このカードを使ってみよう第12回

B「もう細かいことは言いませんが12回です」
A「泣いて謝るので13回目のことはもう言いません」
B「つーか言ってるっつーの」
A「はい、というわけで今回はこれー」

カード名:紫奥義「弾幕結界」(種別:スペルカード)
呪力7。使用条件紫3。追加代償なし。
攻撃4、迎撃3、命中7。タイプ:拡散。
特殊能力:
防壁(3)
[戦闘フェイズ]呪力3
自分の『紫』のレベルが4の場合、フェイズ終了時まで、このスペルは「攻撃+2」「迎撃+1」「命中+2」を得る。
(フェイズにつき1回まで使用可能)


B「文句なし紫の主力」
A「紫を4にする価値ここにありって感じですね。ていうかレベル4特典としてこれだけ異常」
B「これのせいで紫はあんまり3にする意味がないんだよなあ……」
A「まあともあれ比類なき防御力と攻撃力を兼ね備えた意味がよく判らないこのスペル。えーと短所は呪力?」
B「ブースト分含めると10。なんぼなんでも連発できません」
A「あえて言うならファイナルスパークが天敵」
B「まあ、総じて貫通もちに弱いです」
A「まあ弱点が無かったら勝てねえしな。このカード」
B「でも基本的にレベル3カードは馬鹿だから。これは群抜いてるけど」
A「まあどっちにしろやっぱり4で使うのがいいんじゃないですかねぇ」
B「紫4が多いのはこのせいだね」
A「ていうか幻想結界とか幽明境を異にするよりもメリットがどう考えても大きいからねー」
B「まあ、逢魔が刻との併用ができると言うのも大きいね」
A「逆に無いと辛いとも言える。セットセット」
B「まあ咲夜さんみたいなもんですな」
A「あとはまあ拡散だから一応かわされる可能性もあるということですな」
B「霊夢・幽々子ならまあ、ギリギリでかなあ。常時回避はできそうにないけど」
A「まあでもそれでも1回でも当てれずに落とされるとやヴぁいので、藍つけて式神強化とか使うと素晴らしいことに」
B「ま、これやられると、霊夢以外回避できないからね」
A「まあ紫とやる場合は早期決戦を目指した方がお得です。というかガチで殴りあうのは止めた方が」
B「ライフ的余裕があるかないかにもよりそうだけど。反魂蝶なら殴り合えるんじゃね?」
A「ボーダーオブライフ前提ならなんとか」
B「レベル4ならまあ、やれないことも? 攻撃側なら」
A「まあ、幽々子だったら避けることもできるしね、一応」
B「強いよなあ華胥」
A「まあボスは強いってことだな」
B「それはアリスが弱いってことか―――ッ!」
A「いや、唯一の3面ボスじゃん」
B「何を言っているんだ、中国が追加されるじゃないか!」
A「現在の話をしているんだ、現在の」
B「まあ、それを言っちゃうと見劣りはするんだけど。設定的に」
A「じゃまとめ」


 じゃメリットから。
 とにかく強い。この一言に尽きる。攻撃と迎撃、命中どれをとっても不満はなく、特に命中の高さが光る。そして常時特殊能力、というか防壁3。ほとんどの攻撃を弾くため、生半可な攻撃だと一方的にダメージを与えられるだけと言う結果に。使用型特殊能力となると、呪力3と少し重いが、それを補って余りあるだけの効果がある。この能力は、呪力を使ってあげるタイプの特殊能力で、トップクラスの効果を誇る。(ただし、使用条件紫4)その為、フル装備(天賦の才+空巫女+森羅結界+リーダー能力)の霊夢であっても、弾幕結界を相手にすると分が悪いとしか言いようが無い。(決死判定になるため)
 そして隠れたメリット。紫のスペルであること。それにより、サポートカードの方の八雲藍がつくということ。結果として、更に能力がアップし、式神強化のおまけまでついてくる。誰もが考え付く紫の最強コンボである。

 しかし、一見メリットばかりのように見えるこのカードにも、大きな大きな欠点がある。
 そのデメリットは、呪力。
 幻想ノ宴で能力もトップクラスだが、使用呪力もトップクラスのこのカード(1位は空巫女)。ただし実質消費効率などを考えると、このカードが1位にしてもいいだろう。それほど呪力を使う。呪力効率から考えてみると、攻撃と迎撃が少なく感じられる(しかしこれには紫は藍をつけて式神強化が出来るため、雛札さんのゲームバランスの調整だと思われる)。
 次に、常時能力が防壁なため、相手が貫通を持っていると、とたんに苦しくなる。どういうことか説明してみよう。たとえば相手が貫通を持っているスペルで攻撃もしくは迎撃に回ってきた場合、仮に妖夢の現世斬で殴ってきたとしよう。そのまま通すには3点は痛い。しかしかといってこちらは紫。避けられない。そのため、こちらもダメージを与えられるが、どうしても向こうの攻撃にも当たってしまうため、スペルが準備状態に戻ってしまうので、呪力的には負けたことになる。また、決死判定しようにも、決死判定用の呪力がとてつもなく惜しい。それぐらい、呪力に困るカードである。(それに比べると、似たようなスペルをもっている霊夢と幽々子の場合、代償が掛かるが基本的には邪魔されないような能力のためそれほどきつくはない)
 その為、貫通をつけるイリュージョンレーザーにとてつもなく弱い。転じて、魔理沙には勝てません。
 上のデメリットに比べるとほんの些細なことですが、タイプが拡散なのもデメリット。あとは使用型特殊能力が紫4でないと使えないため、どうしても紫3と4での弾幕結界を比べると、大きな隔たりが出来てしまう。
 しかし、紫奥義なだけあって、奥義の名に恥じない強いカード。
 使用纏め。相性のいいカード。八雲藍。八雲卍傘。睡眠(トップクラスの嫌がらせ。笑)。逢魔が刻。
 まず八雲藍の説明。リーダー単体における幻想ノ宴最強ダメージを叩きだせるコンボ、弾幕結界に藍つけて使用型能力使って式神強化*3=13ダメージ+誘導弾。(これと同数値が出せるのが魔理沙)
 八雲卍傘。防壁+1つけて防壁4。
 睡眠。詳しいことは睡眠の項を参照してもらうことにして、自分は体力回復しつつ相手には多大なプレッシャーを与えるという嫌がらせ。(ただし魔理沙には通用しません)
 逢魔が刻。呪力不足の紫ちゃんの最大の友。ついでに、相手のシーンの張替えにもなるので、一番相性がいいかもしれない。
 このため、弾幕結界の性能を100%使用しようと思うと、紫4になり、また紫を使うと言うことは弾幕結界が入ってくるため、レベル3にする必要性がない。(紫3で他に誰組ますのという疑問が出るため、あまりレベル3はおいしくない。霊夢だと幻想結界と調伏だけ。幽々子の場合幽明境だが、紫は呪力が足りないため、あまりおいしくない。そのため幽明境を使おうと思うと、幽々子3、紫1(リーダー)の方が強い)
 結論として、弾幕結界を使う場合、おとなしく紫4にしておけと。

B「まとめるまで長っ!」
A「愛の差愛の差」
C「いやーとりあえず一番ネタにする回数が多かったからね」
B「まあそうかも。微妙だけど」
A「まあ駄文日記はメンバーの愛と妄想と夢で出来ています」
C「うーん、まあ俺が使ってるキャラだから、それだけデータは萃まってるし、言うべきことが多かったからこんだけ長くなった」
B「睡眠の時も長かったよね、そういえば」
C「まあなんだかんだ言って八雲一家好きだしな。橙以外」
B「てか橙って、八雲一家じゃなくね? 字(あざな)もらえてないし」
C「でもなんでか橙も入れて八雲一家って言ってしまうよな?」
B「まあそうなんだけど。そこら辺りは妄想しろってことじゃね? SSとかには多分多いよその辺」
C「ふぅ……橙が犬ならな」
B「俺は猫で全然いいけど」
C「俺猫あんまり好きじゃねえんだよな……猫」
Bこと猫「いや、俺は猫好きだし」
C「空気読まねえし」
B「いや、だからこそ猫だろ。いや俺の話じゃないよ?」
A「そりゃあ……このメンバーの猫は、借りてきた猫にすらなれない猫だからね」
B「ヒドス」
A「むしろ普通の猫とここの猫を比べること自体が酷い」
B「まあそこは同意。俺と比べてもなあ」
A「じゃあ、雑談になってきたからそろそろ締める?」
C「じゃあみんな、いっくよ~!」

C「みんな、弾幕結界を讃えよう!」
ABC「弾幕! 弾幕! 結界! 結界!」
ABC「弾幕! 弾幕! 結界! 結界!」

A「左舷、弾幕薄いぞ、何やってんの!」
B「当たらなければどうということはない!」
C「僕には守りたい世界があるんだぁっ!」

ふ「あんたら一体なんなんだぁっ!?」

C「今回は特別ゲストふぅさんに、言の葉を電気信号に変えて、端末に送ってもらいました」


Ending BGM"暁の車輪”

以下、雑談(この先二百由旬)
C「プロデューサーさん、ドールですよ! ドール!!」
A「いいたくてしょうがなかったんだよなお前……」
B「そのようで」
C「I DOLL M@STERだしな。とりあえずまああれだ、明日だ。しかし参加人数が無駄に多いぞ。なんか今回大阪から3人来てるぞ」
B「え。てかそんな来てんの? 多いな大阪組」
C「なんか無駄に人気だぞ、アリスゲーム」
A「みんな人形が好きなんだね……(あえてアリスとは言わない)」
C「とりあえずふぅさん製作によるポスターが出来た」
A「ありがとうございます」
C「よし、お前(ふぅさん)、猫の家に来て猫をフ○ックしていいぞ」
B「ちょ、クラウザーさんwww」
A「こいつと関係を持つなんてそんな数奇な輩がいるんだろうか。いや居ない(反語)」
C「ウチのクラウザーさんはクラウザーさんでも、春香・クラウザーⅢ世だからな」
B「どこから突っ込めばいいんだろう……てか他所のネタはいいの?」
C「別にいいんじゃねぇ? とりあえずやるぜPieタッチに関しては代表者からオーケー貰ったから名前隠さなくてもよくなりました」
B「ドゲラザク乙」
C「まあとりあえずポスターを見てもらったら判ると思うが、突っ込みどころが満載です。その全部、糸を引いているのは俺です。絵師さんには無茶言ってすみませんでした。そして、ありがとう」
A「貴方が蜘蛛だったのですね」
B「その名はエージェント」
C「そうよ~乱れる悦ぶぅいを~」
B「乱れる悦びって言うか狂う悦びじゃないのかこれ」
C「もっと果て無く激しく心の奥まで~アナタだけが仕えるテクニックで、」
ABC「とかちちゅくちて!」

 オンエアー終了。

A「あ、もう歌うの終わりでいいのね」
C「ああそうそう。明日ですが、一つお願い事があります。今回もアンケート取らさせていただきたいと思います。
 1.好きなアリス。
 2.好きな人形。
 3.好きな駄文日記メンバー。(A=ヘルツ、B=影絵の猫、C=悠P、老-C、麻絹、麻絹Ⅱ、ふぅ、冷麺様、パレスの中から)

B「…いや、マジでやんのこれ」
A「猫が1位になりますように……」
B「と言ってる奴が1位になりますように」
C「次のお願い。参加される方は当日用紙を渡しますので、デッキ内容を全て書いて代表者に提出してください。不正防止用と、成績優秀者のデッキ晒しのためです。(当日、デッキ内容を晒してもいいかはお聞きしますので)又は、当日書くのがいやと言う人は、先に書いてきてもらって、当日提出してもらっても構いません。面倒とは思いますが、ご協力お願いします」

C「いやーあれだね。ウチも本格的に動き出して、今全国大会のポスターを印刷所に持っていこうとしているわけですが」
B「リアルにポスターサイズになるねえ。でか」
C「あ、そうそう。11月5日、どうやら俺の師匠が出るらしい」
B「うわ。勝率下がるなあ。……それはさておき、アレはありがとうございました。活動がしやすくなりました」
C「とりあえず師匠のお陰で、来月からの交流会or大会が、また全て無料になります。この先半年ほどは開催費ゼロ円でも十分にできます。この場をお借りしまして、敬愛する師匠に」

ABC「本当に有り難う御座いました」

A「つまり半年後に開催費が必要になったらそれは誰かが着服したってこと……げふんげふん」
C「何をいっとるのかね君は」
B「なんか急に眼鏡で口が半開きのガリな人みたいな口調になったなあ」
C「そこは着服したじゃなくて、拝借したでしょ」
B「もってかないでー」
A「突っ込みどころそこかYO! てか拝借前提!?」
C「いやーあれはなあ。手にしてみろ。一瞬考えるぞ」
A「ま、俺も金はいつもないけれど。お陰でまだ1セットも買っていないけれど」
B「働かないからねえ……」
C「明日の会場場所ですが、扉の前にアリスゲームのポスターを貼っておきますので、目印にしてください」
B「問題はそもそも敷地に到着できるかどうかだと思うけど、どうよ」
C「その場合は携帯にご連絡を」
B「連絡先はまあ、告知ページの方をご覧下さい」
C「私信。牛沢さんへ。明日楽しみにしていろ。デッキケースは出来上がった」
B「じゃ、まあ今日はこの辺で」
ABC「まった来週~…会える人は明日」

C「俺この日の為に仕事休んだんだよな」
スポンサーサイト

コメント

今ごろ、

楽しくやっているかしらね~゚+.(・∀・)゚+.゚
俺様はさっき名古屋に帰ってきたよ。眠いよ。
ポスターサイズになったら見てみたいなぁ。ドキドキ。
では、引き続き楽しいアリスゲームになりますように~。

>1.好きなアリス。
ここは突っ込むべきなのかwwwwwww

ふう姉)

ちょww当日ドタキャンか(笑)

とりあえず、無事に終わったよ

アリスポスターが好評ですた。

GJ!
そっちも、そろそろだろうから頑張ってね。

Mixiの方から来て読ませてもらいましたよ。
紫様のデメリットは意外と個人的には少ない気がします。

紫様は重量級、まずは初手に交わせる状況を作り出すのが先。
いくら初期回避が3あるといっても足りない。
そこで森羅結界を出して回避プラス1
「八雲紫の神隠し」OR「静と動の均衡」で回避プラス1
ここまでになるまでダメージを食らうのは仕方の無いことだと思います。
しかし、これが出たらもうスペカなどは整っていくでしょう。
「弾幕結界」を起動するころにはすでに後半の後半に突入しているでしょうし
準備状態のスペカがやたら場にあることでしょう。

その為、「逢魔が刻」はあまり必要はありません。
むしろ、相手のブーストをさせてしまうのでよろしくありません。

では、なぜ魔理沙4に弱いか
魔理沙のデッキは 「即殺!」 がメインなデッキです。
その為、てんで貫通持ちのスペカが多いです。
なお、手札が

魔力結晶×3
ドラゴンメテオ
の4枚が最初からあったならもう泣けます。

しかし、妖夢には強かったりします。
紫様には 「神隠し」 サポート除去があるからです。

いままで、調べてきたざっとな見解です。
意見、よろしくです。

>MARUMUさん。

まずはご来訪に感謝です。


MARUMUさんは紫様を回避主体で考えていると見ましたが、個人的には紫様の回避はあまり伸びないかなあ、というのが印象です。
八雲紫の神隠し+森羅結界で回避が5。5まででは命中補正イベントどころか、レベル2スペル以降なら普通に当てられてしまう可能性がありますので。
しかも回避が5となると実質決死判定となると思いますが、決死判定、もしくはパターン避けなどで呪力を3更に使用することを考えると、恐らく同程度の呪力を消費するのではないでしょうか。となると、弾幕結界を立てて防壁3にしても呪力的にも変化はありません。
結果的に呪力を大量に払ってでも防壁3の弾幕結界を起動して迎撃に回られた方が怖くなるかな、というのが私見です。迎撃ダメージを計算しても恐らく弾幕結界の方が高いでしょうし。
というのも、貫通がなければこちらが攻撃側だったとしてもダメージがほとんど通らないので。だからこそ紫様には貫通が怖いな、というのが私の意見ですね。

さて、そんなわけで弾幕結界を主力として(というか主力にしてない人はあまり居ないと思いますが)考えると、やはり呪力3のブーストを考えることになると思います。
紹介の方でも書きましたが、これで実質の呪力は10。スペルカードが弾幕結界以外に9枚準備状態でなければ毎ターン供給はできません。となると、他の手段があったほうが楽ですよね。
というか、実際やってみると、呪力が全く足りません(笑
もちろん、相手によって逢魔が刻を置くかどうかを考えるのは重要ですね。
ただ、呪力的な話だけをするのであれば、相手のリーダーのレベルが3以下であれば、3ターンで呪力の不足は取り除けますので、それほどではないかと。


……まあ、ここまで書いておいてなんですが、最終的には好みなんですが(笑


……ていうか長々と紫様の戦法について語ってきて何ですが、これ、弾幕結界のカード紹介なんですよね(笑




猫の意見に付け足しで。

MARUMU様)
基本的には、猫の意見が駄文日記の総意になりますが私の意見も追加。


まず、紫回避のメリットは受けるよりは回避の方が呪力的にも体力的にも有利になれますね。

ただし、デメリットも多いです。

一番のネックが森羅結界。回避重視にしようと思うと必ず貼らないといけないはずです。

まず、森羅結界をひいてこない事には話になりません。
ひけたとして、割られた場合(張り替え)このコンセプト自体が破綻してしまいますが逢魔が刻の場合割られても(張り替え)少しの被害ですみますね。

あくまでも呪力ブースターですから。

さらに、紫自体があまり命中は高くないためこちらの攻撃も当たらない危険性も出ます。

あとは、相手側が霊夢や咲夜の場合、対戦相手の方がメリットはでかいです。(霊夢はもともと貼るべき物、咲夜は殺人ドール等や命中が高いため)

この二人だと避けられて向こうの攻撃だけもらう形なりかねません。

となると、絶対に置かなければならない森羅結界と相手を見て置ける逢魔が刻の場合、私は逢魔が刻を選びます。

そちら様のデッキ内容がわからないのと
デッキは作って動かしてみないことにはこれ以上は語れません。


追伸)

妖夢に一番強いのは、暴食のある、幽々子様だと思います(笑)

さらに現状、妖夢に負けるデッキのほうがめずらしいため妖夢に強いのは紫だけではないかと思われますが?



追加の追加

>MARUMUさん
まあ、上の二人が言ってることに付け足すことって私からは特に無いのですが・・・

ぶっちゃけ好みでOKなんですよね。何が正解って訳でもなく。
あと、地域差ってものもあります。周りの人間との対戦になるので基本的に思考が制限されていくかなあ、と。これは両方に言えることなんですけど。流行を読むってのも大事かな、と。


・・・…んー、あと思いつくのはイベントで命中は+3が基本ですけどパターン避けは回避+2って所でしょうか。まあ、霊夢2・紫2とかの例外中の例外は置いておいて。

では、最後になりましたが、反応ありがとうございます。
非公開コメント

プロフィール

悠P

Author:悠P

FC2カウンター

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索