このカードを使ってみよう、第16回。

B「はい、16回目です」
A「前回は忘れていてすみませんでした琴さん」
C「というわけで、昨日は猫の誕生日だったので寝てません」
B「相関関係があるようでないよな……それ」
A「はい、というわけで今回のカードー」


カード名:一閃(種別:イベントカード)
呪力3。使用条件妖夢1。追加代償なし。
カードテキスト:
[戦闘]
フェイズ終了時まで、自分のスペル一枚は、「攻撃+1」「迎撃+1」を得る。自分のリーダーに[白楼剣]が配置されている場合はさらに「誘導弾」を、[楼観剣]が配置されている場合はさらに「貫通」を得る。


B「というわけで老さん、このカードについてなんか語ってください」
老「妖夢使ったことないんで判りません」
A「役にたたねえなぁ」
B「アテになんないっすねー」
A「つうわけで、このカードの能力値自体は別に悪くは無いのですが、条件が限定的過ぎて全部発揮されることはまずありません、と言い切ってしまってもいいぐらいです」
老「ただ麻絹さんが使うと、なぜかキマりますね!」
A「あの人は人外魔鏡だから……」
B「まあさておき、普通の人が使おうと思うと、どうにも安定しないというところが微妙な感じですな」
A「剣がついてない状態では、コスト高すぎっていうかなんか使うの勿体無い。ただ、どんなスペルにも貫通がつくっていうことはかなりおいしいと思われます」
B「まあ妖夢2が前提なんですけど。剣のせいで」
A「で、まあここからは変則的ですが、二本剣をつけるのはかなり困難です。なので、片方の剣に絞って考えて見ると、楼観剣だけだったら結構優秀なんですよね。こうなると天上剣「天人の五衰」も攻撃力6の貫通になります」
B「そこまで行ければ美味しいんだけどなあ……」
A「畜趣剣「無為無策の冥罰」なら、命中も上げれて集中なので結構旨いかも」
B「まあ、最後の砦の駄目押しとかになるのかなあ……あんまり単体では使わないかなあ?」
C「たまらんですたい! たまらんですたい!」
A「明らかに睡眠時間が足りてませんねー」
B「と、いうわけで纏め?」


まずメリットから。使用レベルの低さ。次に、限定的とはいえ、誘導弾と貫通を一度に二つ付けられるイベントカード。これに関して言うと、式神強化よりは能力的に優秀になります。また、前回毛玉などの時に話したと思いますが、スペルを強化できるのは優秀となります。
その面では一時的ではありますが攻撃+1、迎撃+1をすることができるので(これは使用したときに絶対に付加される能力なので基本的にこのイベントカードは自分のスペル一枚に攻撃+1、迎撃+1を与えることが出来るカードと考えておいて下さい)。
サポートカードと比べると永続的な効果ではありませんが、イベントカードの利点としてキャンセルされにくいです(神隠しなどで場から除去されない)。
その効果から考えると呪力3というのは安いと思われます(能力全てが使われた場合)。

次にデメリット。まず、妖夢であるということ。何度も語ってきているので説明は前回までの項目を参照して頂ければ結構です。
次に、その限定的な能力。妖夢の剣が無ければ効果を発揮しないと言うその能力=使おうと思うと妖夢リーダーレベル2になってしまうということ。また、剣がついていないときの能力のみだけで考えると、あまり旨みの無いカードになってしまいます。
そして、全てのデメリットの纏めになりますが、妖夢という存在自体が限定的なカード(能力)が多いため、イベントカードまで限定的な能力になってしまうととても使い難いカードになってしまいます。

使い道。
勿論妖夢リーダーで使う場合(剣有り)、絶対に入ってくるカードといえます。また、あえて、剣の能力を使う場合も、一つに絞って使ってみるのも良いかと思います(楼観剣なら楼観剣、白楼剣なら白楼剣だけ。これを、私たちの間ではエンハンスみょんと呼んでいますw)。これにより、デッキ自体の安定度も上がり、一閃自体の能力自体も安定すると思います。
さて、ここまでが妖夢主体の使い道です。これ以外の使い道となると、はっきり言って一つしかありません。”自分のスペル一枚は”ということを利用して、妖夢以外のスペルに攻撃+1、迎撃+1を付けることです。特に最後の砦デッキと組み合わせることにより、使い方としては妖夢主体より使えるかもしれません(特に咲夜との組み合わせは良いため、毛玉と入れ替えてみるのも良いかもしれません。少なくとも確実性は上がります)。

まぁ、このカード式神強化よりは汎用性はあります(笑)


C「さぁみんな、今回で何回目になるかわからないけど、ていうかみょん、もう讃えなくていいよね?」
A「みょん飽きたから、猫讃えよう」
B「普通の猫なら激しく賛同するのだが」
A「だから照れなくていいって」
C「さぁ、モニターの前のみんなも言ってみよう!」

AC「はっぴば~すでぃとぅ~ゆ~はっぴば~すでぃとぅ~ゆ~はっぴば~すでいでぃあねーこー。はっぴば~すでぃとぅゆー」
AC「猫ちゃんへ、おぱい常備おめでとうございまーす!」

B「……これがチョコに素で書かれていた辺りが、なんというか……」

20061120101203



A「人徳人徳!」
B「しねカスwww」
C「照れてるだけだと思います、私。ちなみに、この文章、特にハッピバースディのくだりを打っているのは猫自身であります」
B「だからこそ欝なんだが……なにこの羞恥プレイ」
A「歌っている最中はにやにやしていました。この部分はノンフィクションです」
B「そうだね、それ以外にも、というかほとんど渋い面をしている俺を完璧に無視しつつ一部分のみを上げると言うマスコミ姿勢を発揮すればそうなるね」
A「照れちゃってかーわーいーいー」
C「とりあえず猫が来年の人気投票でも1位を取ることを確約されたようなので、そろそろ締めたいと思います」
B「もうさっさと締めてくれ……」


BGM「ハッピーバースディ」



以下雑談?
B「というわけでパチェについて語りたいと思います!」
C「はっきり言って寝てないので眠いです」
A「とか言いつつ戦場の絆やってたよね」
B「俺もやったら酔いました、ということはさておき。パチェですよパチェ。というわけで以下ッ!」


・以下サンプル
土符「レイジィトリリトン上級」
LV パチェ
呪力 2
攻撃2 迎撃0 命中3
通常

低速移動(1)

[戦闘フェイズ] 常時
このスペルが起動状態の場合、使用条件に『パチェリー』が含まれている自分のスペル全ては「命中+1」を得る


賢者の石
LV パチェ パチェ パチェ
呪力 4
配置 リーダー

このサポートは『パチュリー』にのみ配置できる

[充填フェイズ/攻撃時] 常時
充填フェイズ開始時、呪力をX点得る。
(Xは、自分の起動状態のスペルの枚数に等しい)

[戦闘フェイズ] 呪力3
フェイズ終了時まで、使用条件に『パチュリー』が含まれている自分のスペルすべては「攻撃+1」「迎撃+1」「命中+1」を得る。
(フェイズにつき1回まで使用可能)


C「えーと、巷ではこのカード見て、というか能力を見て強いと言う意見が多数占めていますが、駄文日記ではやはり微妙を通り越して弱いのではないかという結論に至りました」
AB「HP30あれば強いと思います」
C「まー能力がMtGだわなぁ」
A「あとみんなわかってると思うけど紫が天敵だよね」
B「後はチューターがないと話にならないと思うんだよなあ……問題はそれまでパチェの体力がもつのか、ということとか山積みなんだが」
C「起動状態のスペルで能力上がると言うのは強いかもしれんし、呪力の問題的には賢者の石でなんともできるが、もっと根本的な問題。ちゃんと戦えるまでにスペルが揃うのどれだけターンがかかるんだ、ということ。なのに体力低いときた」

C「なあ、一つ聞きたいんだけどさお前らに。パチェってそんなに回避力高そうに見えるか?」

B「ぶっちゃけ、本人の性質的にも、恐らく回避が1上がるスペルがあるという想定からも、基礎回避は2がいいとこだろうなあ……という予測」
C「だろ? つまり長期戦を望む中速から低速思考になるだろ? ということはだ、魔理沙に弱いんだよ。ついでに言うと、デッキコンセプト自体を崩してくるネクロファンタジア、神隠しを擁する紫様に弱くなるんだ」
B「いや、てか、要の石落とされたらほぼ負けじゃねーのかなあ、と思うと言うか、あれだ。信念ないとダメだよ。……そして暴食に食われる、と」
C「まーこの二人の新キャラ見てみたけど、明らかに紫様優遇されてるんだよな。それゆえのエラッタかもしれんけど、正直言って呪力1増えたところであんま大して使い勝手変わらないんだよな」
A「他のキャラとのかみ合いもありますし、まあ、実際どうなるかはあけてみないと判らない、というのは実際これだけではどうしようもないというのが現実ですよねぇ」
C「それにたとえみんなが言っている通りパチェデッキが凄まじく強かったとしよう。だが、紫には負ける。となると、流行のデッキがネクロファンタジア入れた紫デッキになるんだよな」
A「まーそこまでパチェが普及するかどうかは人気次第って所もありますよね。いい意味でも悪い意味でも同人なので」
B「強いとか弱いとかはいい、パチェを使うんだ!」
A「と、照れ屋の猫が申しております」
C「う~、パ……」
AB「チュリー?」
C「う~、パピコ!」
A「これ登録商標じゃねえの?」
C「いいんじゃない別に。ブログだし。まあ明らかに賢者の石はパチュリー主体になるよなあというよりかはコンセプト自体になりそうだから、こいつも単騎か」
A「ただしまあ、カップリングのこととかもあるしねえ。ねえ、パチェリストの猫さん」
B「パチェリストという物言いなのかどーかは知らんけども、まあ僕はマリパチェは好きですよ。でも香霖が……」
C「あー、あれか。魔理沙・アリス・パチェで、マスターブレード」
A「その魔法使いTai!は東方サッカーですからー」
B「まあでも、魔法使いトリオは実際ありそうだよね。色々と」
C「まあそこらへんは思いを馳せつつ楽しみに待つとして、賢者の石について語ってみようか」
A「なんですかこの神隠しと暴食の的は」
B「ターゲットロックオン、という感じだろうねえ……ま、絶対手札に余るけど。紫・幽々子以外」
C「まあまず割らないわけがないからな。それにただこれ、パチュリーのコンセプトそのまんまだから、必ず3積みになるんだよな。となると結果的に手札で腐る。ただこれに関してはまあ、使えると思うよ。パチュリー限定だが」
A「というかレベル4能力に期待」
B「まあ、今回はレベル3スペルが明かされなかったからねえ」
C「しかし、ここまで紫様優遇されるとなると、もうあれだよね。中国貫通バリバリ持ってるとかありそうだよね(笑」
B「薬の毒に耐えられなかったりするんじゃないかなーと言ってみる」
A「んーでも確かに、いい加減アンチ紫が出てくれないかなあとも思う。まあ魔理沙いるけど」
B「でもまあやれないって程じゃないからなあ。紫に対峙した時の霊夢の時ほど辛くはないような」
A「まあ、サクマリデッキはみんながみんな圧迫感を覚えるデッキではあるけどね」
C「まースペルカード自体は支配するものデッキとかに入れたり、1:1デッキに入れたりすると夢が広がりそうだよね。ていうか支配するものデッキだと、相当強そうだよね」
B「色々考えられそうだよね。まあ手に入るときをwktkして待とうかと」
C「とりあえず、ま、来週の中国に期待ということで、じゃ、猫くんにパチェリーの魅力について語ってもらいましょう」
B「ってオイ、締めるんじゃねえのかよ。そういうことを言ってしまうと波濤の如く語りそうな気がしないでもなく――ってまあぶっちゃけ好みの問題だと思うんだけどなあ。考えるな、感じるんだ!」



B「あ、そうそう。来週の更新は諸事情によりお休みですので、悪しからずご了承下さい」
C「えーととりあえず、今回のリクエストを持ちまして、全リクエスト終了いたしましたので、新たなリクエストを募集したいと思います」
A「でもみんな、もうみょんはカンベンな(笑」
C「もう破壊ロボでアナザーブラッドと戦わすのカンベンな(笑)」
スポンサーサイト

コメント

ちなみに正しくは「おぱい常備おめでとう」だよwwww

すまねぇフカヒレ

ふぅ姉)
修正と写真付けとく(笑)

ラヴちゃんのみょんは暴食してもすぐまた師の教えまで揃うよ!(挨拶


一閃は普通に強いとは思いますが。
これで貫通がもうちょい付きやすければなぁ、と思います



パチュリーに関しては駄文の方々と同じ意見ですわ
微妙とゆーか弱さを感じます。
…いろいろとやってきてるからなのかもですが。
ただ、パチュマリイベントで魔力結晶を越えるイベントが出そうな気がしてますよ、私は。


アンチ紫はきっとかぐやです
かぐやがスペルの効果を全部消しちゃったりするんだ…!(ンナワケナイ



最後に。

遅れましたが
猫さんお誕生日おめでとです~(3回目

リクエスト忘れた

リクエスト1:紅色の冥界

リクエスト2:不夜城レッド

>砂糖細工さん

3回も祝ってくれてありがとうございます。
1回目は凄い早かったですけどねw


更新の方にも書きましたけど、一閃はやっぱり安定しないのが難ですねえ。
私にもラヴちゃん並みの引きがあれば妖夢とか使ってみたいですけど(笑


マリパチェで、という話はしてませんでしたけど、私たちも魔力結晶っぽいのは絶対あるよなー、というか無いと辛いよなー、という話はやっぱりしてました。
というか、何をどう考えても慢性的な呪力不足な気がしてならないんですよねえ。
ついでに言うと、スペル能力を上げる為にスペルを起動するわけですが、そもそもそのスペルを引っ張って来れないことにはどうにもならない気がしてならないわけで。
正直、瀟洒な従者級じゃないと……体力的に間に合わなくないかなあ、という感じですねえ。
何をどう考えてもアリスや霊夢より遅いぜ、この少女。

だがそれがいい! ……とまあ私は思いますが(笑

いいんだ、たとえマゾくても。パチェを使うんだパチェを!

遅れましたが一閃の解説どうもです~。
みょんはやはり今の環境のままではつらいですか…
でもうどんげ出るまでは永遠を斬るをメインで使いますよ~

1週間も経ってしまって今更な感じがしますが猫さん誕生日おめでとうございました~

事務所対抗戦もやってます

琴様)
こちらこそ、順番が遅れましたことをお詫びいたします 

すみませんでした。
またリクエスト受け付けてますので宜しければどうぞ
非公開コメント

プロフィール

悠P

Author:悠P

FC2カウンター

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索