそうな感じをかもし出している(*12)

奇門遁甲
またしても異様な軽さを誇るデバフ。
相手にはっつけるという点でイリュージョンレーザーのデバフ版と言える。
ただし、その分自身のバフには使いづらい。
拡散や誘導弾持ちに貼り付ける事でほぼその能力を無力化する。
個人的には今まで無力とされてきた反魂蝶や、
空巫女と言った拡散の高命中に対してのアンチになるだろうと思っている。
ただしデバフの宿命上、先張りをされると手も足も出ないので注意。

コンサート
限定的時間停止。時間停止と違いラクトガール包囲網をすり抜ける。
噛み合わせ命なので、どうしても不安定な部分はあるが、軽さが引き立ってよい。
楽器は増えたので人形劇で引っ張ってくる機会が多いことだろう。
それはイコールで虹川4が減り、かつ命中補強になる事を意味する。
命中補強になるという事はこれまで以上に枠に対しての制限が加わる事に直結する。
俺はそれが嫌で虹川4にしてグロッソの命中を補っていたわけだが、
それが崩れるという事は何かしらで全方位かピンポかで補強をしなくてはならない。
とすると、人形劇でリクルートできる分楽器の枚数が減る。
楽器の枚数が減ると、さらに暴食に対する耐性が下がる、と完全に悪循環。
速度は上がったが耐性は下がったと思う。
ポテンシャルは高いが、以前よりも楽器依存が高くなっている為、
以前は暴食からでも1回ならば立ち直りが可能だったが、
ここまで依存してしまうと1発撃たれてはもうどうしようもない気がする。
当たったら負け覚悟。

ルナサ・ソロライブ
某所での評価とは違い、俺はこれが一番強いと思っている。
とりあえず的に防壁を立ててくるようなケースが多いのに対しその防壁をぶち抜き、
誘導弾に弱い仕様を止め、おまけで攻撃力を下げてくれる。
派手さはないが一番安定していると思う。ただし対象を取るという事は・・・。

メルラン・ハッピーライブ
集中=悉皆付き。一般に稼動領域になるのはスティジャンとゴースト。
命中を気にしないならそのまま殴るべき。
ただし上記で言った通り、速度や安定性は上がった分、弱点がモロに露呈し始めているので、
短期決戦に持ち込みたいが、呪力は重めの4。
命中上がってもグロッソと同じなので命中補填には使えない点に注意。
なぜかメルランだけソロライブじゃない。いじめイクナイ。

リリカ・ソロライブ
迎撃時ではなく常時なので回避が上がりっぱなしになりやすい。
誘導弾に対しての耐性は相も変わらず0ながら、通常弾に対する耐性はできてきた。
しかしながら決死がルナサよりも高い4である事を考えると決死よりは回避をしたいところ。

紅の自警隊
もこ専用のライフゲイン手段。軽めなのであまり場を気にせず張っていける。
ライブラリー修復能力は思ったほど役に立つ機会はないと思うが、下の能力は地味に効く。

フェニックスの尾
もこの優秀なブロックイベント。フェニックスウィング(*13)
迎撃時にこれでパゼストを呼び戻せばレベル1のスペルは攻撃できないし、
呪力さえあればインペリを呼び戻し発狂させる事もできる。
また、ウーを呼び戻すと、自身の強化能力と、フェニックスの効果で、
迎撃3命中6誘導貫通というびっくり能力に早変わりする。
状況に合わせて使い分けていきたい。
無論、墓地に巻き戻る効果を有効利用する為に別のカードで生贄代償にしてしまうのもアリ。
わりといい手段かなと思うのが、ノンディクショナルレーザーの巻き戻しと、
それをさらに発展させた蒐集での回収。これでデメリット0で蒐集を撃つ事ができる。
まぁ強いて言うならその構成がデメリットなんだが。

頭突き
場が整ってからならば値千金のイベント。
でも場が整ったらこんなんしなくても勝てるんじゃね?ってツッコミは却下。
手札1枚では全く意味が無いのでできる限り変身してから使いたい。
めちゃくちゃ軽いのがグッド。

隠蔽
相手のスペルを削り落とす為に先手自2Tに叩き込む邪悪すぎるイベント。
このイベントの凶悪な点は某TCGと全く同じでマナベースを破壊できる事(*14)
それと相手のターンに撃てる事。不思議なんだけど自ターン制限が本当にかかっていない。
あとランダムディスカードの後で捨てたカードがスペルだった場合、
相手の手札にはスペルが満載か、捨てることの出来ないカードが満載かの2択とも取れる。
つまり色々と相手の手札を読みやすくなるというわけ。
AP-1してDF+2(*15)

一点集中
拾い読みイベント版(*16)
つるぺたで使うなら百鬼夜行を拾い、怪力無双を墓地に落とすところ。
シナジー効果は悪くない。むしろ他のデッキだとデメリットが際立ってあまりよろしくない。
しかしながら、つるぺたとして考えるとドローもせずに呪力2を削る上に、
序盤域での迎撃スペルに対して想定呪力を削る事になる。
けどつるぺたは序盤で形勢を立てておかないと、そのまま押し切られる。
そんな苦労してまで使う必要ないような。絵が太陽拳。

太古の記憶
ヴォヤージュからすると物凄い数のドローを可能にするドローソース。
しかしながらデッキ2枚、ライフ2点削る為に効果としてはかなり大味。
なんと言っても削れる速度は上の一点集中よりも速い。
ライフの削れ方が気になるが、そこはうまく調整していきたい部分。
これも使いすぎると死ぬ。



今回はここまで。
んでは。(´ー`)ノシ


*1
「ちゃっす」より「ちょす」のがなんか俺は好きだ。

*2
だがその言葉を吐いて違ったやつはいない。

*3
そっちの方のデッキも煮詰まりかけとか、俺の頭もしかして空鍋なんじゃね?カラカラ・・・。

*4
神というかご意見番というか。これはもう喝だな!喝!

*5
見てたけどな。あれ神だよね。

*6
俺の妖精は宿題から車の運転まで幅広くやってくれる。
まさに自動書記。

*7
昔のポケモンスタジアムはレベル合計が150でやってたんだけど、
今はそういうのないんだよね。
あれのが戦略的におもしろいと思うんだけどな。

*8
スカルマークの隊長機に乗ってれば完全な死亡フラグ。

*9
フリーザーストーム→ファイアーブリザード→烈風正拳突き。
やってる事はこういうこった。

*10
アレ名作だよね。友達なくすけど。

*11
さっぱり妖精でも、桜塚やっくんでもなく、乱崎優歌。

*12
貴家澪。

*13
メッサーウィング。

*14
通常の手札破壊には必ずと言っていいほど1つの制約がある。
それが"マナ基盤を除いた"という部分である。
なぜならば、マナ基盤自体を破壊されると意図的に事故状態を引き起こされるケースがある為。
それらは無差別破壊、拝借などにもきっちり生き続いている。
しかしながら隠蔽は某TCGで同じだったように無作為が1枚混じっている。
初手にあるスペル枚数が2枚であった場合、もしそのスペルを落とされてしまった時、
高確率でスペル事故を誘発する事が可能となる。

*15
ペンギン固すぎ。

*16
デッキの上から5枚見てそのうち1枚を手札に加え、
残りをゲームから除外する青のエンチャント。
重いし緊急対応としてはデメリットが大きかった。使いすぎるとデッキが滅びる。
その点では5枚は優秀なのか、欠点だったのか。多分後者。
追記ゾーン(スキマ)

Q
ぶっちゃけ今回のってどうですか?簡潔におながいします。

A
簡潔におながいされました。

俺の所感でよければどうぞ。

巫女
伸び上がりイマイチ。デッキ変えなくても別に。異変を潰せるのは○。
一蹴ホントに微妙。環境低速化で相対的に強さUP。

マリ
動きようがない追加カード。明らかにオーレリーズの下位互換。
ぐうたらは新たなロックデッキ誕生の予感。期待の1枚。

メイド
手品は万能に動きそうでその呪力2は使っちゃっていいのかい?な印象。
添え咲夜だと◎。コンボデッキに。

みょん吉
精神統一よりマシなのが出た。だけ。おとなしく宴会準備してれ。
大暴食時代なので剣はないが、現世斬はきっちりアンチ。またタッチの日々。主役はいつ?

スキマ
入れてる人がいたらピンポ→パワーアップ。境界弄りは地味に輝夜アンチ。
レーザー避けが出るも、漱石のがフレキシブルに使えて便利。神隠しの需要UP。

アリス
人形劇でスピードと安定性が異常に上昇。ただ環境が大暴食時代なのが×。
いくら速度が上がろうとも暴食3積みに勝てるわけなし。


運命操作は撃てば確定回避の切り札。慎重に使いたい。デュオはいらない子。
環境次第では大化けすると見てる今回のダークホース。

ゆっこ
暴食大暴れ。しかしながら幽明境と幽雅は幽々子4より相性悪い。好みで。
4幕アンチ筆頭。世はまさに大暴食時代。


蹂躙魔力、癇癪が厳しかった防壁のアンチに。
完全燃焼はスペルの命中が浅い事をクリアできれば○。

貧血
住吉取るか、二重詠唱取るか。エレメンタラーは3枚能力が基本。5枚はメリット少なめ。
暴食環境でラクトが光るが、同時に4幕はラクトガール包囲網をすり抜けるカード多し。

中国
欲しいのは命中だと口をすっぱくして言ってるのにまだ補強気配なし。さすが中国。
連環は中国ではなく別のものをチューターしたい。格闘戦はハマればフィーバータイム。

てるちゃん
輝夜4の時代の終結。サポ破壊必須環境。待宵は使いこなせればその人は多分強い。
使いこなせないならタダのゴミ。ゆっこタンアンチに傾きかけている。

えーりん
時代は低速環境に向かっているが、回避方向には向かってないので×。1:3アンチで◎。
月の記憶の軽さには頭が下がる。

うさぎ
波長反転は鈴仙の能力とコンフリクトで×。プライドにかますと確変スタート。
変更点ほぼ0。高草郡は救世主足りえるかどうか。

虹川
楽器のそろうスピードが速くなってきた。人により構築力の差がひどく出る。
楽器依存が高くなってきたので勝つ相手には勝ち、負ける相手には負ける。

あい
低速の環境下と妖々跋扈の相性◎。十二神将が地味にウザい。
貫通耐性なども出てきたが・・・。残念、この世は大暴食時代だった。

だいだい
タッチ向き。報復がどこまで通用するかで方向性が変わる。
実はとあるキャラとの相性が革命的に上がった。どう出るか。

もこ
妖精編隊が自分の呪力ならばよかったのに。平穏が来ない事を祈れ。
低速環境に向かっているので風は吹いてきてる。

けーね
場の構築ができれば蹂躙モード開始。だがそこまでさせてくれるかどうか。
相変わらずの命中難。ミラーとか許してはいけない。

つるぺた
太古は4向きじゃない。かといって別デッキに組み込むとデッキアウトする。
瓢箪入れてたら太古と変わるくらいで多分ほぼ変わらない。

以上。俺の考えだからつっこみは不要。


-まとめ-
環境は低速化に向かう。
サポート乱立+幽雅のせいで大暴食時代到来。
ノーサポートデッキの登場なるか。


なお、この判断は全て麻絹当人の主観と認識に基づくものなので
実際の効果、及び他者の判断とは異なる場合がございます。
その辺をご理解をほどよろしくお願いします。

って毎回書いとかないとな。c⌒っ*゚ー゚)φカキカキ
スポンサーサイト

コメント

>オススメは砦と明鏡止水


見切りはレベル2だった気がするのですが



もしかしてレベル5の話ですか

ごっつスーパーミスでおますw

修正しときます。指摘thx

幽雅な休息はやはりまずいですよね。
レベル4ならこれと反魂蝶のおかげで最高火力が4以下のデッキに負ける事はないですからね(永遠亭が終わってるよ…)。

あと実験のサーチ能力は起動フェイズ時のみなので連環撃によるサーチは残念ながら不可能です(私も最初考えてました)。

指摘thx 直しときます ホントダメだなレンコン ( ´・ω・`)
非公開コメント

プロフィール

悠P

Author:悠P

FC2カウンター

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索