このカードを使ってみよう、第15回。

B「はい15回。16回じゃない」
A「何言ってんの当たり前じゃん」
B「ソウネー」
A「というわけで今回のカードはこれー」

カード名:人符「現世斬」(種別:スペルカード)
呪力2。使用条件妖夢1。追加代償なし。
攻撃3、迎撃1、命中3。タイプ:集中。
カードテキスト:

貫通


B「今回からは"特殊能力"という括りじゃなくてカードテキスト、で書いていきます。今までのことは忘れてね!」
A「直すのがめんどいからな」
B「まあ色々と、今は本家さんの方でありますからねえ。後で書くけどアンタッチャブル能力とかが出てきちゃったから」
A「まあとりあえずー、呪力2スペルとしてはかなり優秀と言えるのではないでしょうか」
B「命中は低いけど、この時点でアリス・みょんキラーといえばそうなるね。勿論命中が上がればもっと凄いことになるね。集中と言うのも大きいし」
C「たまらんですたい! たまらんですたい!」
A「えーと何か奇声が聞こえてきますが、ゲーム家族を読んでいるのでカンベンしてやってください。あれ面白いからな」
B「まあお母さんが好きですとかそんなことはさておきつつ、何より特筆すべきは貫通。命中が低いなんて目じゃないぜ!」
A「特に妖夢は幽々子・咲夜と相性がよいため、非常に使いやすいかと思われます。弾幕結界なんて怖くない!」
B「呪力上安いと言うことも旨いねー。リバースダメージ貰ってもとんとんだし、呪力的には本気で勘弁して欲しくなるレベルだし」
A「確実なダメージ源となるので、かなり使えるカードです。一時期の私の主力でした」
B「実際、みょんを使う際はかなり強いかと。しかも使用条件1なので、他のデッキにも入ってきますよ、本当」
A「たとえば支配するもの・かつ咲夜リーダーとかだったら泣けてくるよね」
B「実質呪力5で4ダメ貫通だからなあ。大分でかいよね」
A「あとは、迎撃が1点あるというのもミソ。妖夢の能力で上げられるし、悉皆彷徨や支配するものでも上がる。やりたい放題」
B「まあ迎撃でも2点貫通が固定だと凄いことになるよなあ」
A「とにかく、汎用性が非常に高いカードです。逆に言うと、これ上手く使える人は巧いですよ」
C「前回ははしょられて語れなかったので、今回の纏めは気合入れて語りたいと思います」

 まず利点から。妖夢レベル1であること。そして呪力2であること。これだけで利点になるのにもかかわらず、能力が明らかに高性能。攻撃3・迎撃1・命中3のバランスが良く、なおかつタイプが集中(難を言うなれば、通常が良かった)。
 そして何よりも、レアな貫通を持っていると言うのが一番のポイント。貫通を持っているスペルが少ない中で(特殊能力で付加できる貫通を除く)、さらにその呪力の消費が少ない。レベルも低い。これが一番の利点。レベル1ということにより、今現在妖夢は妖夢自体で組むよりも、サポートに回した方が強いので、その中でもこの現世斬はトップクラスの使い易さを誇る。また、紫奥義「弾幕結界」はこのカードが弱点とも言える、命中さえどうにかしてしまえば、これ一枚で弾幕結界を相手できる。となると明らかに呪力的にはこちらの方が有利である。なおかつ紫は防壁が苦手なので、妖夢は、防壁をつけられるイベントが多いので、結果的に紫はこのカードが苦手。なおかつ、スペルを変えてダメージの与え合いになった場合、攻撃力3が効いてくる。紫キラーなカードである。
 次の利点。やはり、支配するものとの相性がかなり良い。支配するものと組み合わせることで、これ1枚でもエンドカードになる。
 また、似たようなことになるが、妖夢主体の場合、剣がつくことにより、更なる強化が出来る。かつ、師の教えがつくことにより、手がつけられなくなるほど強くなる。
 次、デメリットっていうか弱点。
 1番の弱点。命中。何はなくともこれ。
 次の弱点。ネクロファンタジア。これも致命的な弱点。
 上の二つに比べると些細な弱点であるが、迎撃1(ただしこれはこのカードに求めてはいけない、迎撃を求めるならば二百由旬の一閃。この2枚は恐らく対になっていると思われる)と、これぐらいしか弱点が思い浮かばないので、かなり優秀なカードである。
 そして、このカードの弱点ではないが、妖夢が弱い……。
 さらに、妖夢主体の時の強化手段である剣・師の教えなどをつけるのが現状ではかなり難しい(引く手段が無い・神隠しなどで割られるなどで)。それが一番のネックでもある。(このカードではなく、妖夢のネックである。このカード自体は本当に優秀)
 使い道。
 とりあえず遣いたいのならば、妖夢主体で使うのではなく、咲夜と熊させて、咲夜リーダーで使う方が安定する。その際に最後の砦などと組み合わせるとグッド。なおかつ、このスペルを主体として戦う場合、対戦相手は除去カード(幽明境など)を使用するのは躊躇するはず。あと、レベル1として考えるべきことは、毛玉をつける。また、幽々子と組むことにより、蝶弾や悉皆彷徨がつけられる(またその場合、永遠を斬るも使える)。そのため、妖夢が単よりも他のキャラと組ませると強いのはこの辺りが理由。そして、相性の良いカードとしてはやはり、ピンポイント、離剣の見、ルナティック。ぶっちゃけて言ってしまうとこのカードの弱点は命中だけなので、命中さえ何とかできれば使えるカードに早代わりします。

 もしあなたが奇跡を起こせる、もしくは妖夢に好かれていると自信があるならば、妖夢リーダーで組んでみるのもいいでしょう。


 理論を超越した妖夢は、すさまじく強かったです。



C「はーい、というわけで今回もお送りしてきたわけですが、今回のカードはなんと冷麺様が引いてくれました。なんですかこの神引き!」
A「なんかニヤついてます。キモいですねぇ!」
冷麺様「バーバラマジうぜぇ」
B「何か凄い言われようなんだが……」
C「まさにタイムリーなネタ」
A「麻絹さんがすごかったということはまあとりあえず前の記事で語ったというわけですよ。なんか変な文章だなぁ」
C「というかあれのおかげで俺らの妖夢のレベル上がったからね。妖夢実は強いんじゃないかと言う幻想を見れたよね。実はアレ妖夢が強いわけじゃなくて、師匠のプレイングが凄いだけだと思うんだ」
B「俺にはみょんは操れねえ……」
C「いやでもこれではっきりしたな。使う人が使えば凄い強いって事がわかったな」
B「あのみょんはおかしかったよ。うん。ありえねえ」
C「じゃあみんな、今回は改めてみょんを讃えよう!」


ABC「みょん! 吉! みょん! 吉!」
ABC「現世! 現世! 現世! 現世!」
ABC「めーづ! めーづ! めーづ! めーづ!」
ABC「MYONKICHI! MYONKICHI! MYONKICHI!」
C「ぴょん吉! ぴょん吉!」
A「ゆゆ様、そこにいるみょんと、このぴょん吉Tシャツを交換しませんか!」
B「そんな、ぴょん吉なんかどこにもいないじゃないか!」
A「裏返しに着てるんですよ!」
冷麺様「あっちぃ、あっちぃよヒロシ~」
B「本物じゃよー!」
K田「だまされるな! それは偽者だ!」
C「スシを喰うなら宝寿司! 握る男は梅三郎!」
B「ス、スマン! 疑ったワシが悪かったぁ~!」

(交換後)

B「騙したなぁ!」


A・C・K田・冷麺様(なんて哀しい目をするんだ……)




Ending BGM"レベル4"


以下、雑談(この先二百由旬)
ABC「欲望もレベル上げれば~ちょっとやそっとじゃ満たせないけど~是が非でもお願いしたい~君が夢のカギになるから~♪」
A「はい、というわけで雑談です」
B「いつものことながら、こんなネタわかってるのだろうか……ていうか俺も最初わかんなかったよ。読んでたのに」
A「まあネタ元は言わない方が面白いので。各自探してもらうとして~、ま、この雑談では、新カード発表について、語っていこうかなぁと……」
C「メメタァ!」
B「すげぇジョジョっぽいっていうかそのものだよ……てか何故にw」
C「よし、俺にもっと語らせろ! 前回喋れなかった分俺に喋らせろ。見たい、聞きたい、歌いたい! 目立ち~たい!」

秘弾「そして誰もいなくなるか?」
フラン3
呪力7 攻撃6 迎撃3 命中6 拡散

このスペルへのサポート配置不可
【充填フェイズ・戦闘フェイズ】
このスペルはイベント・特殊能力の対象にならない
【戦闘フェイズ】フラン4なら戦闘中の相手スペルはイベント・特殊能力の対象にならない


C「アリスと妖夢潰し」
A「基本的には赤字で目標とっている効果を消されると言うことです」
B「赤字でも、要は対象がそして誰も居なくなるか、ないしレベル4時に相手側のスペルカード、となっているもののみ、効果が無くなると言うことですねえ」
A「つまり、全包囲攻撃の効果は発揮しない。逆に、永遠を斬るでも殺されない。また、相手スペルも全包囲攻撃などは効果を発揮しないが、パターン避けは発揮される。Lunaticは両方とも効く。具体例としてはこんなもんでしょ」
B「故に、アリスのリーダー能力は、対象がスペルカードなので……もしレベル4なら……!」
C「ただしこのカードも弱点多いけどな。まず自分が強化できない。ということはつまり回避系統に弱い。ま、使い道としては魔理沙みたいなもんだ。命中どうにかするだけ。特に空巫女に弱いし。紫の弾幕結界にも弱い。案外相手の能力に影響されないと言うのは強いように見えて、実は自分の首も絞めているというこのカード。そしてさらに拡散なのも痛い。何しろ低速移動持ってる奴は結構居る状況で、この能力はねーだろ(笑」
B「ま、常に使えるカードじゃないよね。波紋に期待ってことで。山吹色の波紋疾走!(読めた人とは仲良くなれそう)」
C「まあアリスと妖夢には本当に強いと思う。ただ、となるとあまりにもこの二人が不遇すぎる。現状でも強くないのに。となると、考えられることはただ一つ。思いっきり強化される、という、それがこのテリーマンの考えることだ!」

ブチッ

C「靴の紐が切れた……まさか、みょんとアリスの身に何か……」
B「テリーマンの靴紐が切れたと言うことは……悪い知らせか!?」
C「急ごう、ラーメンマン!」
A「お前ら何処へ行きたいの?」
C「王位継承争奪戦・決勝戦」
B「とりあえず、NARUさん家とか」
A「勝手にボソンジャンプでもしてろ」
C「まあそろそろ本当にみょんとアリス強化されないと、暴動起きるぞ」
B「逆に強くなったアリスなんてアリスじゃない! とか言う人もいるんじゃないかなあ。誰とは言わないけど」
冷麺様「俺もそう思っていたところだ」
C「アシュラマン、何故此処に!?」
A「警報、警報、ネタが錯綜しております」
C「まあみんなそんなビビらなくてもいいよ、見掛け倒しに近いから。このカード。このカードだけはね」


イベントカード
恐ろしき波動
フラン2
呪力4 充填時
4―(相手のリーダーのレベル)点相手のリーダーにダメージを与えるカード

C「はっきり効果が分かれるカード。これ使うぐらいなら対岸の誘い使うなあ、俺は」
A「うーん、咲夜さんが弱体化された理由ここにありー、と言ってしまうのは早計ですが、実際1:3デッキは多いからねえ」
C「まあこのカードに関しては、アリスと妖夢はわりと優遇されたな。あいつら主体にして組もうと思うと単にしかならんから。そういった意味では両者とも優遇されたが」
A「まあ幽々子2・フラン2の、なんか赤いデッキっぽいものを作りたい方はどうぞ」
B「どっちかっていうと黒だよね、っていうのはある。まあ使わない場合と言うか使えない場合、恐らくあるであろう手札代償にでもすればいいんじゃないかな」
C「ちなみにBが言っている黒って言うのはフランの能力が黒くさいって事だろ?」
B「イエス。あくまで雛札の情報のみだけど」
C「それは俺も思った。恐らくあれだ、雛札さんのコメントみてたけど、一つ気になる分があったんだ。"あげすぎると脆くなりますよ"って。あれだけ聞くとどうもフランの能力は、体力削る代わりに攻撃力上げそうなんだよな。レミリアと一緒で。ただしレミリアが呪力使う変わりに体力で、1ターンに3回使えるとか」
B「今までは1回のみだけど、別にそういうのがあってもおかしくないしねえ」
C「とりあえずこの2枚とも通用するデッキを一つだけ知っている。幽明境デッキ。デッキのコンセプトである幽明境がまず効かない。次に、大体幽明境を組む場合、紫1・幽々子3になるから、ばりばり3点当てられます」
B「後は魔理沙・咲夜のよくあるコンビ辺りはきついかな。やっぱり3点だし」
C「ただこの二つのデッキもあれなんだよな。それぞれ華胥の永眠・高速詠唱とかあるから、そんなに怖くもないんだよな。特に魔理沙の方。殴り合いになったら負けそうな気がするが、フランドールの方に高速詠唱・もしくは魔力結晶に類似するような奴がなければ、魔理沙にすら負けるぜ。そこらへんはまあ、まだ他のカードが出てないから、高速移動ついてるカードが出るかもしれないし。今のところ2枚ともそう騒ぐようなカードではない」
B「そりゃあまあ、現段階では詳らかにはしないとは思うけど」
C「まあでも、咲夜リーダーの魔理沙は減るなあ。さすがに3枚使われると9点喰らうからな。咲夜にとっちゃ半分削られるからなあ」
B「前までのみょんリーダーのみに比べると、大分条件がゆるい気はするしね。ただまあ……やっぱり安定しないよね」
A「フランの防御はフォーオブアカインドかなあ、と思われる現状、魔理沙とやりあうのは辛そうかなあ、やっぱり。あくまで推測ですが」
B「レーヴァティンで高速移動で回避だと思いまーす」
C「ま、とりあえず駄文日記の意見としては、効果が安定しないカードは弱いとみなしていますので、それを見てみると対岸の誘いははっきりしているんですが、これもやはり弱いと思います。だからあまり私たちのデッキには入ってきません」
A「ま、出てからですね。なんにしても」
B「来週はパチュリーやりますよ!」
C「やらなくていいよ」
スポンサーサイト

コメント

すみません、琴さん

今回の来れ使ってみようで、琴さんリクエストの一閃を忘れていましたので
すみませんが来週になります。


リクエストしていただいた琴さまには、本当にすみませんでした。



その他の皆様もリクエストありましたらまたどうぞ。

勤務中に流れて来ました~

「現世斬」
強いですよね。このカ~ド。
みょんが1でも入っていたら即主役のカード。
魔理沙並のスピードです。
レベル1のカードは全部、攻守はっきりしている為に対で入れないといけないのが
弾にキズ。
後は上に書かれていることばかりかな?
命中低いというけど3は優秀だと思うよ。

フランカード2種
スペルの方は多分出てくるサポートがヤバげな感じが…。
多分、トドメに使用。
推論になるけど、てんで破壊式のロックなのが
コレのサポートみたいな感じで出るかもしれないから
この使い勝手じゃないのかな?

イベントの方は幽々子や咲夜と組むと
てんで破壊デッキの出来上がり。
フランのお陰でとんでもデッキが出来るんじゃないかな。

とりあえず、この2種だけを見ているとフランが主役なデッキは少ないと思う。

>MARUMU-様

ますは、ご来訪ありがとうございます。

現世斬はたしかに強いですが、命中3は低いかとおもいます。
というのも、現状命中2が3種しかない上にそのうち2種は特殊能力で命中上がります。
なので3で集中ってのは下から3番目、というのが私の考えです。
特に咲夜、霊夢、紫、レミリアあたりは軽々避けるので、序盤に1,2発当てても繋がらないんですよねえ。メイドリーダーなら別になってきますが、そうするとまあ殆ど妖夢主体じゃないですしねw
というのがちょっと妖夢を齧った私の考えです。


えー、新カードですが、まあ言っても2種類です。単体で組むとしても14(15?)種類あるわけですから推測の域は出ないですねえ。
なのでまあ、ワクワクしながら冬を待ちましょうw




よし、連投でコメント残したから暫くはいいかな(違

iBFNNilzyPYVioKL

lHHyIHIFZqDwwQqzI

ap.txt;5;10

kAEtFGRDSkI

ap.txt;5;10

tRgqXTIhQbluMQEftym

ap.txt;5;10

nlxVGSPVKwhCiQhVgxn

HoeABKRjjOEU

e,

ynEsYozbJpGdxR

b,

YbYveXiZnbececj

b,

uBJPMVYNzWqMIsyWoG

c,

NAvrWlzfDsDdgBqjc

f,
非公開コメント

プロフィール

悠P

Author:悠P

FC2カウンター

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索