大阪大会レポ。

「全国大会出場したいですか?」
「行きます」

C「はい、というわけで一週間ぶりの更新です」
B「そんなわけで、先週の大阪大会のレポですね」
C「先週のはやいうちに更新していたのは、この為だったんです」
B「まあ非常に判りにくい伏線だったよねぇ」
C「というわけで、三重までよく来てくれているNARUさんのところに行って来ました」
B「アポなしで突っ込んだので、まあ、なんか要らん苦労をしたようなしなかったような。とりあえずまあ、人数が多すぎなくて良かった……」
C「とりあえず、荒……遊びに行った。話はそれからだ」
B「いや、文脈的におかしいって、それ」
C「ま、というわけで大会に参加させてもらいました。結果、私が2位取っちゃったんだよね(笑」
B「ちなみに私、5位でした。最後の戦いでCにまけたせいだと思います」
C「君が私に勝てると思っているの?」
B「少なくとも相性的につれーですよ。空巫女手札に帰ってきたらなんもできねーもん」
C「とりあえず判ったことが一つだけある。俺に勝った奴は優勝する」
B「まあ決勝まで行ったんだから、そりゃ勝った人は優勝だわな」
C「ただ素直に喜べんこともあるけどな。アナグマさんに迷惑かけた。それだけが心残りだ(アナグマさんもいた)」
B「まあルミナスさんとかも居たし、結構顔見知りの人居たよね」
C「世間は狭いよな、ついでに俺、見知らぬ人から聞かれたぜ、『来年、中国オンリーやるんですよね』って」
B「いやまあ、実際やると思われててもおかしくないし、そもそも身内ではずっと言ってるじゃん」
C「とりあえず行ったのは成功だったな。第一目標である予選大会を荒らすという目標は達成したわけだ(笑」
B「まあ、権利持ちが3人も参加してる時点でアレだとは思うけど……」
C「まあ、現に勝ち取ったのは俺だけだけどな」
B「そりゃーまあ、その3人が途中まで当たらずに3人納まるなんて事態はねぇっしょ」
C「最初言ってたもん、NARUさんと。この3人で入賞したらすごくね? って(笑」
B「いやそりゃ言ってたけど、現実的に考えてまずそこまで当たらないと言う事態がありえないだろ(笑」
C「だからちゃんと2位になったけど断ってきたよ。出場権利」
B「いや、だから元々持ってるんだから当然だろ(笑」
C「でもNARUさん聞いて来るんだぜ、全国大会行きたいですかって」
B「まあそれが冒頭の奴なんですけどねー」
C「とりあえず参加された皆様、お疲れ様でしたー」


「おめでとうございます、五代目はきゅんの称号は、あなたです! お住まいは?」
「滋賀です」


C「まあというわけで二次会なんだが、また乗っ取っちゃった。てへっ」
B「あああすみませんすみませんすみません」
C「俺は聞いただけだぜ? とらぶる☆スクールやりますかと。やりますと言ったのは大阪組の人たち」
B「いや、そもそも持っていく時点でその辺りは折りこんでんじゃんよ……」
C「俺はいつでも持ってるよ」
B「いや、さすがに常にじゃねぇだろ常にじゃ……」
C「いや、常に」
B「うーむ、まあ携帯率が異常に高いのは事実か……実際そろそろスリーブがいやんなことになってるしねぇ」
C「こういった格言があるだろう? 備えよ常に」
B「格言残した人も、こんな備え方する奴がいるとは思わなかっただろうなぁ……」
C「まあスリーブはやってる最中5枚破れたからな。どんだけやっとんねん(笑」
B「回数が多かったと言うよりは、まあ外とかでやった経験のせいかと……あと敗者苛めのせいかと(笑」
C「買った値段の分は遊んでるからな。と俺ばっかりが悪いように言ってるけど、お前もFate出してたじゃん」
B「おや、バレたか(笑」
C「ま、三重組が来るとみんな気をつけろ。全国大会でもやるぞ」
B「うんまあ持って行くんだろうなあ……」


「いやーおいしいんやけどさあ。ムカつくわーこのデザート(笑」
「そうそう、ムカつくわー(笑」


B「かつてあれほどムカつくが連呼された食事風景は見たことが無かったなあ……まあムカつくんだけど(笑」
C「とりあえず説明すると、大会終了後にみんなで飯食べに行くことになって、NARUさんたちお勧めのマジスパ(注:Magic Spiceの略)というスープカレーの店に行ったんだ。そこで俺達が見たものとは!!」
B「世にもむかつくデザートの群れなのでした……あ、でもどれも美味しかったですよ」
C「メインのスープカレーも美味しかったが、辛さはあれ以上上げられません私は(辛さが信条らしいので、辛いものが苦手なCは一番下の全然辛くないレベルを食べていました)」
B「というか辛くないがどうこうより、あのベジタブルは普通のスープだったと思うんだがな……だって同じ辛さのはずのチキンの奴、お前の奴より明らかに辛かったし。まあ俺もそんなに辛いのは頼んでないけど……」
C「とりあえず特記すべきはデザートだったな。NARUさんが美味しいんだけど説明できない美味しさなんだ、だからムカつくって言ってたデザート食べさせてもらったんだけど、確かにムカつくな」
B「なんというか……形容しがたい味だよね。なんと言うか……ホントなんと言うか……ムカつくわー」
C「でも旨いんよ」
B「というか、マズく無いことにもムカつくわーとか言ってたよね。結局何やってもムカつくという(笑」
C「それは俺が頼んだパフェだろ。あの出オチ。花火がついてるだけのただのパフェ、しかもコーンフレーク歯茎に刺さったし」
B「ま、後半はお前の不注意だからさておいてもだな。まあ、確かにあれは出オチだった。なんせいきなり花火だしな(笑」
C「味普通のパフェだし。なんも面白いことねえ」
B「まー他の皆が頼んでたものに比べると、いろんな意味で劣ってたよねえ、あれ」
C「ま、美味しかったしまた大阪行ったら食いに行くか。NARUさんたちと」
B「そうだねえ。次はもう一段階ぐらい上の辛さにしてみるか……そして、デザートでまたムカつくことだろう(笑」


「これはドアやろ」
「いや、オートロックやろ」


B「これからオートロックっていうのはドアって呼称すべきだよね。だって冷麺様が言ってたもの」
C「というわけでえーとごはん食べ終わった後、大阪に住み着いている冷麺様のところに泊まっていました」
B「上の会話は、そのときの冷麺様語録です(笑」
C「まあ、語学力、冷麺語レベル8の俺が通訳するとな、上の会話はこうなる。
『全く今の日本の政治はどうなっているんだ。見ろ、まるで人がドアのようだ』
『いや、だからこそ誰かが人々の心に危機感と言う名のオートロックをかけないといけないだろう?』という会話が成り立っているわけだ」
B「いやもうどこから突っ込んでいいんですかね、それ……」
C「あーまあでもこれはなあ。冷麺語のいそづ訛りが入ってるからなあ」
B「いそづ、恐ろしい場所……!」
C「というわけで、まあハピネスを見終わって眠りについたわけだが」
B「まあぶっちゃけ寝に行ったようなもんだよね。ぐっすり眠りすぎて寝坊したけど」
C「それはお前だけだろう。俺はちゃんとボウケンジャーからカブト、プリキュアをちゃんと見たぜ」
B「お前らが下でそんな会話をしてた記憶は確かにあるんだけどなー。というか夢想歌とかその他諸々に何回か起こされてるし」
C「まあ青春ロケットがとどめさしたのはマズ間違いないと思うけどな。俺の目覚ましソング」
B「まあ結局何度寝したかわからんぐらい寝てたってことで」
C「まあ結構居心地良かったし。とりあえず一晩寝てからその日のうちに帰らなきゃいけない筈だったのに、京都行っちゃったんだよな」
B「そうだねえ。某大学祭に参加してたし。まあやってたのは宴だけど(笑」
C「まあNARUさんとこの大学のサークルだな」
B「まあそんな感じで。ここでもNARUさん、negiさん両名にまた迷惑かけまくってるんだよなあ(笑」
C「まあやってるって聞いた以上は行くでしょ」
B「現に行ったしね」


「こちらのターン終了です」
「よろしくてよ」


C「というわけで、サークルの出し物に参加させてもらい、カードゲームやってきました。ハイスクールエレクションをな!(笑」
B「みんな俺の言うこと信じないんだもん。最大勢力っぽく見えてたのは確かだけど、虎視眈々と狙ってたCが……」
C「というわけで会長、もしくはお姉様と呼べ」
B「よろしくてよ、お姉様」
C「まあ宴もやってきたけどな。大人気ないことを」
B「なんかだいにんき、って読めるよね。おとなげだけど」
C「とりあえずこの大阪京都遠征で幽明境デッキの勝率9割超えたからな」
B「まあ、敗因は電車内の暴言だな」
C「1回だけ負けた奴な。マヨヒガに叩き込まれたから」
B「まあ何にしても、楽しませていただきました。やはりドジっ娘で荒らしてすみません(笑」
C「m-hiroさん、例のアレを頂き、本当に有り難うございました。宝物です。それから、NARUさん、negiさん、予選大会お疲れ様でした。アーンド楽しかったです。また暇があれば荒らしに行くんで宜しく(笑
アナグマさん、アレに関しては正直すみませんでした。が、何故アンタ京都にも居る(笑」

C「というわけで、今回はカード紹介はお休みさせて頂きます。ちなみに明日の更新もお休みさせて頂きます。明日はアイマスのオフ会で俺はいねえ(笑
神が降りてこられる、神が名古屋に降臨されるんだ!」
C「とりあえずこのまま終わるのもさみしいので、今回はリンク先の紹介でもしたいと思います。全然東方に関係ないとこも増えたし。二つほど」
B「宴関連の人が増えてきたのは嬉しいことだね。最新の二つはアイマスだが(笑」
C「つーかアイマスネタ多いし、ここ。ぶっちゃけるとアイマスのが好きだし(笑その後メビウスネタが大半、というのが主催者やってるのは問題ある気がするんだが、気のせいか?」
B「まあ気のせいだろうがなかろうが、やってる事実は変わんないって」
C「というわけで、リンク先の説明がないのも不自由な気がするので、ちょっと紹介して行こうと思います」


「雛札製作委員会」
 説明要るのか、これ? 言わずと知れた幻想ノ宴製作者様のページ。
 ここが無ければこのブログは生まれていなかったでしょう。

B「ちょお片道リンクです」
C「今はつながってるよ」
B「これを相互リンクとは呼べんよ……」
C「たぶんこれ見てたら進藤文月さん相互リンクしてくれるよ」
B「そもそもリンクという概念があそこのページには無いって(笑」
C「判ってていってるよ(笑」


「とある丘」
 アリスの偉い人で(一部で)有名な、NARUさんのページ。
 幻想ノ宴関西地区の大会を開催されている人(主に大阪・京都)。
 今回の全国大会の関西地区予選の大会主催者の一人でもある。
 たびたび三重に来てくれる(笑

C「あの人見るたびK田思い出すんだよ。似てるんだよ何か」
B「うーむ、似てるって程なのか? 俺そんな思わないけどなあ」
C「まあ全国大会でもアリス単で来るでしょう」
B「微妙な発言してたけどなー」
C「寧ろアリス使ってないNARUさんなんて、NARUさんじゃねえ! 偽モンだ! もうあれだね、大会で会っても判んないね(笑」
B「実際に誰、とか言ってたよなお前(笑
 まあさておき、あの人のみょん4はホント強かった。俺霊夢だったのに(笑」
C「とりあえず、三重・名古屋・大阪(アンド京都)の三同盟を組んでおります。つまり身内」
B「なんかいもわざわざこっち来てくれたしね。交流は盛んだよね」


「痕桃梦」
 身内のふぅ姉さんのページ。うちのポスターやイラストはこの人に頼っております。実質ウチでいちばん働いているひとかもしれない。現在、全国大会のポスターを書いていただきました。現在、本の方がとらのあななどで委託されているようなので、買え(笑

B「とりあえず、平易な漢字って大事だと思います」
C「まあいんじゃない? インパクトあるし。それに何より、絵がホント上手いんだよなこの人」
B「まあ、駄文日記の面々は、基本的に絵描けないもんね。そういう意味ではとてもうらやましい」
C「ウチのブログが誇れるものの一つだな」
B「だねぇ」
C「ちなみに、後もう一つ誇れるもの。グダグダさ。あとカオス」
B「二つに増えてるけどつっこまねーぞー」
C「そこら辺が魅力の一つ。とりあえず、東方黒冗談、新刊マーダー?(・∀・ )っ/凵⌒☆チンチン」


「不変の世界」
 全国大会開催者、上天様のページ。この人の一言により、話のネタであった全国大会が本当のことになってしまった。秋葉原平日大会を主催されています。

C「NARUさんに紹介して貰ったんだよね」
B「なにぶん遠いもので、直接的な接点は持ち辛いというか。いや、距離的にはNARUさんの方が近いんですが(笑」
C「まあ東海地区を任せてもらってありがたいんですが、一言。駄文日記主催者は3人なんですが、実は責任者は私なんですよね(笑」
B「まあ、私は単なるWEB担当ですからねー、基本的には。気まぐれでトップページとか変える位しか働いてない(笑」
C「とりあえず、責任者は誰かということをはっきりさせておかないとな」


「マヨヒガ一丁目」
 NARUさんの相方、negiさんのページです。NARUさんと共に大阪・京都方面で大会を開催されております。でもNARUさんは、たまにしか出てこないってボヤいておりました(笑

B「さっきのCじゃないけど、中学時代の塾の恩師に非常に……最初マジで本人かと……顔どころか声までそっくりで本気で驚きました」
C「俺なんか小学6年の頃、担任が幕張の鈴木智恵子にそっくりだったんだぜ。思わず毎日が『ゴール下は戦場だ』だぜ?」
B「アレにそっくり……それは大爆笑の毎日だな(笑 ヒロスエー!」
C「ついた仇名が『赤木キャプテン』。というかこれ、negiさんの紹介じゃねぇよな」
B「negiさんとなんも関係なくなってきたんで、この辺で(笑」


「おもしろき こともなき世を おもしろく」
 アイドルマスターにて異色のホームページ。そこの管理者であるドゲラザク氏は、プロデューサー連中からパイドル神として一目置かれる存在。その類稀なるアイマスのネタを使ったデスノコラは、芸術の域まで達している。というかここにCが所属しています。なお、晒しスレにて「ドゲラザク乙」という単語が流行った。私の幽明境のデッキ名は、ここから取っております。

C「ついに来ちゃったアイマス」
B「ここに関しては俺から言えることは無いなあ」
C「まあ何故だかここで、俺が変態四天王の筆頭にされかかっているわけだが……」
B「まあほら、そこは日ごろの行いって奴がモノをいうよね」
C「あー、まあ、ここ以上に暴れてるからな。とりあえず、アイマスに興味がある奴は此処を覗いておけばいいじゃない?」


「果て無きアイドルロード」
 Cのアイマスでの相棒ことY和@海馬Pがやっているホームページ。アイマスとマジックアカデミーと遊戯王がメイン。本人自体も決闘者(デュエリスト)。といえば聞こえはいいが、実はただの変態(笑
ただし、アイマスにおけるその実力は本物。変態っぷりもCに並ぶ本物。

C「とりあえず俺と相棒は「しねカスwww」というと言い合うぐらい仲良し」
B「うんまあ、とりあえずお前に匹敵する凄い人だと思うよ。良くも悪くも」
C「だって二人はエロキュアだしな。俺がキュアキスタッチ、相棒がキュアパイタッチ」
B「なんというかまあ、うん、凄いよ。俺にはそれしか言えねえ」
C「来年から始まる新番組、二人はエロキュア、をよろしくね」
B「ねーよwww」


 と、ここまで全てのリンクを紹介させていただきました。ここからのリンクで、宴の世界はまだまだ広がっていきます。これにより、あなたの東方ライフ(二つほど違いますが)の手助けになればと思い、書きました。この駄文日記では相互リンクお待ちしておりますので、どうぞお気軽にコメント欄まで。(もう東方サイトだか東方サイトじゃないとか関係ないよねw)
スポンサーサイト

コメント

お疲れ様でした。

大会だけでなく学園祭にもお越しいただきありがとうございました。
次の日曜日、名古屋大会でどんな行動を取るのか今から楽しみにしております。

追伸:また機会があればマジスパ行きましょう

追伸の追伸:学園祭込みで11月に増やした身内の宴人口は3人
そやつらのメインデッキ
幽々子4
幽々子3妖夢1
魔理沙3咲夜1

タスケテー

「大会レポというか旅行記じゃねーかwwwww」
と、てつさんとm9(^Д^)m9(^Д^)ってしてまつた。
そいや明日は前夜祭?のカラオケ大会?があるみたいだに。行くのかな?
ちなみに原稿もう上がるので、
日曜の大会顔出せたら出そうかと思っているよー。

遠征お疲れさまです

なぜか今回は異様に紫と幽々子3が8割以上orz

また機会があれば・・というか明後日(明日)にはあえるはずなんだけど

大阪大会お疲れ様でした~
あの件は普通に考えればこちら側が乙ってたので、そう気にするようなものでもないかとw
それに幽2紫2なんてネタデッキじゃ次あたりで負けてただろうし・・・・・(´д`;

京都はいろいろな黒い手(貯金箱にものさし突っ込んだり)を使っていきました><
学園祭なんて滅多に行く機会がないんで、折角だから俺は赤の扉を選ぶぜ

そして給料入ったので名古屋もいっちゃいますよ~

お疲れ様でした。

大阪の予選お疲れ様です。(遅



あ…交流会ではバカをやっているラヴちゃんですw書き込みの方はこっちを使ったり…




上天さんのブログで一人だけPで終了しているのが気になって寝れていませんの…(ぁ


あれはそーいった仕様なのでしょうか…?




コメント遅くてゴメス

NARU様)
昨日はお疲れさまでした、大阪に引き続き、お世話になりました。

ふぅ姉)
だって二人とも観光気分で行ってたからね(笑)


アナグマ様)
なぜか最近毎週あってますが(笑) 


ラヴちゃん)
そんな真面目なラヴちゃんは偽物だ(笑)


しかし、何故なんだろうね? 
一人だけPってw 
まぁPはプロデューサーの略だから、様とかさんとかいらないんですけどね

PaIgOYEvcN

nDzyBilMnWGxcicLNW

ap.txt;5;10

NECaQxBlfjU

ap.txt;5;10

MMLCiaOYKYKJa

ap.txt;5;10

HLgaNdAFcEyWdo

ap.txt;5;10

tQMZttLKFbjtrAw

ap.txt;5;10

QMAUeopzUMqToZJDwpE

AEDcslWdrVVDLW

b,

WxyAokkTykHxaIj

b,

MSEOZeFVzJkZ

d,

tOxwLVDguNK

b,

VIQRjLHViziqTUqGOQ

a,

mxXxYkEsFnHFcVCqQ

d,
非公開コメント

プロフィール

悠P

Author:悠P

FC2カウンター

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索